ヘッドライン

食物アレルギー対応の食事作りで母が抱える悩みとは?

食材と悩む女性

患者数の約80%が子どもだと言われている食物アレルギー。小さなお子さんを持つ方や、これから母親になる予定の方にとっては気になるところです。
食物アレルギーは成長にあたって徐々に症状が落ち着いていくケースが多いです。
しかし、我が子に食物アレルギーの症状があるうちは、毎日の食事作りには注意と工夫を取り入れなければなりません。食物アレルギーに対応した食事作りは、想像以上に苦労を要するもの。具体的にはどのような悩みがあるのか、食物アレルギー疾患と診断されている離乳食期の乳幼児を持つ母親100名の意見をのぞいてみましょう。

食物アレルギー対応の食事作りに悩みを持つ母親が7割以上!

第5回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査

(日清オイリオグループ 第5回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査【図1】引用)

日清オイリオグループは、2016年12月27日~2017年1月5日の期間で、全国の食物アレルギー疾患と診断されている離乳食期の乳幼児をもつ母親100名に対して、インターネット調査を行いました。
このインターネット調査のアンケート内容に、「食物アレルギー対応の食事作りにおいて悩むことがあるか?」という質問がありましたが、これに対して「はい」と回答したのはなんと100人中72人。7割を超える方が食事作りに対して、何かしらの悩みを抱えていることが明らかとなりました。

食物アレルギー対応の食事作りでの悩みとは?

第5回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査【図2】

(日清オイリオグループ 第5回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査【図2】引用)

「食物アレルギー対応の食事作りに悩みがある」と回答した72名の母親に対し、具体的な意見を聞いてみたところ、83.3%もの方が「食材や献立が偏る」を挙げました。食物アレルギーによって食べられるものが制限されると、献立の幅が狭くなることはもちろん、加工食品なども使用しにくくなります。調味料などにも注意しなければならないため、味付けがパターン化してしまうという悩みにもつながるようです。
また、次に多い回答には47.2%の方が挙げた「外出時の食事対応」。レストランなどに食事に出掛けるときには、アレルギー対応の食事を持参したり、メニューに使用している食材や成分などを念入りに確認しなければならないなどの悩みがあるようです。
これに次いで、「栄養が不足するのではないか」という回答も41.7%を得ています。子どもの成長を支える上では、さまざまな食材からたくさんの栄養をとって欲しいもの。
しかし、食物アレルギーによって食べられるものが制限されると、栄養不足が心配されます。

食物アレルギー対応をしていると便利だと思う食品

第5回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査【図6】

(日清オイリオグループ 第5回乳幼児の食物アレルギーに関する実態調査【図6】引用)

「食物アレルギーに対応していると便利だと思う食品は?」という質問をしたところ、1位が「パンやお米」、2位が「ソースやマヨネーズ」、3位が「ハンバーグなどの加工食品」という結果になりました。
食物アレルギー対応の食事を作るときには、対象の食材を避けることはもちろん、料理時に使用する調理器具自体を分けなければならないこともあります。少しでも負担を軽くするためには、食物アレルギー対応の食品を活用するという方法があります。
パンやお米などの主食や、ソースやマヨネーズなどの調味料類が充実すると、毎日の食事作りにも大いに活かすことができます。

家族団らんの食事風景

食物アレルギーは、成長とともに克服できる可能性が高いもの。とくに乳幼児に多く見られる卵や牛乳、小麦アレルギーは耐性がつきやすいと言われています。検査や医師への相談を行いながら、改善を目指していきましょう。

当直前にチェック! 仮眠サポートアイテムで仕事の効率アップ

入院患者の対応や緊急時の対応に備えて待機する当直医。当直明けにそのまま日勤に努めなければならないことも少なくありませんよ・・・

記事全文

4割が過労死ライン越え 「医師の働き方検討委員会」が目指す改革

長時間労働や労働人口の減少が問題となっている近年、政府は労働時間の見直しや生産性向上のための人材確保を目指して“働き方改・・・

記事全文

統合失調症の治療に使われる「抗精神病薬」の安全性と課題点

妄想や幻覚、または感情の平板化や無気力といった症状を引き起こしてしまう“統合失調症”。およそ100人に1人がかかると言わ・・・

記事全文

効率・衛生面でのデメリットを解消! 「セルフガウン」とは?

主に外科手術などの際に身に着けるガウンは、患者と医療従事者双方の安全を保護するために欠かすことのできない重要なアイテム。・・・

記事全文

アーカイブス

梅雨バテ予防におすすめの簡単さっぱりレシピ

雨で湿度が高くなる梅雨時は、ついつい気持ちまでどんよりしてしまいますよね。 晴れ間の暑さと雨降りの肌寒さが繰り返されるこ・・・

記事全文

患者は見ている! 女医が注意したい“身だしなみ”のポイント

日中の診察業務や手術などに加え、当直や夜勤もこなし常に時間に追われながら忙しい日々を送る医師。繰り返される多忙の毎日では・・・

記事全文

次世代の免疫治療「CAR遺伝子治療」とは?

世界各国で研究が進められ、2017年度から日本国内における臨床試験が開始された「CAR遺伝子治療」。次世代のがん治療法と・・・

記事全文

活用層は約3割!? 再確認しておきたい「お薬手帳」の重要性

震災のときには処方箋の代わりとして活躍したり、過去に服用した薬の履歴が分かったりと、大変便利で患者の役に立つ「お薬手帳」・・・

記事全文

どう接する? 医師の患者家族との接し方

家族の中に重症患者や長期の入院患者を持つ方にとって、医師や病院は心の支えとなっているもの。とくに患者の容態が悪化したり急・・・

記事全文

5月はとくに要注意!? 医師の「うつ病」対策術

年度が変わったこともあり、心機一転の思いで仕事やプライベートに取り組んでいた4月。しかし、1か月が経過して気持ちも少し落・・・

記事全文

「服薬アドヒアランス」向上のための服薬指導のポイントとは?

病気の治療に欠かすことができない内服薬。これまでの治療では、「患者がしっかりと医師の指示に従い、処方された薬を服用するこ・・・

記事全文

スマホ派? 手帳派? 忙しい女性医師のスケジュール管理術

メールや電話といった連絡手段にとどまらず、カメラや財布、音楽再生や電子書籍の閲覧など、さまざまな機能をスマートフォンひと・・・

記事全文

コミュニケーション力UP! 医師の「話し方」講座

医師の仕事は、患者さんの病気やケガを直すだけではありません。不安でいっぱいの患者さんやご家族とのコミュニケーションも重要・・・

記事全文

副作用が少ない? 新しいがん治療「免疫細胞療法」とは?

一般的ながん治療法といえば、「放射線治療」「外科治療」「化学療法」の3つが三大療法といわれていますが、これに加えて「免疫・・・

記事全文

ニュース一覧

  • ニュースカテゴリー