マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。

このマミートラック問題は女性医師の世界でも見逃せない問題となっています。以前のように働く意思があるにも関わらず、手術以外の単調な業務が増えたり、短い決められた時間しか働けなかったりと、思うような仕事ができずに悩まされている方は多いです。

しかし、これはデメリットばかりではなくメリットに置き換えて考えることもできるのではないでしょうか?

ここでは、やりがいを見失いがちなマミートラックを前向きにとらえられるように、考えられるメリットをご紹介していきます。

マミートラックをプラスに考えよう! 考えられるメリット3つ

自分を見つめ直すチャンス

時短勤務中は出産前とはちがうアシスタント的な業務をするようになることが多いです。

そうなると「前は第一線で手術もバリバリこなしていたのに……」とモチベーションが下がってしまうこともありますよね。責任のある仕事を任せてもらえずどんどん出世コースから外れてしまう、これは女性医師にとってはとても大きな問題に感じるでしょう。

しかし、今は自分を見つめ直すチャンスだと考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

立場が変わることによって、今まで自分がこなしていた業務をちがった視点から見つめ直すことができるかもしれません。一歩引いた立場から客観的にとらえることで、チーム全体の流れが見えてきますし、自分の強みや弱点を改めて見直す良いきっかけになることでしょう。いずれ通常勤務に戻ったときに、きっとその経験が役に立つはずですよ。

前向きに仕事に取り組み評価アップにつなげる

「責任のある仕事は任せてもらえない……」とやりがいを見失いがちな期間ですが、そんなときだからこそ、与えられた仕事をきちんとこなすことが大切なのではないでしょうか。限られた時間のなかでいかに効率良く進めるか、さらに余力があれば周りのサポートも積極的にこなすなど、前向きに仕事に取り組みましょう。その前向きな姿勢はきっと評価されるはずですよ。

通常勤務に戻ったときに「時短勤務であれだけ頑張ってくれていたし」と仕事を任せてもらえるきっかけになるかもしれません。

子どもと過ごす時間を楽しむ

マミートラックに乗らず、出産後すぐに復帰したママドクターのなかには「あの頃にもっと子どもと関わっておけばよかった」と後悔する人もいます。

子育ては永遠に続くわけではありません。子どもが小さい時期はほんのわずがです。時短勤務中は「そのわずかな大切な時間を一緒に過ごすことができる」と前向きに考え、「今は仕事よりも子育て優先」と割り切るのもひとつの選択肢といえます。

仕事と家事、育児すべてを均等にこなすのは大変なことです。仕事と家事、育児を両立するため自らマミートラックに乗ることを選択する女性医師もいるようですよ。子どもと過ごす時間を大切にし、今というときを楽しんでみてください。

出世を目指す女性医師にとって、どうしてもマイナスに感じてしまうマミートラックですが、考え方によってはとても貴重な時間を過ごしている、ととらえることができますね。

時短勤務で時間に余裕ができたときには、独自で医学の勉強をすることもできます。粛々と知識を増やし、キャリアアップをはかるのもひとつの手です。

マミートラックのデメリットばかりに目を向けて落ち込むのではなく、前向きな姿勢で向き合ってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

出産を機に転科する女性医師。その理由と転科先とは?

女性医師の場合、結婚や出産などライフステージの変化によってキャリアチェンジを考える方も多いのではないでしょうか? 家庭を・・・

記事全文

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフ・・・

記事全文

マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。・・・

記事全文

どんな時期に出産すべき? 女性医師の出産のタイミングについて

医師にとって、自身のキャリアプランを考えることはとても重要といえます。とくに、女性医師の場合は「いつごろ妊娠出産をすべき・・・

記事全文

女医の結婚相手はやっぱり「医師」がいい? その理由とは?

女医の結婚相手で最も多いのは、同職の男性医師です。 女医の結婚相手が男性である率は、日経メディカル誌が2009年におこな・・・

記事全文

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ママ女医さん注目! 子どもの「早期教育」メリットとデメリット

最近注目されている「早期教育」。我が子にも取り入れようかと悩んでいるママ女医さんも多いのではないでしょうか。ここでは、早・・・

記事全文

女性医師の復職先はどう選ぶ? 探し方のポイント

「復職後は育児もあるし勤務先を変えたほうがいいのかな」「そもそも医師の仕事と育児の両立は可能?」など、子どもを授かった女・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー