「 女性医師コラム 」 一覧

貴重な睡眠時間を守る! 夜の花粉症対策術3つ

貴重な睡眠時間を守る! 夜の花粉症対策術3つ

毎日を忙しく過ごす医師にとって、睡眠時間はとても貴重なものです。
しかし、春になると花粉症の症状がひどくてなかなか寝付けなくなるというお悩みを持つ
方も多いもの。中でも夜になると、花粉症の症状が重くなるという方もいるでしょう。
睡眠不足は、医師として万全な状態で仕事に専念するためにも、自分の健康を守るためにも重要なものです。大切な睡眠時間を守り、快適な寝心地を得るためにも、就寝時には花粉症対策を行っていきましょう。今回は、花粉症に悩む医師に向けて、春の花粉シーズンの睡眠時の対策方法をご紹介いたします。

夜になると花粉症がひどくなる!? その理由とは?

・マスト細胞の働きによるもの
マスト細胞は、病原菌から体を守る働きを担っているものですが、一方でアレルギー反応を起こすことも分かっています。
また、このマスト細胞は体内時計のようなものを持っているため、時間帯によって働きに差が出るのも特徴の1つ。昼間は働きが弱くなり、夜から朝方にかけて活発に活動するため、花粉症が夜にひどくなることにつながっています。

・自律神経の働きによるもの
交感神経と副交感神経のバランスによって保たれている自律神経ですが、夜になると副交感神経が優位になるため、鼻水などの分泌が活発になります。
また、日頃からの睡眠不足やストレス、疲れなどによって自律神経のバランスが崩れると交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかなくなり、これによっても夜の花粉症の悪化が引き起こされると考えられます。

・寝具などのハウスダスト
花粉以外にも、寝具に存在するハウスダストによってアレルギー反応が起こっているという可能性もあるため注意が必要です。
また、日中に部屋に入り込んできた花粉が夜になると再び宙に舞い、それを吸い込むことで症状が悪化するともいわれています。

快適な春の睡眠を守るための方法3つ

1.マスクを装着して寝る
寝苦しいなどの理由からマスクを着けて寝ることに抵抗がある方もいるかもしれませんが、花粉症対策としてマスクは重要です。寝具についた花粉症やハウスダストなどの吸引を防ぐことができます。
また、花粉症による鼻詰まりで口呼吸になってしまっても、のどや鼻の乾燥を防ぐことができるというのもメリットの1つです。

2.寝る前にお風呂に入る
疲れて帰るとついついそのままベッドに倒れ込んでしまいたくなりますが、外出先から帰った服や体、髪には花粉がたくさん付着しています。
花粉症の症状を防ぐためには、疲れた体を奮い起こして身に着いた花粉を落とすことが大切です。また、なるべくシャワーだけで済まさずに湯船に入って体を温め、良質な睡眠がとれるように心掛けることも重要なポイントです。

3.寝具の取り替えをこまめに行う
キレイにしているつもりでも、意外と寝具は目に見えないホコリや汚れが付着しているもの。もちろん花粉がついていることもあるため、こまめに寝具の取り替えを行うことが大切です。花粉がひどい時期には、枕カバーだけでなくシーツや布団カバーなども、積極的に取り替えて、いつも清潔な状態にしておきましょう。
また、シーツなどを洗濯して干すときには屋外ではなく、乾燥器や室内干しを心掛けてください。

快適な春の睡眠を守るための方法3つ

今回ご紹介したもの以外にも、加湿器のセットや空気清浄器の利用など、基本的なことにもきちんと目を向けることが大切です。
日中からの花粉症対策とあわせて夜の対策も行って、快適な睡眠を手に入れましょう。

STOPコンビニ受診! 医療従事者が行うべき対策とは?

昨今の医療現場で問題視されている「コンビニ受診」。 これは夜間や休日などの外来受診以外の時間に、24時間営業の便利なコンビニを利用する感覚で患者が救急外来を受診することを指した言葉です。 一般的に救急外来は、緊急な大怪我 […]・・・

記事全文

共働き世帯の女性医師が夫婦円満を保つためには?

女性医師の中には、結婚後も共働きで生活しているという方が少なくありません。 夫婦がお互いに忙しく働いていれば、家事や育児に関してすれ違いが起きてしまうこともありますよね。勤務時間が長く、日々重要な業務をこなさなければなら […]・・・

記事全文

死亡確認の際、医師に求められる振る舞いとは?

他の職業に比べて圧倒的に“死”に触れる機会の多い医師という職業。死亡確認を行うため、患者と家族の別れの場面に立ち会うことも決して少なくありません。 しかし、医師が死亡確認の際にどう立ち振る舞えばよいのかを学ぶ機会は少なく […]・・・

記事全文

オリンピックに向けて整備を! 医療機関における外国人の受け入れ

現在、日本に在留している外国人の数はおよそ230万人。2020年のオリンピック開催に向けて、日本を訪れる外国人の数はさらに増加すると考えられます。 そこで問題となるのが、医療機関での外国人患者の受け入れ体制です。 今後確 […]・・・

記事全文

アーカイブス

「プライマリケア医」とは? 僻地医療を考える

都市部や市内に住む人々にとってはあまり馴染みがあるものではありませんが、山奥の小さな村や海に囲まれた小さな島に住む方にと・・・

記事全文

医療業界での活躍が期待される「3Dプリンター」の活用方法とは?

立体的なものをプリントできる3Dプリンターは、建築や芸術などいろいろな分野で活躍の場を広げていますが、最近では歯医者や心・・・

記事全文

産婦人科医が少ない!? 産婦人科の現状と医師減少の理由

メディアでもたびたび取り上げられていますが、今産婦人科医の減少が医療業界で問題になっています。医師全体を科目別に分けると・・・

記事全文

電子カルテと紙カルテ、それぞれのメリットって?

IT技術の発達が目覚ましい昨今、医療現場では、電子カルテが徐々に普及しつつあります。 しかしその一方で、電子カルテの導入・・・

記事全文

まだまだ認知度の低い在宅医療、その必要性とは?

高齢化の進む日本において、高齢者が住み慣れた地域で自分の最期を迎えることができるよう、「地域包括ケアシステム」の実現が推・・・

記事全文

メインからデザートまで! 余ったお餅の簡単アレンジレシピ

お正月を代表する食べ物といえばお餅ですよね。 しかし、食べ過ぎて飽きてしまい、ついついたくさんのお餅を余らせてしまうとい・・・

記事全文

子どもに好かれる女医さんって? 泣かせずに診察するポイント5つ

小さな子どもが、普段とは違う雰囲気に怯えて診察中に泣いてしまうことは少なくありません。 しかし、あまりにも激しく泣かれて・・・

記事全文

忙しい女医さんに最適! 忙しい日の手抜き鍋

女医さんの中には、「料理をしたいけれど毎日忙しく、料理をする時間が取れない……。」と料理を断念している方も多いですよね。・・・

記事全文

死の多様性! 世界の「安楽死」に関する意見とは

みなさんは、「安楽死」について考えたことがあるでしょうか。 現在の日本では、医師が患者の死を故意に幇助するような安楽死は・・・

記事全文

喫煙の新事実! 喫煙でDNAの変異が起こる?

近年では街中や飲食店などでの分煙化、禁煙化が進み、たばこによる健康への害を強く警告する動きが見られます。 たばこ税の引き・・・

記事全文

ニュース一覧

  • ニュースカテゴリー