年収相場からみる、女医のキャリア・働き方とは?

Share on LinkedIn
[`buzzurl` not found]

年収相場からみる、女医のキャリア・働き方とは?

厚生労働省の平成26年度「賃金基本統計調査」によると、女性医師の平均年収は948万円となっています。
女医の年収は、他の職業の同年代の女性と比較するとかなり高収入であると言えるでしょう。

ただし、同調査によれば男性医師の平均年収は1,238万円であり、女性医師の平均年収を大きく上回っています。
医師の給与に大きな男女差があるわけではないのに、この平均年収の男女差はどうして生じるのでしょうか?

医師の平均年収に男女差が生じる理由は?

男女の平均年収の差について、年齢別にもう少し詳しく見てみましょう。
研修医を経て医師として勤務し始める25~29歳では、男性625万円、女性588万円となっており、それほど大きな男女差は生じていません。
差が広がり始めるのが30代以降です。

30~34歳:男性956万円 女性823万円
35~39歳:男性1,225万円 女性1,132万円
40~44歳:男性1,589万円 女性1,129万円

40代前半では、平均年収に400万円以上の差があることがわかります。

平均年収の男女差が広がり始める30代前半は、多くの女性医師にとって結婚・出産を迎える時期にあたります。

結婚や出産を機に一時的に休業する女性医師は少なくありません。
その後復職する場合でも、キャリアが途切れたことによる同年代男性との給与の差はやはりある程度生じると言えるでしょう。

また、子育てのために非常勤やアルバイトといった働き方を選ぶ女性医師も多く、40代前半で見られる400万円以上の男女差はこういったことによって生じていると考えられます。

結婚・出産後の女医のキャリア・働き方は?

結婚・出産後の女医のキャリア・働き方は?

年収は男性医師と比較すると低くなる傾向があるとはいえ、出産・結婚によるキャリアの中断後にも、医師として復職する働き口が見つけやすいことは女性医師の大きな強みとなります。

また、子育て中などフルタイムでの勤務ができない時期にもアルバイトや非常勤といった勤務形態で医師としての仕事を続けることができます。
フルタイムの勤務と比較すればもちろん給与は低くなりますが、一般的なアルバイトやパートの仕事と比べればかなり高額な収入を得ることができます。
子育てと仕事を両立しながら安定して十分な収入を期待できるのは医師という職業の魅力の一つです。

女性としての生き方とともに、医師としてのキャリアを考えていくのであれば、常勤にこだわるのではなく、家事や育児と仕事とを両立しやすい働き方を十分に検討するのが大切だと言えるでしょう。

Share on LinkedIn
[`buzzurl` not found]

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

患者は見ている! 女医が注意したい“身だしなみ”のポイント

日中の診察業務や手術などに加え、当直や夜勤もこなし常に時間に追われながら忙しい日々を送る医師。繰り返される多忙の毎日では・・・

記事全文

次世代の免疫治療「CAR遺伝子治療」とは?

世界各国で研究が進められ、2017年度から日本国内における臨床試験が開始された「CAR遺伝子治療」。次世代のがん治療法と・・・

記事全文

活用層は約3割!? 再確認しておきたい「お薬手帳」の重要性

震災のときには処方箋の代わりとして活躍したり、過去に服用した薬の履歴が分かったりと、大変便利で患者の役に立つ「お薬手帳」・・・

記事全文

どう接する? 医師の患者家族との接し方

家族の中に重症患者や長期の入院患者を持つ方にとって、医師や病院は心の支えとなっているもの。とくに患者の容態が悪化したり急・・・

記事全文

5月はとくに要注意!? 医師の「うつ病」対策術

年度が変わったこともあり、心機一転の思いで仕事やプライベートに取り組んでいた4月。しかし、1か月が経過して気持ちも少し落・・・

記事全文

「服薬アドヒアランス」向上のための服薬指導のポイントとは?

病気の治療に欠かすことができない内服薬。これまでの治療では、「患者がしっかりと医師の指示に従い、処方された薬を服用するこ・・・

記事全文

スマホ派? 手帳派? 忙しい女性医師のスケジュール管理術

メールや電話といった連絡手段にとどまらず、カメラや財布、音楽再生や電子書籍の閲覧など、さまざまな機能をスマートフォンひと・・・

記事全文

コミュニケーション力UP! 医師の「話し方」講座

医師の仕事は、患者さんの病気やケガを直すだけではありません。不安でいっぱいの患者さんやご家族とのコミュニケーションも重要・・・

記事全文

副作用が少ない? 新しいがん治療「免疫細胞療法」とは?

一般的ながん治療法といえば、「放射線治療」「外科治療」「化学療法」の3つが三大療法といわれていますが、これに加えて「免疫・・・

記事全文

キャリアアップのために! 転科をするならいつのタイミングがベスト?

キャリアアップや勤務形態の変更などを考えて、転科を視野に入れている方もいるでしょう。とくに女医の場合、結婚や子育てを機に・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー