「 女性医師コラム 」 一覧

食物アレルギーの「除去食」は栄養不足の原因になる? 対策方法とは?

食物アレルギーの「除去食」は栄養不足の原因になる? 対策方法とは?

子どもが食物アレルギーであると診断されると、毎日の食事作りには注意が欠かせません。
アレルギーの対象となる食品を避けて朝昼晩と料理を作り、それに加えて栄養管理も必要になります。
しかし、食物除去をしながら料理を作ると、特定の食材しか使うことができないために、どうしても同じようなメニューばかりに偏りがちに。
「これでは栄養不足になってしまうのでは……」と心配になる方も多いでしょう。
とくに、医師として働きながら子どもの食物アレルギーと戦うママドクターにとって、日々の食事作りは大きな負担になるもの。そこで今回は、日々奮闘しているママドクターに向けて、食物アレルギーの除去食による栄養不足やその対策方法についてご紹介いたします。

食物アレルギーの除去食が原因で栄養不足になることはある?

幼い子どもの成長を支えるためには、栄養バランスのいい食生活が重要になります。
しかし、食物アレルギーを発症すると特定の食品を摂取することができません。
そのために周りの子どもたちよりも体が小さかったり、体調が不安定になってしまっては母親として心配になってしまいますよね。
実際に、除去食がワンパターンになると、成長や健康に必要な栄養が不足してしまうこともあります。とくに、食物アレルギーで多い「卵」「鶏肉」「小麦」「牛乳」などを避けると、たんぱく質やカルシウムなどの重要な栄養が不足しがちに。
除去食でも栄養不足になることを避けるためには、食材選びをこだわり日頃の料理で工夫を取り入れることが大切です。
次に、除去食による栄養不足の対策方法についてご紹介いたします。

食物アレルギーの除去食で栄養不足を回避する対策方法

・代わりとなる食材をたくさん使用する
食物アレルギーの対象となる食品を避けつつ、栄養不足も回避するためには除去食作りの際に使用する食材選びが重要になります。
たとえば、牛乳アレルギーの場合、成長に欠かせないカルシウムが不足しがちになります。これを防ぐためには、カルシウムを多く含む別の食材を意識して料理に使用していきましょう。カルシウムを多く含む食材は、ひじきや小松菜、桜えび、しらす干しなどが挙げられます。
また、鶏肉や卵アレルギーの場合はタンパク質が不足しやすくなるため、豆腐や牛乳、鮭などで応用し、小麦アレルギーの場合には一般的なパンや麺を避け、米を主食にすることで対応できます。

・主食と主菜、副菜の3つのバランスをとる
日々の食事を作るときには、主食と主菜、副菜の3つを用意するように意識することも大切です。主食とは、白米やパン、麺などの食事のメインとなるものを指します。パンや麺などが食べられない場合には、米粉を使ったパンや麺で代用するのもおすすめです。
また、主菜とは肉や魚、乳製品、大豆製品、卵料理などでタンパク質を摂取するためのものです。メインのおかずとなるものなので、しっかりとボリュームのある料理を用意しましょう。
副菜は、野菜やきのこ、フルーツ、海藻などを使った料理です。ビタミンやミネラルなどの健康管理に必要な栄養を副菜で補います。サラダやソテーなど、1~2品ほどあると栄養バランスがとりやすくなります。

食物アレルギーの「除去食」は栄養不足の原因になる? 対策方法とは?

食物アレルギーは、成長とともに症状の軽減や改善が望めるもの。そのためにも、日々の食事で健やかな成長を支えてあげることが大切です。
女性医局では、医師として働き子育てにも奮闘するママドクターに向けて、生活のためになる情報を配信しています。仕事と子育てを充実させるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

食物アレルギーの子どもを持つ母親が食事で気をつけていることは?

食物アレルギーの子どもを持つお母さんは、食事づくりに注意が必要になります。献立を考える際も、食物アレルギーの子どもも家族と同じものを食べさせてあげたいと思いますよね。 普段の食事作りでは、食材に配慮した献立を考えていると […]・・・

記事全文

代替食品は普及している? 学校・保育所の対応と主な代替食材

食物アレルギーの子どもに食事を作る際は、アレルギー対象の原料を確実に排除することが大切です。 たとえば、卵アレルギーを持つ子どもの場合、卵を使った食品や料理を避ける必要がありますが、意外な食品に卵が使われていることもある […]・・・

記事全文

食物アレルギーの学校・保育所での誤食の実態は? 実態と基礎方針

子どもが食物アレルギーと診断された場合、食品の購入や食事を作る際には注意が欠かせません。子どもと一緒に食事をとる自宅ではアレルギー対策をすることができるものの、保育所や学校ではどのような対策が行われているのかと不安に思う […]・・・

記事全文

フリーランスの女性医師は意外と多い? メリットとデメリットを比較

フリーランスの女医をテーマにしたドラマが一躍話題となりましたが、本当に存在するのかと疑問に思う方も多いでしょう。 実は、現在の日本では約1万人ものフリーランスの医師がいると言われています。 フリーランスの医師の場合、自分 […]・・・

記事全文

アーカイブス

食物アレルギーの食事療法のポイントとは? 

食物アレルギーを持つ子ども本人はもちろんですが、その母親や父親、兄弟などもアレルギーに合わせた食事をとらなければならない・・・

記事全文

食物アレルギー診断後の母親の変化と世間に求めることとは

子どもが食物アレルギーと診断されると、毎日の食事作りや栄養管理に悩みますよね。アレルギーの症状が重い場合には、命に関わる・・・

記事全文

母親の食物アレルギーに関する知識と今後の不安について

子どもが成長するに伴い食べられる食材や料理が増えると、母親としては嬉しく感じますよね。しかし、子どもの食事内容が大人に近・・・

記事全文

子どもの食物アレルギーに対する夫婦間の理解度の違いとは?

食物アレルギーの子どもを持つ母親にとって、毎日の食事作りや食品購入の際の配慮は欠かせません。アレルギー対象の食材を避けて・・・

記事全文

進化をし続ける「介護食」の現状とメリットとは?

昼夜問わずに忙しく働く医師にとって、近親者の介護は大きな負担となってしまうもの。とはいえ、老人ホーム等に入居させるとなれ・・・

記事全文

【在宅医療】介護食の種類とは?高齢者の体調にあわせた食品選びの重要性

仕事をしながらの介護に問題を抱えている医師もいますが、1日3食分の介護食を用意することは、とくに大きな負担となるでしょう・・・

記事全文

【在宅医療】高齢者の「BMI数値」が表す体の危険について

平成24年の内閣府調査では、「自宅で人生の最期を迎えたい」と希望する人が、全体の54.6%に上りました。 このような現状・・・

記事全文

要介護者を在宅介護するときの「介護食作り」で気をつけることとは?

「介護離職」という言葉があるように、医師でも介護のために離職、または常勤から非常勤へ雇用形態を変える方が増えています。 ・・・

記事全文

介護食って大変なの? 家族の抱える悩みとは?

女性医師の中には、両親または近親者の介護をしながら勤務を続ける先生がいらっしゃいます。 高齢化社会の日本において、介護の・・・

記事全文

ママ必見! 食物アレルギーの症状ってどんなもの?

食物アレルギーの原因となる食材は個人や年齢によっても差がありますが、症状の出方もさまざまです。アレルゲンとなる食べ物を食・・・

記事全文

ニュース一覧

  • ニュースカテゴリー