年収相場からみる、女医のキャリア・働き方とは?

Share on LinkedIn
[`buzzurl` not found]

年収相場からみる、女医のキャリア・働き方とは?

厚生労働省の平成26年度「賃金基本統計調査」によると、女性医師の平均年収は948万円となっています。
女医の年収は、他の職業の同年代の女性と比較するとかなり高収入であると言えるでしょう。

ただし、同調査によれば男性医師の平均年収は1,238万円であり、女性医師の平均年収を大きく上回っています。
医師の給与に大きな男女差があるわけではないのに、この平均年収の男女差はどうして生じるのでしょうか?

医師の平均年収に男女差が生じる理由は?

男女の平均年収の差について、年齢別にもう少し詳しく見てみましょう。
研修医を経て医師として勤務し始める25~29歳では、男性625万円、女性588万円となっており、それほど大きな男女差は生じていません。
差が広がり始めるのが30代以降です。

30~34歳:男性956万円 女性823万円
35~39歳:男性1,225万円 女性1,132万円
40~44歳:男性1,589万円 女性1,129万円

40代前半では、平均年収に400万円以上の差があることがわかります。

平均年収の男女差が広がり始める30代前半は、多くの女性医師にとって結婚・出産を迎える時期にあたります。

結婚や出産を機に一時的に休業する女性医師は少なくありません。
その後復職する場合でも、キャリアが途切れたことによる同年代男性との給与の差はやはりある程度生じると言えるでしょう。

また、子育てのために非常勤やアルバイトといった働き方を選ぶ女性医師も多く、40代前半で見られる400万円以上の男女差はこういったことによって生じていると考えられます。

結婚・出産後の女医のキャリア・働き方は?

結婚・出産後の女医のキャリア・働き方は?

年収は男性医師と比較すると低くなる傾向があるとはいえ、出産・結婚によるキャリアの中断後にも、医師として復職する働き口が見つけやすいことは女性医師の大きな強みとなります。

また、子育て中などフルタイムでの勤務ができない時期にもアルバイトや非常勤といった勤務形態で医師としての仕事を続けることができます。
フルタイムの勤務と比較すればもちろん給与は低くなりますが、一般的なアルバイトやパートの仕事と比べればかなり高額な収入を得ることができます。
子育てと仕事を両立しながら安定して十分な収入を期待できるのは医師という職業の魅力の一つです。

女性としての生き方とともに、医師としてのキャリアを考えていくのであれば、常勤にこだわるのではなく、家事や育児と仕事とを両立しやすい働き方を十分に検討するのが大切だと言えるでしょう。

Share on LinkedIn
[`buzzurl` not found]

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女性医師が悩むセクハラ・パワハラ問題を解決するためには?

近年、女性医師の割合は増えてきていますが、医療業界にはまだまだ男性優位の風潮が残っています。 それに伴い、職場でのセクハ・・・

記事全文

夏バテ予防! 女性にオススメの疲労回復ドリンク4つ

人の命を助け、健康を守っている医師といえども勝てないのが、夏の暑さによる疲れですね。 忙しい仕事で夏の疲れがたまっていま・・・

記事全文

女性医師の強い味方! 疲れにくい靴を選ぶ4つのポイント

医師の仕事は、患者さんの処置に、看護師さんへの指示にと一日中病院内を走り回ることが多く、激務が終わるころには足がパンパン・・・

記事全文

必要となる人材になる! 女性医師が専門医を取得するメリット

妊娠・出産によるキャリアの中断に悩んでいませんか? 女性の社会進出が進み、さまざまな分野で女性が働ける嬉しい時代になりま・・・

記事全文

ストレス社会の味方! 不足する精神科医とこれからのニーズ

医師が不足している分野と言えば産婦人科や小児科が思い浮かびますが、実は精神科も医師が不足している分野です。 日本は現在、・・・

記事全文

転職に有利!? 不足する糖尿病専門医とは

高齢化が続く現在、糖尿病専門医が転職に有利だと言われています。 厚生労働省の調査によると糖尿病の患者数は右肩上がりに増加・・・

記事全文

女性医師が仕事に復帰するための保育施設探しについて

仕事を持つ母親にとって、仕事に復帰する際の子供の預け先確保は大きな懸念材料です。 待機児童が多いエリアでは、保育所が見つ・・・

記事全文

女性らしさを忘れずに! ちょっとオシャレな聴診器で仕事しよう

聴診器というと、モノトーンでシンプルなものばかり。 確かに性能が第一でデザインやカラーを追求する必要はないものなのですが・・・

記事全文

忙しいママさん女医の味方! 家事代行サービスの選び方と注意点

働くママはとにかく時間がないもの。仕事に追われるため家事や育児は最低限のことしかできなくて、家はほこりっぽく、食事もあわ・・・

記事全文

男性医師から見た女性医師の参画について

男女共同参画社会が叫ばれて久しい昨今ですが、女性医師の待遇についてはいまだ「不十分」といわれることが多いのが現状です。 ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー