年収相場からみる、女医のキャリア・働き方とは?

年収相場からみる、女医のキャリア・働き方とは?

厚生労働省の平成26年度「賃金基本統計調査」によると、女性医師の平均年収は948万円となっています。
女医の年収は、他の職業の同年代の女性と比較するとかなり高収入であると言えるでしょう。

ただし、同調査によれば男性医師の平均年収は1,238万円であり、女性医師の平均年収を大きく上回っています。
医師の給与に大きな男女差があるわけではないのに、この平均年収の男女差はどうして生じるのでしょうか?

医師の平均年収に男女差が生じる理由は?

男女の平均年収の差について、年齢別にもう少し詳しく見てみましょう。
研修医を経て医師として勤務し始める25~29歳では、男性625万円、女性588万円となっており、それほど大きな男女差は生じていません。
差が広がり始めるのが30代以降です。

30~34歳:男性956万円 女性823万円
35~39歳:男性1,225万円 女性1,132万円
40~44歳:男性1,589万円 女性1,129万円

40代前半では、平均年収に400万円以上の差があることがわかります。

平均年収の男女差が広がり始める30代前半は、多くの女性医師にとって結婚・出産を迎える時期にあたります。

結婚や出産を機に一時的に休業する女性医師は少なくありません。
その後復職する場合でも、キャリアが途切れたことによる同年代男性との給与の差はやはりある程度生じると言えるでしょう。

また、子育てのために非常勤やアルバイトといった働き方を選ぶ女性医師も多く、40代前半で見られる400万円以上の男女差はこういったことによって生じていると考えられます。

結婚・出産後の女医のキャリア・働き方は?

結婚・出産後の女医のキャリア・働き方は?

年収は男性医師と比較すると低くなる傾向があるとはいえ、出産・結婚によるキャリアの中断後にも、医師として復職する働き口が見つけやすいことは女性医師の大きな強みとなります。

また、子育て中などフルタイムでの勤務ができない時期にもアルバイトや非常勤といった勤務形態で医師としての仕事を続けることができます。
フルタイムの勤務と比較すればもちろん給与は低くなりますが、一般的なアルバイトやパートの仕事と比べればかなり高額な収入を得ることができます。
子育てと仕事を両立しながら安定して十分な収入を期待できるのは医師という職業の魅力の一つです。

女性としての生き方とともに、医師としてのキャリアを考えていくのであれば、常勤にこだわるのではなく、家事や育児と仕事とを両立しやすい働き方を十分に検討するのが大切だと言えるでしょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

食物アレルギーの子どもを持つ母親が食事で気をつけていることは?

食物アレルギーの子どもを持つお母さんは、食事づくりに注意が必要になります。献立を考える際も、食物アレルギーの子どもも家族・・・

記事全文

代替食品は普及している? 学校・保育所の対応と主な代替食材

食物アレルギーの子どもに食事を作る際は、アレルギー対象の原料を確実に排除することが大切です。 たとえば、卵アレルギーを持・・・

記事全文

食物アレルギーの学校・保育所での誤食の実態は? 実態と基礎方針

子どもが食物アレルギーと診断された場合、食品の購入や食事を作る際には注意が欠かせません。子どもと一緒に食事をとる自宅では・・・

記事全文

フリーランスの女性医師は意外と多い? メリットとデメリットを比較

フリーランスの女医をテーマにしたドラマが一躍話題となりましたが、本当に存在するのかと疑問に思う方も多いでしょう。 実は、・・・

記事全文

食物アレルギー改善のために用いられる「経口減感作療法」とは?

食物アレルギーと診断されると、食物除去や定期的な検査などを行わなければならず、日々の食事にも注意が必要です。 一般的には・・・

記事全文

食物アレルギーの食事療法のポイントとは? 

食物アレルギーを持つ子ども本人はもちろんですが、その母親や父親、兄弟などもアレルギーに合わせた食事をとらなければならない・・・

記事全文

食物アレルギー診断後の母親の変化と世間に求めることとは

子どもが食物アレルギーと診断されると、毎日の食事作りや栄養管理に悩みますよね。アレルギーの症状が重い場合には、命に関わる・・・

記事全文

母親の食物アレルギーに関する知識と今後の不安について

子どもが成長するに伴い食べられる食材や料理が増えると、母親としては嬉しく感じますよね。しかし、子どもの食事内容が大人に近・・・

記事全文

子どもの食物アレルギーに対する夫婦間の理解度の違いとは?

食物アレルギーの子どもを持つ母親にとって、毎日の食事作りや食品購入の際の配慮は欠かせません。アレルギー対象の食材を避けて・・・

記事全文

進化をし続ける「介護食」の現状とメリットとは?

昼夜問わずに忙しく働く医師にとって、近親者の介護は大きな負担となってしまうもの。とはいえ、老人ホーム等に入居させるとなれ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー