年収相場からみる、女医のキャリア・働き方とは?

Share on LinkedIn
[`buzzurl` not found]

年収相場からみる、女医のキャリア・働き方とは?

厚生労働省の平成26年度「賃金基本統計調査」によると、女性医師の平均年収は948万円となっています。
女医の年収は、他の職業の同年代の女性と比較するとかなり高収入であると言えるでしょう。

ただし、同調査によれば男性医師の平均年収は1,238万円であり、女性医師の平均年収を大きく上回っています。
医師の給与に大きな男女差があるわけではないのに、この平均年収の男女差はどうして生じるのでしょうか?

医師の平均年収に男女差が生じる理由は?

男女の平均年収の差について、年齢別にもう少し詳しく見てみましょう。
研修医を経て医師として勤務し始める25~29歳では、男性625万円、女性588万円となっており、それほど大きな男女差は生じていません。
差が広がり始めるのが30代以降です。

30~34歳:男性956万円 女性823万円
35~39歳:男性1,225万円 女性1,132万円
40~44歳:男性1,589万円 女性1,129万円

40代前半では、平均年収に400万円以上の差があることがわかります。

平均年収の男女差が広がり始める30代前半は、多くの女性医師にとって結婚・出産を迎える時期にあたります。

結婚や出産を機に一時的に休業する女性医師は少なくありません。
その後復職する場合でも、キャリアが途切れたことによる同年代男性との給与の差はやはりある程度生じると言えるでしょう。

また、子育てのために非常勤やアルバイトといった働き方を選ぶ女性医師も多く、40代前半で見られる400万円以上の男女差はこういったことによって生じていると考えられます。

結婚・出産後の女医のキャリア・働き方は?

結婚・出産後の女医のキャリア・働き方は?

年収は男性医師と比較すると低くなる傾向があるとはいえ、出産・結婚によるキャリアの中断後にも、医師として復職する働き口が見つけやすいことは女性医師の大きな強みとなります。

また、子育て中などフルタイムでの勤務ができない時期にもアルバイトや非常勤といった勤務形態で医師としての仕事を続けることができます。
フルタイムの勤務と比較すればもちろん給与は低くなりますが、一般的なアルバイトやパートの仕事と比べればかなり高額な収入を得ることができます。
子育てと仕事を両立しながら安定して十分な収入を期待できるのは医師という職業の魅力の一つです。

女性としての生き方とともに、医師としてのキャリアを考えていくのであれば、常勤にこだわるのではなく、家事や育児と仕事とを両立しやすい働き方を十分に検討するのが大切だと言えるでしょう。

Share on LinkedIn
[`buzzurl` not found]

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

忙しい女医さんに最適! 忙しい日の手抜き鍋

女医さんの中には、「料理をしたいけれど毎日忙しく、料理をする時間が取れない……。」と料理を断念している方も多いですよね。・・・

記事全文

死の多様性! 世界の「安楽死」に関する意見とは

みなさんは、「安楽死」について考えたことがあるでしょうか。 現在の日本では、医師が患者の死を故意に幇助するような安楽死は・・・

記事全文

喫煙の新事実! 喫煙でDNAの変異が起こる?

近年では街中や飲食店などでの分煙化、禁煙化が進み、たばこによる健康への害を強く警告する動きが見られます。 たばこ税の引き・・・

記事全文

モンスター患者!? 困った患者からのクレーム対処術

謂れのないことを主張されたり、自己中心的な発言が目立つようないわゆる「クレーマー」は、残念ながらどの世界にも存在します。・・・

記事全文

「新専門医制度」が内科医師・女性医師に不利って本当?

2017年から「新専門医制度」が開始されます。 この制度は2013年4月に厚生労働省から「専門医の在り方に関する討論会」・・・

記事全文

もう怖がられない! 優しい印象を与えるメイクのコツ

時に厳しく患者の不摂生を叱り、病気の治療のためには大胆な決断をする女医さんの仕事には、大きなやりがいと責任感があります。・・・

記事全文

「病理科」は女性医師が活躍しやすい科目なの?

ひと昔前までは「男の仕事」といわれてきた医師の仕事も、高度成長期以降に人数が徐々に増え始め、2006年には全国で約28万・・・

記事全文

子育て中でも働きやすい! 「健診アルバイト」っていったいなに?

「子育てのために休職をしているけれど、将来的に常勤医として復職したい。」 「事情があって離職したけれど、復職のために少し・・・

記事全文

女性医師の仕事と子育て両立に! 「院内保育所」のメリット

人命を預かるという重要な仕事上、情熱と誇りをもって人生のほとんどを医療にささげる医師は少なくありません。 しかし、子ども・・・

記事全文

実用性? それとも可愛さ? 女医さんにおすすめの印鑑アイテム

難関資格を突破して憧れの女医さんになると、カルテのチェックや診断書の作成など、仕事の折につけて印鑑が必要になってきます。・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー