女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフルタイムの仕事を両立している女性医師もいます。

このようなアクティブな働き方をすることは一般的に可能なのでしょか? 

ここでは、子育てとフルタイム勤務の両立は可能なのか、そのためには何が必要なのかなどを考えていきます。

女性医師が子育てとフルタイム勤務を両立することはできる?

出産後すぐに復職して、育児とフルタイム勤務を両立している女性医師はいます。しかし、その例はまだまだ少なく、フレキシブルな働き方をすることは簡単ではありません。

ひとりで仕事も家事も育児も、すべてをこなすことは不可能です。そのため、出産後もフルタイムで働くには周りの協力、つまり安心して働ける環境づくりが大切だといえます。その環境によってはフルタイム勤務も可能といえるでしょう。

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするには?

大切なのはパートナー選びと夫婦の協力

フルタイムで仕事を続けたいのなら、育児をひとりで抱え込むのはNGです。

医師としての働き方に理解のあるパートナーを見つけましょう。家事や育児にも積極的に関わってくれるようなパートナーだと安心ですね。

しかし、家事すべてを丸投げすればいいというわけではなく、家事の分担を決めふたりで支え合うことが大切です。パートナーの仕事が忙しいときには自分が仕事をセーブし家事を多めに担当、自分が学会発表などで忙しいときにはパートナーに家事を多めに手伝ってもらう、こういうことが自然できる関係性が理想ですね。

頼れるものには頼って家事の時短を

手抜きをするというと聞こえが悪いですが、頼れるものには頼って、自分なりの家事時短法を見つけるのがおすすめです。

例えば、家事のなかでも食器洗いや掃除などは食洗機やロボット掃除機に任せることで、その分の時間を育児や自身の勉強の時間などに使うことができますよね。

他にも、意外と面倒な食材の買い出しは食材宅配サービスを利用したり、料理の時間短縮のため家事代行サービスを利用して作り置きを用意してもらったり、利用できるものは利用しましょう。

気持ち良く働ける職場の環境づくり

フルタイムで働くための家庭の環境づくりは最も大切なことですが、気持ち良く働くための職場の環境づくりも忘れてはいけません。

出産をして気まずい思いをするのではなく「出産おめでとう。困ったことがあったらなんでも言ってね」と、出産を祝ってくれるような職場環境が理想ですよね。そのような環境を手に入れるには、もちろん育児に理解のある病院を選ぶことも重要ですが、日頃からお互いに頼れる関係性を気づいておくことが大切といえるでしょう。

そうすれば、困っているときにはこちらから素直に「助けてください」と言うこともできますよね。

仕事も家庭のこともすべてを自分だけでこなすのは不可能といえるでしょう。

出産後もすぐに復職し子育てをしながらフルタイムで働くような女性医師は、上手く周囲の協力を得ているのです。出産後も現在の仕事を継続しキャリアアップを目指すのであれば、自分の周りの環境づくりから始めるといいですね。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

忙しい女医ママにおすすめ! 家事を時短する便利家電5つ

日々忙しく働く女医ママさんにとって、毎日の家事はとても大変。上手に時短をして負担を少なくしたいですよね。 今の家電は優れ・・・

記事全文

ママ女医を悩ませる「小1の壁」どう対処する?

皆さんは「小1の壁」をご存知ですか? 子どもは成長するほど手がかからなくなると思われがちですが、じつは小学校へ入ることで・・・

記事全文

出産を機に転科する女性医師。その理由と転科先とは?

女性医師の場合、結婚や出産などライフステージの変化によってキャリアチェンジを考える方も多いのではないでしょうか? 家庭を・・・

記事全文

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフ・・・

記事全文

マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。・・・

記事全文

どんな時期に出産すべき? 女性医師の出産のタイミングについて

医師にとって、自身のキャリアプランを考えることはとても重要といえます。とくに、女性医師の場合は「いつごろ妊娠出産をすべき・・・

記事全文

女医の結婚相手はやっぱり「医師」がいい? その理由とは?

女医の結婚相手で最も多いのは、同職の男性医師です。 女医の結婚相手が男性である率は、日経メディカル誌が2009年におこな・・・

記事全文

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー