ヘッドライン

患者は見ている! 女医が注意したい“身だしなみ”のポイント

患者は見ている! 女医が注意したい“身だしなみ”のポイント

日中の診察業務や手術などに加え、当直や夜勤もこなし常に時間に追われながら忙しい日々を送る医師。繰り返される多忙の毎日では、服装やメイク、ヘアスタイルなどの身だしなみがおざなりになってしまうこともあるでしょう。
しかし、いくら忙しいからとはいえ清潔感が損なわれていたり、ヘアメイクに手抜きをしていては患者からの視線も気になるもの。患者は意外にも細かなところまで医師の身だしなみをチェックしています。身だしなみの乱れで患者からの信頼を崩さないためにも、そして1人の女性として美しさを保つためにも、基本的な身だしなみについてチェックしていきましょう。

身だしなみの乱れが信頼の崩壊につながる!?

女性の場合、身だしなみと一言で表してもたくさんのチェックポイントがあります。
服装やヘアメイクなどの基本的なものに加え、アクセサリーやネイル、香水などたくさんの項目で身だしなみチェックが行われているのです。
「身なりが乱れていると医療器具までもが清潔には思えなくなる」「自身の身だしなみが整えられない人は信用できない」など、身だしなみの乱れに対する患者の意見は辛辣なものばかり。患者からの信頼が大切な仕事だからこそ、毎日の身だしなみにはきちんと整える必要があるのです。

意外と見落としがち!? 女医が注意すべき身だしなみのポイント

・メイクが濃すぎる
睡眠時間が少なくなったり食生活などが乱れたりして、不規則な生活が続くとその疲れが肌にも表れるのは当然のこと。しかし、その肌荒れを隠そうとファンデーションを厚く塗って、濃いアイメイクと口紅で装備をしても患者からの評価はプラスにはなりません。
肌荒れを隠すためにはファンデーションを重ねるのではなく、コンシーラーやコントロールカラーなどのポイントカバー用アイテムを使用してナチュラルに仕上げるのがおすすめです。

・ネイルが剥げている、伸びている
意外と人の目に入りやすいのが指先の爪です。丁寧にお手入れが行き届いていれば美しく見えますが、ヒビが入っていたりマニキュアが剥げてたりしていては、清潔感があるとはいえません。また、あまりに長く爪を伸ばしていたり、派手なネイルアートをしていると、患者の中には不信感を抱く人もいます。忙しい毎日の中では、ネイルケアにまで時間をかけるのも難しいものですが、長さを整えたり少し磨いたりして指先まで気をかけておきましょう。

・服装が乱れている
白衣の中に隠れてはいても、チラっと見えた洋服に染みや汚れ、シワがついていては、大きなイメージダウンにつながります。忙しくてアイロンをする時間がないというときには、襟や袖口だけでもアイロンをかけておくと、きちんとした印象に見せることができるため空いた時間を見つけてお手入れしておきましょう。
また、服装の汚れ以外にも注意しておきたいのが、襟元や裾などの開き加減。着ている本人は特別意識をしていなくても、肌の露出が多い洋服に不快感を抱く人もいます。ボタンはきちんと留まっているか、襟元が開き過ぎていないかなどを全身鏡できちんとチェックしておくと安心です。

患者は見ている! 女医が注意したい“身だしなみ”のポイント

人は見た目だけで判断できるものではありませんが、服装の乱れは心の乱れという言葉もあるように、身だしなみを整えることは女医として最低限のマナーともいえます。
日頃からきちんとした身だしなみを心掛け、さわやかで素敵な女医の姿を目指しましょう。

次世代の免疫治療「CAR遺伝子治療」とは?

世界各国で研究が進められ、2017年度から日本国内における臨床試験が開始された「CAR遺伝子治療」。次世代のがん治療法と・・・

記事全文

活用層は約3割!? 再確認しておきたい「お薬手帳」の重要性

震災のときには処方箋の代わりとして活躍したり、過去に服用した薬の履歴が分かったりと、大変便利で患者の役に立つ「お薬手帳」・・・

記事全文

どう接する? 医師の患者家族との接し方

家族の中に重症患者や長期の入院患者を持つ方にとって、医師や病院は心の支えとなっているもの。とくに患者の容態が悪化したり急・・・

記事全文

5月はとくに要注意!? 医師の「うつ病」対策術

年度が変わったこともあり、心機一転の思いで仕事やプライベートに取り組んでいた4月。しかし、1か月が経過して気持ちも少し落・・・

記事全文

アーカイブス

「服薬アドヒアランス」向上のための服薬指導のポイントとは?

病気の治療に欠かすことができない内服薬。これまでの治療では、「患者がしっかりと医師の指示に従い、処方された薬を服用するこ・・・

記事全文

スマホ派? 手帳派? 忙しい女性医師のスケジュール管理術

メールや電話といった連絡手段にとどまらず、カメラや財布、音楽再生や電子書籍の閲覧など、さまざまな機能をスマートフォンひと・・・

記事全文

コミュニケーション力UP! 医師の「話し方」講座

医師の仕事は、患者さんの病気やケガを直すだけではありません。不安でいっぱいの患者さんやご家族とのコミュニケーションも重要・・・

記事全文

副作用が少ない? 新しいがん治療「免疫細胞療法」とは?

一般的ながん治療法といえば、「放射線治療」「外科治療」「化学療法」の3つが三大療法といわれていますが、これに加えて「免疫・・・

記事全文

キャリアアップのために! 転科をするならいつのタイミングがベスト?

キャリアアップや勤務形態の変更などを考えて、転科を視野に入れている方もいるでしょう。とくに女医の場合、結婚や子育てを機に・・・

記事全文

万が一に備えてチェックしたい鳥インフルエンザ発生時の対処法

2003年以降、東南アジアを中心とした地域で流行している鳥インフルエンザ。 2004年には、WHO(世界保健機関)・FA・・・

記事全文

患者の処方薬依存・乱用を防ぐためにできるコトとは?

薬物依存という言葉を聞くと覚せい剤や危険ドラッグなどが頭に浮かびますが、実はこれと同じように、医師が出す「処方薬」に依存・・・

記事全文

万が一に備えてチェックしたい鳥インフルエンザ発生時の対処法

2003年以降、東南アジアを中心とした地域で流行している鳥インフルエンザ。 2004年には、WHO(世界保健機関)・FA・・・

記事全文

手術現場の疑似体験や心的外傷の克服に 医療業界で活躍するVR技術

近年、テレビや雑誌、SNSなどのメディアで目にする機会の増えた「VR」という言葉。 昨年は、全国でVR体験イベントが行わ・・・

記事全文

貴重な睡眠時間を守る! 夜の花粉症対策術3つ

毎日を忙しく過ごす医師にとって、睡眠時間はとても貴重なものです。 しかし、春になると花粉症の症状がひどくてなかなか寝付け・・・

記事全文

ニュース一覧

  • ニュースカテゴリー