ママになっても大丈夫! 女性医師として仕事と子育てを両立する秘訣

ママになっても大丈夫! 女性医師として仕事と子育てを両立する秘訣

働く女性の多くは、そのキャリアの中で結婚、出産、育児といったライフイベントを迎えることになります。
なかでも「出産後、子育てをしながら仕事とどう付き合っていくか」というのは、すべての働くママにとっての課題とも言えるでしょう。

医師不足が続く中、激務に追われることが多い女性医師であれば、仕事と子育ての両立はさらに難易度が高いと考えられがち。
出産を控えている方や、育児休業を終えて女性医師として復職を考えている方の中には、不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

子育てと女医としての仕事の両立は、もちろん楽なことではありません。
それでも、さまざまな努力や工夫で子育てのたいへんな時期を乗り越えた方もたくさんいらっしゃいます。
女性医師としての仕事と子育てを両立する秘訣について考えていきましょう。

一人で抱えこまず、周囲の人にサポートしてもらう

女性医師の仕事には、当直や出張、長時間勤務なども多いものです。
そんな中で、女医としての仕事と家事、育児すべてに責任を持って取り組もうと考えるのは無理があります。

子育てしながら仕事をするのであれば、一人で抱え込まず、とにかく「頼れる人にはどんどん頼る」という考え方に切り替えていくのが大切です。

夫や両親(夫の両親)など家族はもちろん、ベビーシッターや保育園のサポートも得るようにしていきましょう。

家事は賢く「手抜き」する

仕事中の子どものお世話は保育園やシッターさんなどにある程度任せられても、炊事や掃除などの家事が大きな負担となってしまうことがあります。
仕事をしながら家事をこなすのは、どんな職種であっても楽ではありません。当直などもある女性医師ならなおさらです。

子育てにも時間が取られる中、子どもが生まれる前と同レベルの手間と時間を家事にかけるわけにはいきません。
家事については、頻度ややり方を見直して上手に「手抜き」することをおぼえましょう。

また、食洗器や便利な調理器具、浴室乾燥機やお掃除ロボットなど、家事の手間を減らす家電や機器もどんどん導入したいところ。
ハウスクリーニングを業者に依頼するなど、家事のアウトソーシングもおすすめです。

職場の理解と協力を得ることも大切

職場の理解と協力を得ることも大切

勤務先でも子育てについての理解と協力を得られるよう、いろいろなことを相談してみましょう。
特に、子育て経験のある同僚は強い味方になってくれるはずです。

例えば、1歳未満の子どもを育てている女性には1日2回の「育児時間」取得が労働基準法で認められています。
こうした制度を活用させてもらえないかを勤務先と掛け合ってみるのも良いでしょう。

とは言え、まだまだ子育て中の働く女性の権利については、認識されていない現状があります。
勤務先によっては「前例がない」という理由で認めてもらえないこともあるかもしれません。

このような場合、子育てに理解のある職場への転職を視野に入れるのも良いかと思います。
子育て支援制度や、院内に託児施設のある病院などもあります。
今の職場で「医師をどう続けるか」ではなく、「医師を続けていく」ために職場を変えるという選択について検討してみることをおすすめします。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

食物アレルギー対応の食事作りで母が抱える悩みとは?

患者数の約80%が子どもだと言われている食物アレルギー。小さなお子さんを持つ方や、これから母親になる予定の方にとっては気・・・

記事全文

当直前にチェック! 仮眠サポートアイテムで仕事の効率アップ

入院患者の対応や緊急時の対応に備えて待機する当直医。当直明けにそのまま日勤に努めなければならないことも少なくありませんよ・・・

記事全文

4割が過労死ライン越え 「医師の働き方検討委員会」が目指す改革

長時間労働や労働人口の減少が問題となっている近年、政府は労働時間の見直しや生産性向上のための人材確保を目指して“働き方改・・・

記事全文

統合失調症の治療に使われる「抗精神病薬」の安全性と課題点

妄想や幻覚、または感情の平板化や無気力といった症状を引き起こしてしまう“統合失調症”。およそ100人に1人がかかると言わ・・・

記事全文

効率・衛生面でのデメリットを解消! 「セルフガウン」とは?

主に外科手術などの際に身に着けるガウンは、患者と医療従事者双方の安全を保護するために欠かすことのできない重要なアイテム。・・・

記事全文

梅雨バテ予防におすすめの簡単さっぱりレシピ

雨で湿度が高くなる梅雨時は、ついつい気持ちまでどんよりしてしまいますよね。 晴れ間の暑さと雨降りの肌寒さが繰り返されるこ・・・

記事全文

患者は見ている! 女医が注意したい“身だしなみ”のポイント

日中の診察業務や手術などに加え、当直や夜勤もこなし常に時間に追われながら忙しい日々を送る医師。繰り返される多忙の毎日では・・・

記事全文

次世代の免疫治療「CAR遺伝子治療」とは?

世界各国で研究が進められ、2017年度から日本国内における臨床試験が開始された「CAR遺伝子治療」。次世代のがん治療法と・・・

記事全文

活用層は約3割!? 再確認しておきたい「お薬手帳」の重要性

震災のときには処方箋の代わりとして活躍したり、過去に服用した薬の履歴が分かったりと、大変便利で患者の役に立つ「お薬手帳」・・・

記事全文

どう接する? 医師の患者家族との接し方

家族の中に重症患者や長期の入院患者を持つ方にとって、医師や病院は心の支えとなっているもの。とくに患者の容態が悪化したり急・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー