ママになっても大丈夫! 女性医師として仕事と子育てを両立する秘訣

ママになっても大丈夫! 女性医師として仕事と子育てを両立する秘訣

働く女性の多くは、そのキャリアの中で結婚、出産、育児といったライフイベントを迎えることになります。
なかでも「出産後、子育てをしながら仕事とどう付き合っていくか」というのは、すべての働くママにとっての課題とも言えるでしょう。

医師不足が続く中、激務に追われることが多い女性医師であれば、仕事と子育ての両立はさらに難易度が高いと考えられがち。
出産を控えている方や、育児休業を終えて女性医師として復職を考えている方の中には、不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

子育てと女医としての仕事の両立は、もちろん楽なことではありません。
それでも、さまざまな努力や工夫で子育てのたいへんな時期を乗り越えた方もたくさんいらっしゃいます。
女性医師としての仕事と子育てを両立する秘訣について考えていきましょう。

一人で抱えこまず、周囲の人にサポートしてもらう

女性医師の仕事には、当直や出張、長時間勤務なども多いものです。
そんな中で、女医としての仕事と家事、育児すべてに責任を持って取り組もうと考えるのは無理があります。

子育てしながら仕事をするのであれば、一人で抱え込まず、とにかく「頼れる人にはどんどん頼る」という考え方に切り替えていくのが大切です。

夫や両親(夫の両親)など家族はもちろん、ベビーシッターや保育園のサポートも得るようにしていきましょう。

家事は賢く「手抜き」する

仕事中の子どものお世話は保育園やシッターさんなどにある程度任せられても、炊事や掃除などの家事が大きな負担となってしまうことがあります。
仕事をしながら家事をこなすのは、どんな職種であっても楽ではありません。当直などもある女性医師ならなおさらです。

子育てにも時間が取られる中、子どもが生まれる前と同レベルの手間と時間を家事にかけるわけにはいきません。
家事については、頻度ややり方を見直して上手に「手抜き」することをおぼえましょう。

また、食洗器や便利な調理器具、浴室乾燥機やお掃除ロボットなど、家事の手間を減らす家電や機器もどんどん導入したいところ。
ハウスクリーニングを業者に依頼するなど、家事のアウトソーシングもおすすめです。

職場の理解と協力を得ることも大切

職場の理解と協力を得ることも大切

勤務先でも子育てについての理解と協力を得られるよう、いろいろなことを相談してみましょう。
特に、子育て経験のある同僚は強い味方になってくれるはずです。

例えば、1歳未満の子どもを育てている女性には1日2回の「育児時間」取得が労働基準法で認められています。
こうした制度を活用させてもらえないかを勤務先と掛け合ってみるのも良いでしょう。

とは言え、まだまだ子育て中の働く女性の権利については、認識されていない現状があります。
勤務先によっては「前例がない」という理由で認めてもらえないこともあるかもしれません。

このような場合、子育てに理解のある職場への転職を視野に入れるのも良いかと思います。
子育て支援制度や、院内に託児施設のある病院などもあります。
今の職場で「医師をどう続けるか」ではなく、「医師を続けていく」ために職場を変えるという選択について検討してみることをおすすめします。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

医師がアルバイトをするときのバイト先の探し方

医師のアルバイトは、相場が時給1万円と高額なことで知られています。 しかし、高額な報酬を支払う分、採用側は、手取り足取り・・・

記事全文

医療現場も例外ではない! 医師の働き方改革とはどんな内容?

政府が推し進めている「働き方改革」は、労働人口の減少に対応するため、現在の働き方の課題に対応していこうというもの。 医療・・・

記事全文

美容外科への転科で女性医師が得られるメリット3つ

医師としてのキャリアを諦めることなく、希望通りの働き方を手に入れたいなら、女性医師は美容外科への転科が向いています。 仕・・・

記事全文

プライベートでもつい出ちゃう! 女医が感じる職業病

どんな職業にも職業病はありますが、女医の職業病は度合いが強すぎるとその専門性が強すぎるため、周囲の人をびっくりさせてしま・・・

記事全文

【女医のキャリアプラン】転科するのに最適な年齢とは?

女医として働くといっても、必ずしも同じ診療科で働き続けるわけではありません。特に女性の場合は「結婚」や「出産」といったラ・・・

記事全文

女性医師が考えたいライフワークバランスの構築方法

女性医師は年々増加し活躍の場を広げていますが、多くの女性医師にとってライフワークバランスは常に悩みの種です。子育てや介護・・・

記事全文

女性医師が「産業医」に転職するメリットとは?

労働安全衛生法により、常時50名以上の労働者を使用する事業者には産業医の選任が、常時1000名の労働者もしくは500名以・・・

記事全文

需要が拡大中!? 産業医になるために必要な資格とは?

過労死や長時間労働などからくるメンタルヘルス不調の話題を耳にすることが多くなり、国を挙げての「働き方改革」が進められる中・・・

記事全文

結婚も夢じゃない? 女医と相性がいい男性の職業

一般女性の生涯独身率は約11%で、その中でも女医に限定すると、生涯独身率は約36%であるといわれています。 医師が非常に・・・

記事全文

円満退職の前に! 医師の賢い退職交渉の方法

転職や家庭の事情など、医師が病院を退職する機会はありますが、一筋縄ではいかないことが多いもの。 一般的な会社では、約1か・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー