【女医のキャリアプラン】転科するのに最適な年齢とは?

【女医のキャリアプラン】転科するのに最適な年齢とは?

女医として働くといっても、必ずしも同じ診療科で働き続けるわけではありません。特に女性の場合は「結婚」や「出産」といったライフイベントもありますので、転科を検討することもあるでしょう。では、転科をする際には「最適な年齢」というものはあるのでしょうか? 今回は、女医が転科を希望する理由にわけて最適な年齢をご紹介します。

ライフイベントと女医の転科

女医が転科する年齢として、ライフイベントの多い年齢があげられます。結婚、出産を経て育児をしながらもキャリアアップを目指す女医にとって、転科はひとつの手段です。「転科しなければプライベートの時間を台無しにしてしまうかもしれない」と不安になるほど忙しい診療科で働いている女医の場合、結婚や出産前の転科がおすすめです。年齢的には20代後半から30代半ばが最適なタイミングだといえるでしょう。

病院によっては、休みの日であってもほぼ24時間待機と同じレベルで過ごすことを余儀なくされる診療科があります。例えば、救急外来に勤務していたり、各病院で不足している麻酔科医として勤務したりしていると、休みの日でも呼び出しがあることは少なくありません。

結婚したら夫婦の時間を大切にしたいと考える女医の方なら、勤務日と休みの日をしっかりわけてもらえる診療科をおすすめします。「キャリアアップもしたいけれど、家族との時間は大切にしたい」と思う場合は、結婚前に転科できるよう早めに準備を進めましょう。

キャリアアップと女医の転科

キャリアアップを考えて転科する女医の中には、臨床から研究領域への移動を望む方もいます。臨床現場では、忙しくて専門の研究を進めることが難しいのが一般的です。研修を経て現場に出ていても、研究領域へ移ることをあらかじめ決めている女医も少なくありません。

大学病院やその水準に準じた医療機関では、常勤の講師以上のポジションは医学博士号を取得している医師が就くことが暗黙の規定となっている場合があります。そのため、キャリアアップには大学院で博士課程を終えておく必要があるわけです。女医としてのキャリアアップを追求する方は、できるだけ早く博士課程へ進学するほうがよいといえます。研修医を終えて一般的な医療技術の習得を2~5年ほどかけて身につけた30歳前後が最適な年齢だといえるでしょう。研究の世界が進む速度は速いので、始めるのが遅くなってしまうと研究に追いつくのがそれだけ大変になってしまいます。

体力的な限界と女医の転科

年齢を重ねても体力的に無理なく働ける診療科への転科も、女医が長く医療の現場で働き続けるためには有効な方法です。

例えば、救急外来や外科で女医として勤務し続けることに限界を感じる年齢になったときには、年齢を重ねても働くのに無理がない診療科を選ぶほうがいいでしょう。また、最初に選んだ診療科で長く働けるとベストかもしれませんが、実際に働きはじめると、思っていたよりも体力が必要な診療科だったということもありえます。

若いうちの転科がいいといわれますが、転科に年齢制限はありません。疲れを感じやすくなる40歳前後は、体力に限界を感じる女医にとって転科に最適な年齢だといえるでしょう。

体力的な限界と女医の転科

女医が転科するのに最適な年齢とタイミングのひとつとして、結婚や出産等が続く30代半ばまで、が挙げられます。キャリアアップを考えた転科なら、30前後がよいといわれています。また、体力的に無理がきかなくなるという理由なら、40代以降になるべく早めに転科することをおすすめします。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

婚活の前にまずは恋活から! 結婚へつなげる女医の恋活テクニック

「結婚したいけれど出会いがない」という悩みを抱えている女医は意外と多いものです。 結婚を視野に入れているという方は、婚活・・・

記事全文

立場の違いがトラブルのもとになる? 女医が気をつけたいパワハラ対策

病院内ではときに看護師と医師の関係性が悪化し、看護師からパワハラ被害を訴えられるケースがあります。 医師の中には立場を盾・・・

記事全文

麻酔科に転科したい医師必見! 本当に転科しますか?

麻酔科への転科を考える医師は多いといわれています。 女性医師の場合は特に、結婚や妊娠、出産、子育てなどのライフイベントが・・・

記事全文

医師のオンコール待機アルバイト、そのメリットとは?

医師のアルバイトのひとつにオンコール待機というものがあります。 夜勤や寝当直と似て非なるオンコール待機とは、どのような仕・・・

記事全文

忙しい女性医師必見! シルバーウィークにおすすめの休日の過ごし方

2018年のシルバーウィークは2週間にわたって3連休となっています。 女性医師は普段忙しい毎日を過ごしているからこそ、シ・・・

記事全文

年収アップを狙う! 医師の給与交渉術

医師も給与をいただいて働く労働者という一面がありますが、給与に不満がある場合にはどうしていますか? 給与交渉についてはタ・・・

記事全文

メディカルドクターに転職するのはアリ? 仕事内容や必要スキルについて

メディカルドクターとは、どのような仕事かご存知ですか? 同じドクターでも、臨床医ではなく製薬会社に勤める医師のことです。・・・

記事全文

女性医師についてまわる「マリッジハラスメント」への対処法

働く女性には様々なハラスメント行為がついてまわりますが、「まだ結婚しないの?」という未婚者に結婚を迫る言葉もこうしたハラ・・・

記事全文

夏場は白衣が暑い! 女性医師ができる白衣の暑さ対策3つ

医療従事者のユニフォームである白衣は、機能面からデザインや素材がある程度決まっているため、熱がこもりがちです。動き回るこ・・・

記事全文

女性医師が雇われ院長に転職するメリット・デメリット3つ

医師の求人に多く見られるクリニックでの院長職、いわゆる「雇われ院長」は一般的に繁盛しているクリニックや病院が分院する際に・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー