女性の産婦人科医が人気? 女性患者にとっての女性医師のメリット

女性の産婦人科医が人気? 女性患者にとっての女性医師のメリット

産婦人科医は男性医師の活躍が目立ちます。
しかし女性の患者からは「女性医師に診てもらいたい」という要望が多いです。
事実、女性医師の需要は一昔前よりも高くなっています。

今回は女性医師が産婦人科で働くことで得られる、女性患者にとってのメリットを見ていきましょう。

女性医師だからこそできる「共感」

妊娠・出産の時期はあらゆる悩みがつきものです。
出産それ自体に不安を覚えている方もいらっしゃいますし、不妊や月経の悩み、仕事と折り合いなどに悩みを抱えている人も多いでしょう。

しかし、男性医師だと性別が異なりますから、女性患者が思うような共感は得られません。
また女性特有のデリケートな悩みも多いので、男性医師だと素直に相談することができないのです。

女性医師であれば妊娠・出産時の不安は男性医師よりも身近です。
経験から、それに対応した的確なアドバイスができるかもしれません。

たとえ妊娠・出産などの経験がなくても、男性医師よりもリアルに感じられるので、女性患者に寄り添った診察ができます。

悩みを共感してもらったりアドバイスをもらったりするだけでも、女性患者にとって大きな励みになるはずです。

内診はやはり女性医師にという人が多い

産婦人科では診察内容によっては内診や触診なども必要です。
こういった診察は女性医師が求められています。

男性医師の場合、どうしても性を強く感じてしまうため、抵抗を感じてしまうのでしょう。
心身がナイーブになっている女性にとって、男性医師に恐怖を感じるケースもあります。
体に不調を感じていても、内診や触診があるから診察を先延ばしにしている、という人もいます。

実際に素肌を見せたり下腹部の診察をされるのであれば、同性でのほうが安心だと考える女性患者が多いです。

女性医師は若い世代からの支持が厚い

女性医師は若い世代からの支持が厚い

女性医師は特に若い世代の女性から必要とされることが多いです。
出産の際に、担当医が女性であることを基準に病院を選ぶ方も少なくありません。

また、思春期外来と言われる、中学生や高校生の患者にも女性医師は支持されています。
月経不順や避妊など、親にも相談できないようなことが中心となるので、母親ではない女性に相談したいと考える人が多いのです。
女性医師の場合は、難しい年頃の女性からも心を開いてもらえる可能性が高いでしょう。

女性医師の絶対数は一昔前よりも大きく増加しています。
この傾向が、そのまま産婦人科に影響を与えたという考えも否定できません。

しかし、女性医師の力を必要としている女性が増えているのも、紛れもない事実です。
現在転職や転科を考えている女性医師は、選択肢の1つに、「産婦人科医としての第一歩」を加えてみてはいかがでしょうか? 求めていたやりがいは、そこにあるかもしれませんよ。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女性医師の「強み」はどんなところ? 求められるものとは

女性医師の割合は年々増加傾向にあり、それにともない女性医師へのニーズも高まってきています。女性医師は男性医師に比べて不利・・・

記事全文

女医の婚活で知っておきたい「尊敬婚」という結婚スタイル

男性が働く女性を尊敬し、お互いに自立した関係を築く新しい結婚スタイル「尊敬婚」。ここでは、尊敬婚とはどのようなものなのか・・・

記事全文

医師が退職するときに使う理由、多いものとは?

医師が転職をするときには、転職理由を明確にしておかなければなりません。しかし、どのような理由を伝えればよいかと迷ってしま・・・

記事全文

女医の結婚・離婚事情「3分の1の法則」とは?

女医の結婚や離婚の話題になるとよく言われる「3分の1の法則」とは? どのような意味の言葉なのかと、実際にこの法則は正しい・・・

記事全文

女性医師のマミートラック問題とどう向き合う?

出産後、女性がキャリアップにならない業務に従事することになるマミートラック。マミートラック問題は女性医師にも大きく関わっ・・・

記事全文

女性医師の転職、最適な年齢は?

女性医師が転職するのに最適な年齢はいくつくらいなのでしょうか。ここでは、女性医師が転職するのに最適な年齢を、年代別にご紹・・・

記事全文

女医さんが参加する婚活パーティーのマナーとポイントとは

女医の毎日は仕事が忙しくて、とても出会いの機会なんてあきらめてしまいがち。プライベートで出会うチャンスがないなら、婚活パ・・・

記事全文

【忙しい女医さん必見】快眠ポイントを知ってぐっすり眠ろう!

「仕事が激務でゆっくり眠れない……」と睡眠不足に悩んでいる女医さんも多いのではないでしょうか。休日に寝だめしても疲れが取・・・

記事全文

女医でもトライできる! 禁煙のポイントについてご紹介

忙しいからと禁煙を諦めてしまっていませんか? 日々忙しく働く女医さんでも、禁煙のコツさえおさえておけば、自力で禁煙を成功・・・

記事全文

女医なら意識したい! キレイな爪の作り方

指先は人の目線に入りやすく、意外にも周りからチェックされているポイントです。 女医は仕事柄ネイルアートはしづらいですが、・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー