ヘッドライン

仕事とプライベートを両立したい女性医師におすすめの転科先とは?

近年、働き方改革によってワークライフバランスを重視した働き方を選ぶ方が増加傾向にあります。特に女性医師の場合、結婚や出産といったライフステージの変化に合わせ、プライベートを優先できる働き方にシフトするのも選択肢の1つといえます。

現在の仕事が忙しすぎてプライベートとの両立がままならないという場合には、転科も視野に入れてみましょう。この記事では、女性医師が働きやすいおすすめの診療科について解説いたします。

女性医師が転科するなら? おすすめの診療科4つ

1. 高収入かつ融通がききやすい「麻酔科」

女性医師が働きやすい職場といえば、まずは麻酔科が挙げられるでしょう。

麻酔科医の仕事は手術などでの麻酔薬投与や全身管理が主となります。手術は時間が決まっているため、時間外労働や夜勤をせずに済むという良さがあります。また、ローテーションを調整できる職場ならば急な休みにも対応可能です。時短勤務や、単発のスポット勤務という働き方を選択する麻酔科の女性医師も少なくありません。

麻酔科は、診療科の中でも特に給与水準が高い診療科といわれています。働きやすく高収入な麻酔科へ転科すれば、仕事とプライベートの両立がしやすくなりますね。

2. 検査が主なので働きやすい「眼科」

眼科の仕事は毎日の外来診療が主となり、夜勤や休日出勤がないのが魅力です。受診する患者さんは目の不調を除けば健康であることが多いため、仕事の内容も比較的穏やかといえます。

眼科診療は検査が非常に多く、予約の患者さんを診察し終えるまでの時間も早いもの。職場によっては、時短勤務という働き方を選ぶこともできます。

3. 女性医師が重宝される「耳鼻咽喉科」

耳鼻咽喉科も、眼科と同じように平日のみの診療で夜勤がないという良さがあります。一般診療だけでなく外科的手術を担当できる職場もあるので、幅広い業務を経験したい方におすすめです。

耳鼻咽喉科は比較的女性の少ない診療科なので、女性医師は重宝される傾向にあります。世のニーズに合わせた転科を考えている女性医師は、耳鼻咽喉科を選択肢に入れてみましょう。

4. 「皮膚科」から美容皮膚科を目指すという道も

皮膚科も眼科や耳鼻咽喉科と同じように、決まった時間内で働ける診療科です。オンオフがはっきりしている職場なら、生活に余裕が生まれやすいですね。皮膚科は緊急疾患や重症患者も少ないので、自分のペースでゆったりと働けますよ。

皮膚科で専門知識を蓄えれば、将来的に美容皮膚科への転身を目指すこともできます。

家庭との両立やプライベートの充実を考えたときに「現在の診療科は忙しすぎる」という壁にぶつかることもあると思います。より快適に生活するためには、オンオフのバランスをとりやすい診療科への転科も1つの道といえます。

おすすめした診療科以外にも働きやすい職場はあるものなので、視野を広げて最適な診療科を探してみてくださいね。

強い味方になってくれる! 女性医師に最適な転職エージェントの探し方

医師向けの転職サイトや転職エージェントはかなり多いもの。転職を考えているものの、どんな転職サイトを選べばいいか分からない・・・

記事全文

忙しい女医ママにおすすめ! 家事を時短する便利家電5つ

日々忙しく働く女医ママさんにとって、毎日の家事はとても大変。上手に時短をして負担を少なくしたいですよね。 今の家電は優れ・・・

記事全文

ママ女医を悩ませる「小1の壁」どう対処する?

皆さんは「小1の壁」をご存知ですか? 子どもは成長するほど手がかからなくなると思われがちですが、じつは小学校へ入ることで・・・

記事全文

出産を機に転科する女性医師。その理由と転科先とは?

女性医師の場合、結婚や出産などライフステージの変化によってキャリアチェンジを考える方も多いのではないでしょうか? 家庭を・・・

記事全文

アーカイブス

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフ・・・

記事全文

マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。・・・

記事全文

どんな時期に出産すべき? 女性医師の出産のタイミングについて

医師にとって、自身のキャリアプランを考えることはとても重要といえます。とくに、女性医師の場合は「いつごろ妊娠出産をすべき・・・

記事全文

女医の結婚相手はやっぱり「医師」がいい? その理由とは?

女医の結婚相手で最も多いのは、同職の男性医師です。 女医の結婚相手が男性である率は、日経メディカル誌が2009年におこな・・・

記事全文

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ママ女医さん注目! 子どもの「早期教育」メリットとデメリット

最近注目されている「早期教育」。我が子にも取り入れようかと悩んでいるママ女医さんも多いのではないでしょうか。ここでは、早・・・

記事全文

女性医師の復職先はどう選ぶ? 探し方のポイント

「復職後は育児もあるし勤務先を変えたほうがいいのかな」「そもそも医師の仕事と育児の両立は可能?」など、子どもを授かった女・・・

記事全文

女性医師の「強み」はどんなところ? 求められるものとは

女性医師の割合は年々増加傾向にあり、それにともない女性医師へのニーズも高まってきています。女性医師は男性医師に比べて不利・・・

記事全文

ニュース一覧

  • ニュースカテゴリー