女性の産婦人科医が人気? 女性患者にとっての女性医師のメリット

女性の産婦人科医が人気? 女性患者にとっての女性医師のメリット

産婦人科医は男性医師の活躍が目立ちます。
しかし女性の患者からは「女性医師に診てもらいたい」という要望が多いです。
事実、女性医師の需要は一昔前よりも高くなっています。

今回は女性医師が産婦人科で働くことで得られる、女性患者にとってのメリットを見ていきましょう。

女性医師だからこそできる「共感」

妊娠・出産の時期はあらゆる悩みがつきものです。
出産それ自体に不安を覚えている方もいらっしゃいますし、不妊や月経の悩み、仕事と折り合いなどに悩みを抱えている人も多いでしょう。

しかし、男性医師だと性別が異なりますから、女性患者が思うような共感は得られません。
また女性特有のデリケートな悩みも多いので、男性医師だと素直に相談することができないのです。

女性医師であれば妊娠・出産時の不安は男性医師よりも身近です。
経験から、それに対応した的確なアドバイスができるかもしれません。

たとえ妊娠・出産などの経験がなくても、男性医師よりもリアルに感じられるので、女性患者に寄り添った診察ができます。

悩みを共感してもらったりアドバイスをもらったりするだけでも、女性患者にとって大きな励みになるはずです。

内診はやはり女性医師にという人が多い

産婦人科では診察内容によっては内診や触診なども必要です。
こういった診察は女性医師が求められています。

男性医師の場合、どうしても性を強く感じてしまうため、抵抗を感じてしまうのでしょう。
心身がナイーブになっている女性にとって、男性医師に恐怖を感じるケースもあります。
体に不調を感じていても、内診や触診があるから診察を先延ばしにしている、という人もいます。

実際に素肌を見せたり下腹部の診察をされるのであれば、同性でのほうが安心だと考える女性患者が多いです。

女性医師は若い世代からの支持が厚い

女性医師は若い世代からの支持が厚い

女性医師は特に若い世代の女性から必要とされることが多いです。
出産の際に、担当医が女性であることを基準に病院を選ぶ方も少なくありません。

また、思春期外来と言われる、中学生や高校生の患者にも女性医師は支持されています。
月経不順や避妊など、親にも相談できないようなことが中心となるので、母親ではない女性に相談したいと考える人が多いのです。
女性医師の場合は、難しい年頃の女性からも心を開いてもらえる可能性が高いでしょう。

女性医師の絶対数は一昔前よりも大きく増加しています。
この傾向が、そのまま産婦人科に影響を与えたという考えも否定できません。

しかし、女性医師の力を必要としている女性が増えているのも、紛れもない事実です。
現在転職や転科を考えている女性医師は、選択肢の1つに、「産婦人科医としての第一歩」を加えてみてはいかがでしょうか? 求めていたやりがいは、そこにあるかもしれませんよ。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

忙しい女医こそ趣味を作ろう! おすすめの趣味7選

毎日を忙しく過ごしている女医さんは、疲れやストレスが溜まりがちなもの。気力・体力ともに健康でいるためには、リフレッシュで・・・

記事全文

婚活アプリでの出会いはアリ? 女医の婚活手段に向いている!?

女医さんの中には婚活をしているという方も多いのではないでしょうか。さまざまな婚活手段の中でもっとも敷居が低いのが「婚活ア・・・

記事全文

女性医師の転職面接、どんな服装が正解? 印象アップの着こなし術

転職面接において、服装は第一印象に大きく関わるポイントです。女性医師が面接に臨む際には、どのような服装が最適なのでしょう・・・

記事全文

フリーランスの女性医師、現実には稼ぐことはできるの?

近年は「フリーランス医師」として働きたい女性医師が増加しています。しかし、「実際にフリーランスになったら生活水準を落とさ・・・

記事全文

納得? 意外? 女医が「結婚できない」といわれやすい理由5つ

「女医3分の1の法則」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。これは、女医の3分の1は生涯未婚、3分の1は結・・・

記事全文

女医が結婚相手を選ぶなら年下男性がいい? 年下を選ぶメリットとは

「結婚したいけれどなかなか出会いがない」「忙しくて婚期が遠のきがち」と悩んでいる女医さんは少なくないのではないでしょうか・・・

記事全文

転職にあたって、女性医師が「職務経歴書」を作成するときのポイント

医師が転職するときには、職務経歴書の提出を求められることがあります。 多忙な仕事と転職活動を両立する女性医師にとって、職・・・

記事全文

仕事とプライベートを両立したい女性医師におすすめの転科先とは?

近年、働き方改革によってワークライフバランスを重視した働き方を選ぶ方が増加傾向にあります。特に女性医師の場合、結婚や出産・・・

記事全文

強い味方になってくれる! 女性医師に最適な転職エージェントの探し方

医師向けの転職サイトや転職エージェントはかなり多いもの。転職を考えているものの、どんな転職サイトを選べばいいか分からない・・・

記事全文

忙しい女医ママにおすすめ! 家事を時短する便利家電5つ

日々忙しく働く女医ママさんにとって、毎日の家事はとても大変。上手に時短をして負担を少なくしたいですよね。 今の家電は優れ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー