転職にあたって、女性医師が「職務経歴書」を作成するときのポイント

医師が転職するときには、職務経歴書の提出を求められることがあります。

多忙な仕事と転職活動を両立する女性医師にとって、職務経歴書の作成は面倒な作業かもしれません。しかし、職務経歴書は自身のスキルや経験といった強みをアピールするための武器になるものです。転職を有利にすすめるためにも、採用につながるような職務経歴書を作成しましょう。

ここでは、女性医師が職務経歴書を作成するときのポイントをご紹介いたします。

職務経歴書とはどのようなもの?

これまでの職務経歴について説明する職務経歴書は、履歴書とあわせて提出を求められることがある書類です。

職務経歴書は履歴書のような規定のフォーマットはありません。職務経歴書の作成を通して採用担当者は、応募者のスキルや経験とともに、書類作成能力もチェックしています。そのため、職務経歴書を作成するときには、レイアウトを工夫して見やすさに気を配ることが大切といえます。作成には基本的にはパソコンを使い、段落番号や図表を用いて2ページ以内にまとめていきましょう。

職務経歴書に記載すべき内容とは?

職務経歴書はまず冒頭に標題・日付などを記載したあと、これまでの職歴やスキルについて完結にまとめます。勤務先の医療機関や担当科目、職位や勤務時間のほか、担当症例についても記載するとよいでしょう。

続いて、保有資格を取得年月順に箇条書きにします。医師免許のほか、専門医や指導医資格もあれば記載しておきます。また、所属学会についてもあわせて記載しましょう。

研究内容や論文についても記入しておきたいですね。ただし、研究内容に関することは冗長になりがちで、読みにくいという印象を与えることもあります。簡潔にまとめられない場合には、別紙にまとめるとよいでしょう。最後に、自己PRや補足などを記せば完成です。

職務経歴書で自身の強みをアピールしよう

転職にあたっては、どのような経験をもちどんな実績をあげてきたのか、転職先でどのような活躍ができるのかを具体的にアピールする必要があります。しかし、職務経歴書を短くシンプルにまとめたり、経歴をだらだらと記載したりするだけでは、自身の強みを十分にアピールできません。

職務経歴書は、採用担当者へのアピールをするためのプレゼンテーション資料です。志望する医療機関がどのような人材を求めているのかを察した上で、自身のセールスポイントを効果的にアピールしていきましょう。

職務経歴書を仕上げたあとは、簡潔かつ分かりやすいか、誤字がないかをじっくりチェックしたいですね。より通過率の高い職務経歴書にするために、家族や友人に添削してもらったり、転職エージェントに確認してもらったりするのもおすすめです。

職務経歴書の作成は骨の折れる仕事ですが、作成を通して自身の志望動機やPRポイントが整理できれば、面接でも自身を持って話をすることができます。

履歴書や職務経歴書の作成に悩んだときには、転職エージェントを利用するのもよいでしょう。女性医師の転職に強いエージェントに相談すれば、転職活動を効率的に進めていくことができますよ。

女性医局は女性医師に特化した転職・就職をサポートしております。

ご紹介先の転職・就職の際は医療機関側へ提出する履歴書・職務経歴書のアドバイスも専任コーディネーターへご相談いただければ、フォームから書き方、他医師がどのように提出しているかなど、アピールポイント含めてご提案させて頂きます。

会員登録は完全無料ですので、お気軽にご相談ください。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

納得? 意外? 女医が「結婚できない」といわれやすい理由5つ

「女医3分の1の法則」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。これは、女医の3分の1は生涯未婚、3分の1は結・・・

記事全文

女医が結婚相手を選ぶなら年下男性がいい? 年下を選ぶメリットとは

「結婚したいけれどなかなか出会いがない」「忙しくて婚期が遠のきがち」と悩んでいる女医さんは少なくないのではないでしょうか・・・

記事全文

転職にあたって、女性医師が「職務経歴書」を作成するときのポイント

医師が転職するときには、職務経歴書の提出を求められることがあります。 多忙な仕事と転職活動を両立する女性医師にとって、職・・・

記事全文

仕事とプライベートを両立したい女性医師におすすめの転科先とは?

近年、働き方改革によってワークライフバランスを重視した働き方を選ぶ方が増加傾向にあります。特に女性医師の場合、結婚や出産・・・

記事全文

強い味方になってくれる! 女性医師に最適な転職エージェントの探し方

医師向けの転職サイトや転職エージェントはかなり多いもの。転職を考えているものの、どんな転職サイトを選べばいいか分からない・・・

記事全文

忙しい女医ママにおすすめ! 家事を時短する便利家電5つ

日々忙しく働く女医ママさんにとって、毎日の家事はとても大変。上手に時短をして負担を少なくしたいですよね。 今の家電は優れ・・・

記事全文

ママ女医を悩ませる「小1の壁」どう対処する?

皆さんは「小1の壁」をご存知ですか? 子どもは成長するほど手がかからなくなると思われがちですが、じつは小学校へ入ることで・・・

記事全文

出産を機に転科する女性医師。その理由と転科先とは?

女性医師の場合、結婚や出産などライフステージの変化によってキャリアチェンジを考える方も多いのではないでしょうか? 家庭を・・・

記事全文

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフ・・・

記事全文

マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー