ヘッドライン

ストレス社会の味方! 不足する精神科医とこれからのニーズ

ストレス社会の味方! 不足する精神科医とこれからのニーズ

医師が不足している分野と言えば産婦人科や小児科が思い浮かびますが、実は精神科も医師が不足している分野です。

日本は現在、過度なストレス社会となり、うつ病などの精神疾患を抱える人が少なくありません。
こうした精神疾患の増加が社会問題となり、平成27年から企業は従業員に対しストレスチェックを行うことが義務となりました。

このように心のケアに注目が集まっている今、精神科医のニーズも同時に高まってきています。

年々増加する患者数

近年、精神疾患による医療機関の受診者数は増加傾向にあり、平成17年には300万人を突破、平成23年は320万人を越えました。

この数字は、なんとガンと診断される人の2倍以上。
内訳はうつ病が最多で、統合失調症、不安障害、認知症が続いていており、最近ではうつ病、認知症の急激な増加が特徴です。

患者数が増加している背景には、現代社会のストレスの多さに加えて精神疾患への認知度が高まり、精神科を受診するための敷居が下がってきたことが挙げられます。

精神科の認知度が上がるにつれ、開業するクリニックが増加してきていることも要因の一つです。
社会の複雑化や高齢化に伴い、患者数はさらに増加すると見られています。

企業におけるストレスチェックの導入

日本は自殺大国と言われる通り、平成9年から21年までは毎年3万人以上、平成22年以降の自殺者も3万人に迫る勢いで推移しています。

交通事故による死亡者は平成21年以降年間4,000人台で、最も交通事故死が多かった昭和45年の16,765人よりもはるかに多の人が自ら命を絶っているのが現状です。

自殺者の年代では40代、50代という働き盛りの人が多いこと、うつ病と診断される人の増加を受け、政府は企業に対し、定期的に従業員のメンタルヘルスをチェックする「ストレスチェック制度」を導入、メンタル不調によるリスク軽減を図ることにしました。

今までも精神科の受診者数は増加傾向にありましたが、このストレスチェック導入を受け、精神科を受診する人の人数は増加すると予想されます。

そのため、厚生労働省では事業場の状況を日頃から把握している産業医が、ストレスチェックを含めや面接指導等の実施に直接従事することが望ましいと考えており、精神科専門の産業医を希望する企業が増加傾向にあります。

精神科医へは転科しやすい?

精神科医へは転科しやすい?

現在、日本の医師数は約27万人、そのうち精神科医は約14,000人と全体の5%ほど。精神科医の数に対し、病院数は全体の10%、病床数は20%なので、精神科は医師が不足しているのが現状です。

さらに、増加する精神疾患に対して政府が国を挙げて対策を取る方針を決めたため、精神科医の不足は深刻な問題となってきており、医師不足の解消が急がれています。

精神科医の仕事は、患者を問診して投薬をするので内科に近いと言えます。
違う点は、薬の効き方に個人差が大きく、適正量の幅が広い点。
また高齢の患者は高血圧や糖尿病など、その他の疾患を抱えていることも多いので、内科のスキルが役に立ちます。

そのため精神科は、内科を始めとする他科から転科してきても比較的なじみやすい診療科なのです。

医師が不足し、社会的なニーズも高まっている精神科。
他科から転科してもなじみやすいというメリットもあるため、今後の働き方について考えている方は精神科も検討してみてはいかがでしょうか。

女性医局では精神科医向けの求人を常勤、非常勤案件や産業医求人を掲載しております。
働き方で転職・就職を検討している女性医師向けに専任コーディネーターが希望に合った提案をさせて頂きますので、お気軽にご登録・ご相談ください。

転職に有利!? 不足する糖尿病専門医とは

高齢化が続く現在、糖尿病専門医が転職に有利だと言われています。 厚生労働省の調査によると糖尿病の患者数は右肩上がりに増加・・・

記事全文

女性医師が仕事に復帰するための保育施設探しについて

仕事を持つ母親にとって、仕事に復帰する際の子供の預け先確保は大きな懸念材料です。 待機児童が多いエリアでは、保育所が見つ・・・

記事全文

女性らしさを忘れずに! ちょっとオシャレな聴診器で仕事しよう

聴診器というと、モノトーンでシンプルなものばかり。 確かに性能が第一でデザインやカラーを追求する必要はないものなのですが・・・

記事全文

忙しいママさん女医の味方! 家事代行サービスの選び方と注意点

働くママはとにかく時間がないもの。仕事に追われるため家事や育児は最低限のことしかできなくて、家はほこりっぽく、食事もあわ・・・

記事全文

アーカイブス

男性医師から見た女性医師の参画について

男女共同参画社会が叫ばれて久しい昨今ですが、女性医師の待遇についてはいまだ「不十分」といわれることが多いのが現状です。 ・・・

記事全文

忙しい女医さんにおススメ! 便利なスマホアプリ

働く女性はいつだって忙しいものです。 特に女医さんは急なオンコールや当直などで、プライベートの時間を楽しむ余裕がない日も・・・

記事全文

諸外国はどうなってるの? 日本の女性医師の勤務形態について

近年、日本における女性医師の数は急激に増加してきました。 しかし、増加すると共に女性医師の妊娠・出産に伴うサポート制度が・・・

記事全文

女性医師が働きやすい科って? 呼吸器科編

就職や転職を考えている女性医師の中には、診療する科の選択に悩んで、なかなか決められずにいるという方も多いのではないでしょ・・・

記事全文

忙しい女医さん必見! おしゃれななくし物防止ガジェット3選!

朝から晩まで休まる暇もなく走り回る女医さんは、ついうっかり「忘れ物」や「なくし物」をしてしまう機会も多いのではないでしょ・・・

記事全文

疲れていてもササっと作れる! 女医さんにオススメの自炊レシピ3選

日々ハードワークをこなす女医さんの中には「食事はいつもコンビニで済ます」「ゼリー飲料だけで1日過ごす」といった方も少なく・・・

記事全文

睡眠不足の女医さん必見! 「睡眠マネージメント」とは?

忙しい医師はついつい睡眠不足に陥りやすいものですよね。 多くの女医さんが、睡眠不足による体の不調や肌荒れなどのトラブルに・・・

記事全文

女性医師が助けられた職場の制度とは?

結婚に伴う妊娠・出産、子育てなど、ライフスタイルの大きな変化に対応しなければならない女性医師。 家庭と仕事の両立という大・・・

記事全文

忙しい女医さんにオススメ! 簡単時短スキンケア

忙しい業務に追われて自分の時間を取るのも精一杯な毎日を過ごす女医さんは、毎日のスキンケアタイムを確保するのも大変なのでは・・・

記事全文

女性医師は心理的なストレスに晒されることが多い?

医師は非常にストレスフルな職業の1つです。 常に患者さんのことを第一に考え、緊張感に包まれながら働く生活の中では、大きな・・・

記事全文

ニュース一覧

  • ニュースカテゴリー