ヘッドライン

医療業界での活躍が期待される「3Dプリンター」の活用方法とは?

医療業界での活躍が期待される「3Dプリンター」の活用方法とは?

立体的なものをプリントできる3Dプリンターは、建築や芸術などいろいろな分野で活躍の場を広げていますが、最近では歯医者や心臓外科の研究など医療分野にも取り入れられています。もちろんまだまだクリアするべき課題や問題はありますが、近い未来この3Dプリンターが医療分野に大きなメリットをもたらすといわれているのです。
一体、どのようなことに3Dプリンターが使われるのか、医療の場での3Dプリンターの活用方法について見ていきましょう。

医療現場での3Dプリンターの活用方法とは?

MRIやCTなどの画像データをもとにして、立体的な臓器や人体のレプリカを作ることができる3Dプリンター。見た目はもちろん、質感や色味なども本物にとても近く仕上げることができるとして注目を浴びています。
また、外見の作りだけでなく、メスを入れて見たときの内側も本物そっくりに再現されていることからも、その精密さを伺うことができます。このことから3Dプリンターは、さまざまな医療に役立てることができると期待されており、今もその研究は進められているのです。実際にどんな期待をされているのか詳しくご紹介いたします。

・診断がしやすくなる
これまでは写真でしか確認することができなかったデータを3Dプリンターで立体化することで、症状の診断や病巣の発見がより正確にできるようになると予想されます。
あらゆる角度から違った見方をすることで、見落としがちなものにも目が届きやすくなります。

・手術の計画が立てやすくなる
手術前のミーティング時に3Dプリンターで作成したレプリカを見ながら行うことで、実物が想像しやすくなり、手術方法や流れの検討がより詳細にできるようになります。手術の計画が立てやすくなることは、業務スピードを上げることにもつながると考えられます。

・手術前に練習ができる
複雑な手術や珍しい症例の手術を行う場合、執刀医には大きな負担がかかりますが、事前に実際の臓器のレプリカを見たり切ったりすることで、手術のイメージトレーニングとして役立てることができます。前もってシュミレーションを行っておくことで、本番に余裕を持つことができるでしょう。

・患者への説明がしやすい
医療や人体の知識が少ない患者への説明は難しく、患者とのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。しかし、レプリカを使って一緒に目で確認しながら説明をすることで、病状や手術内容の説明、治療計画などを分かりやすく伝えることができます。

・人それぞれにあった義足や補助器具などが作成できる
義足や補助器具などは人それぞれにぴったりとあったものが必要ですが、患者のデータをスキャンしてそれを3Dプリンターで作ることで、精密で正確なものを作ることができます。これからは人工臓器やインプラント機器などにも3Dプリンターを取り入れようという動きが出ることが予想されます。

医療業界での活躍が期待される「3Dプリンター」の活用方法とは?

3Dプリンターが医療分野に本格的に活用されるようになると、医療技術などの成長はもちろん、経済効果にも大きな影響を与えるといわれています。これからの3Dプリンターの成長と活躍に期待が高まるばかりです。

産婦人科医が少ない!? 産婦人科の現状と医師減少の理由

メディアでもたびたび取り上げられていますが、今産婦人科医の減少が医療業界で問題になっています。医師全体を科目別に分けると・・・

記事全文

電子カルテと紙カルテ、それぞれのメリットって?

IT技術の発達が目覚ましい昨今、医療現場では、電子カルテが徐々に普及しつつあります。 しかしその一方で、電子カルテの導入・・・

記事全文

まだまだ認知度の低い在宅医療、その必要性とは?

高齢化の進む日本において、高齢者が住み慣れた地域で自分の最期を迎えることができるよう、「地域包括ケアシステム」の実現が推・・・

記事全文

メインからデザートまで! 余ったお餅の簡単アレンジレシピ

お正月を代表する食べ物といえばお餅ですよね。 しかし、食べ過ぎて飽きてしまい、ついついたくさんのお餅を余らせてしまうとい・・・

記事全文

アーカイブス

子どもに好かれる女医さんって? 泣かせずに診察するポイント5つ

小さな子どもが、普段とは違う雰囲気に怯えて診察中に泣いてしまうことは少なくありません。 しかし、あまりにも激しく泣かれて・・・

記事全文

忙しい女医さんに最適! 忙しい日の手抜き鍋

女医さんの中には、「料理をしたいけれど毎日忙しく、料理をする時間が取れない……。」と料理を断念している方も多いですよね。・・・

記事全文

死の多様性! 世界の「安楽死」に関する意見とは

みなさんは、「安楽死」について考えたことがあるでしょうか。 現在の日本では、医師が患者の死を故意に幇助するような安楽死は・・・

記事全文

喫煙の新事実! 喫煙でDNAの変異が起こる?

近年では街中や飲食店などでの分煙化、禁煙化が進み、たばこによる健康への害を強く警告する動きが見られます。 たばこ税の引き・・・

記事全文

モンスター患者!? 困った患者からのクレーム対処術

謂れのないことを主張されたり、自己中心的な発言が目立つようないわゆる「クレーマー」は、残念ながらどの世界にも存在します。・・・

記事全文

「新専門医制度」が内科医師・女性医師に不利って本当?

2017年から「新専門医制度」が開始されます。 この制度は2013年4月に厚生労働省から「専門医の在り方に関する討論会」・・・

記事全文

もう怖がられない! 優しい印象を与えるメイクのコツ

時に厳しく患者の不摂生を叱り、病気の治療のためには大胆な決断をする女医さんの仕事には、大きなやりがいと責任感があります。・・・

記事全文

「病理科」は女性医師が活躍しやすい科目なの?

ひと昔前までは「男の仕事」といわれてきた医師の仕事も、高度成長期以降に人数が徐々に増え始め、2006年には全国で約28万・・・

記事全文

子育て中でも働きやすい! 「健診アルバイト」っていったいなに?

「子育てのために休職をしているけれど、将来的に常勤医として復職したい。」 「事情があって離職したけれど、復職のために少し・・・

記事全文

女性医師の仕事と子育て両立に! 「院内保育所」のメリット

人命を預かるという重要な仕事上、情熱と誇りをもって人生のほとんどを医療にささげる医師は少なくありません。 しかし、子ども・・・

記事全文

ニュース一覧

  • ニュースカテゴリー