女性医師の復職に年齢は関係ある? 復職にあたって知っておきたいこと

ほとんどブランクなしで働き続けるという女性医師がいる一方、妊娠出産や子育てのために臨床の現場から離れるという女性医師も少なくありません。

医療の仕事から離れていた期間が長ければ長いほど、復職への不安は大きくなります。復職するにあたっては、ブランクに加えて自分の年齢がネックに感じられるケースもあるものですよね。

今回は、女性医師が復職をするにあたって気になる年齢のことや、復職をする際のポイントについて解説します。

女性医師が離職するのはどんなケース?

医療の現場にはここ数年、20代の女性医師がかなり増加していますが、その一方で30代の女性医師の離職も目立ちます。

出産にあたっては産休と育休の取得を希望する女性医師は多いもの。しかし医師不足の状態は続いているため「産後はすぐに復帰してほしい」というのが多くの医療機関の本音です。「産後の体をゆっくり回復させたい」「我が子が乳児のうちは育児に専念したい」といった悩みをもつ女性医師は、医療機関の希望との折り合いがつかず、このタイミングで離職してしまうことが多いのです。

また、自身の都合での離職や、家族の介護のための離職といった選択をする女性医師もいます。

女性医師の復職に年齢は関係ある?

女性医師が復職するにあたって気になるのは年齢のことだと思います。とはいえ、医師の数が足りていない医療機関は少なくないため、医師免許を持っていれば復職にあたって「仕事がない」「就職できない」といった悩みを抱えることはほとんどありません。 30代や40代の女性医師であれば「ぜひ来てほしい」という医療機関はたくさん見つかるはずです。50代以降になると就職先の選択肢が多少狭まる可能性が考えられますが、復職は十分可能です 。

女性医師が復職しやすい環境は整いつつある

働き方改革が提唱される近年では、育児中の女性医師が復職しやすい環境も徐々に整えられてきています。

子どもがまだ小さいうちは、フレックス勤務や短時間勤務、当直の免除などの制度を上手に活用すればかなり仕事がしやすくなります。院内保育所や院内病児保育室を完備する医療機関で働くのも有効な方法といえるでしょう。

女性医師が復職するときのポイント

医学の世界は日進月歩であるため、離職中に医学知識や診療技術が飛躍的に進歩している可能性が考えられます。復職にあたっては、十分な知識や技術の習得が必要不可欠といえるでしょう。

復職者向けのトレーニングや勉強会を開催するなど、復職を完全サポートしてくれるような医療機関を選べば、安心して仕事を再開することができます。

医師の数は絶対的に不足しているため、一度離職したのち年齢を重ねても復職はそれほど困難ではありません。ただしブランクが長い場合には、あらためて知識や技術を吸収しようという高い意識が必要不可欠です。

女性医師の復職を手厚くサポートしてくれる医療機関を探したい方は、医師の転職を専門的に扱う転職エージェントを利用すると良いでしょう。

女性医局ではブランクがあっても常勤として働きたい、またスポットアルバイトをしてから定期非常勤として復帰したい、定年退職後の就職先を探したいなど、様々なキャリアプランを持つ先生向けに就職のサポート実績を持っています。

「最初は1診体制だと心配……」「手技を再訓練したい」などの悩みを解消できる求人・医療機関をご紹介しております。まずはお気軽に専任コーディネーターへご相談下さい。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

「モテる女医」は何が違う? 異性ウケする女医に共通する特徴4つ

女医はとかく「未婚率が高い」「結婚が遅い」といわれがちです。実際、「結婚したいけれどモテないから」と結婚をあきらめて独身・・・

記事全文

運命の人に出会えるかも? 女医さんにおすすめの出会いスポット5つ

女医は、ほかの職業に就いている女性と比べても圧倒的に未婚率が高いといわれています。実際、結婚したいと感じているものの、漠・・・

記事全文

今後のキャリアにどんな影響を及ぼす? 女性医師が留学をするメリット

海外留学を考えたことのある女性医師は多いと思います。かつては留学する医師も多かったのですが、近年では留学を希望する医師は・・・

記事全文

女性医師の復職に年齢は関係ある? 復職にあたって知っておきたいこと

ほとんどブランクなしで働き続けるという女性医師がいる一方、妊娠出産や子育てのために臨床の現場から離れるという女性医師も少・・・

記事全文

皮膚科は女性医師の需要が高い? 皮膚科医への転身を検討してみよう

皮膚科は近年、女性医師のニーズが急激に高まっている診療科といわれます。日本医師会の調査でも、皮膚科はほかの診療科と比べて・・・

記事全文

高収入がコンプレックスになる? 女医の「お金」にまつわるお悩みとは

女医の仕事は、一般的な職業に比べ圧倒的に高収入です。お金はあればあるほど幸せと思われがちですが、実は収入がコンプレックス・・・

記事全文

女医におすすめのまとめ髪。今っぽくて清潔感のあるスタイルの作り方

女性らしい雰囲気のセミロングやロングヘアにしたいという女医にとって悩ましいのは、仕事中のヘアスタイルのこと。医療の仕事に・・・

記事全文

スキマ時間で気軽に試せる! 女医におすすめの「ストレス解消法」5つ

医師の仕事はストレスがたまりやすく、ついイライラしてしまうという方も少なくないと思います。また、月経前症候群(PMS)の・・・

記事全文

人それぞれでいい! 女性医師が知っておきたい「働き方の選択肢」とは

医療業界における女性医師の割合は年々増加しており、特に20代の女性医師が活躍する臨床現場は近年急増しています。しかし、そ・・・

記事全文

産後の女性医師はどんな道を選ぶべき? 働き方の事例をチェックしよう

産後は女性医師の生活が大きく変わります。育児をしながらこれまでと同じように働いていくのはなかなか難しいため、働き方やキャ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー