ヘッドライン

納得? 意外? 女医が「結婚できない」といわれやすい理由5つ

「女医3分の1の法則」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。これは、女医の3分の1は生涯未婚、3分の1は結婚しても離婚する、3分の1は結婚生活を続けられるという法則です。こんな説がまかり通るほど女医の結婚率が低いのはなぜなのでしょうか?

「女医3分の1の法則」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。これは、女医の3分の1は生涯未婚、3分の1は結婚しても離婚する、3分の1は結婚生活を続けられるという法則です。こんな説がまかり通るほど女医の結婚率が低いのはなぜなのでしょうか?

ここでは、女医が婚期を逃しがちな理由についてご紹介いたします。

1. 女医はとにかく忙しく、出会いがない

医療の現場はとにかく忙しいため、なかなか出会いがないというのが現実です。

一般的に結婚適齢期といわれる時期は、女医は研修医として経験を積んでいる最中です。研修を終えたあとに遠方の関連病院に飛ばされる可能性もありますし、オンコールありの職場で対応に追われ続ける女医もいます。そうこうしているうちに婚期を逃してしまう女医は少なくないのです。

2. 女医は一般男性より高学歴高収入

女医という職業に就くためには並々ならぬ努力が必要です。その分、女医として働き始めれば収入はどんどん上がっていき、他の職業に就いている人の2倍、3倍という年収を得られるようになっていきます。

高収入な女医が一般男性と恋愛をしても「金銭感覚が合わない」と感じることが多いため、うまくいきにくいのです。

3. 女医は「高嶺の花」と思われがち

仕事に対するプライドやメンツを保ちたいと考える男性は多いもの。しかし、結婚相手の女性のほうが自分より収入が多く、仕事も家事も子育てもバリバリこなしているとなると、男性は自尊心が傷ついたように感じてしまうことがあります。

また、「女医は高嶺の花なので自分は相手にされないに違いない」と感じ、アプローチ自体をあきらめる男性も少なくありません。

4. 女医の職場には看護師というライバルがいる

女医が男性医師と結婚するケースはかなり多いもの。しかし女医の職場には、男性医師狙いの看護師というライバルがいます。

男性医師に対して猛烈なアタックをする看護師や、それに対してまんざらではないという態度を見せる男性医師がいるような職場で、意中の相手をゲットするのはなかなか難しいもの。結果、女医は職場での出会いをあきらめてしまいがちなのです。

5. 女医はしっかりしていて隙がない

医療の仕事は、しっかりしていなければやっていけません。気が強くしっかりしているのはとても良いことなのですが、男性に対して甘えたり頼ったりするのが苦手という女医もいるものです。

しっかりしている女性に対して男性は「自分がいなくても大丈夫」と考えてしまうため、なかなか関係が進展しないもの。恋愛成就のためには、ときには隙をみせたり甘えたりする必要があるのかもしれません。

昔から、女医という仕事は結婚に不利と言われ続けてきました。結婚したいと考えている女医は、今よりも少しだけガードをゆるめたり、積極的なアプローチをしてみたりするのが効果的です。

女医が結婚相手を選ぶなら年下男性がいい? 年下を選ぶメリットとは

「結婚したいけれどなかなか出会いがない」「忙しくて婚期が遠のきがち」と悩んでいる女医さんは少なくないのではないでしょうか・・・

記事全文

転職にあたって、女性医師が「職務経歴書」を作成するときのポイント

医師が転職するときには、職務経歴書の提出を求められることがあります。 多忙な仕事と転職活動を両立する女性医師にとって、職・・・

記事全文

仕事とプライベートを両立したい女性医師におすすめの転科先とは?

近年、働き方改革によってワークライフバランスを重視した働き方を選ぶ方が増加傾向にあります。特に女性医師の場合、結婚や出産・・・

記事全文

強い味方になってくれる! 女性医師に最適な転職エージェントの探し方

医師向けの転職サイトや転職エージェントはかなり多いもの。転職を考えているものの、どんな転職サイトを選べばいいか分からない・・・

記事全文

アーカイブス

忙しい女医ママにおすすめ! 家事を時短する便利家電5つ

日々忙しく働く女医ママさんにとって、毎日の家事はとても大変。上手に時短をして負担を少なくしたいですよね。 今の家電は優れ・・・

記事全文

ママ女医を悩ませる「小1の壁」どう対処する?

皆さんは「小1の壁」をご存知ですか? 子どもは成長するほど手がかからなくなると思われがちですが、じつは小学校へ入ることで・・・

記事全文

出産を機に転科する女性医師。その理由と転科先とは?

女性医師の場合、結婚や出産などライフステージの変化によってキャリアチェンジを考える方も多いのではないでしょうか? 家庭を・・・

記事全文

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフ・・・

記事全文

マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。・・・

記事全文

どんな時期に出産すべき? 女性医師の出産のタイミングについて

医師にとって、自身のキャリアプランを考えることはとても重要といえます。とくに、女性医師の場合は「いつごろ妊娠出産をすべき・・・

記事全文

女医の結婚相手はやっぱり「医師」がいい? その理由とは?

女医の結婚相手で最も多いのは、同職の男性医師です。 女医の結婚相手が男性である率は、日経メディカル誌が2009年におこな・・・

記事全文

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ニュース一覧

  • ニュースカテゴリー