産後のことも考えておきたい! 女医が産休前にやっておくべきこと4つ

産後のことも考えておきたい! 女医が産休前にやっておくべきこと4つ

女性にとって妊娠出産は一大イベントです。
妊娠中や産後の働き方は医療機関や診療科によってそれぞれですが、いずれにしても体調に気を配りながら周囲と連携を取りながら仕事をすることが肝心といえるでしょう。
円満に産休を取り、産後の仕事にスムーズに復帰するためには、どういったポイントに気をつけるべきなのでしょうか?
この記事では、女医が産休前にやっておきたいことについて解説していきます。

女医が産休に入る前にやっておきたいこと4つ

1. 産休前の手続きを確実に済ませておく

妊娠が判明したら、直属の上司に妊娠を報告し、産休の届け出をするようにしましょう。
きちんと書類の手続きができていないと、産後の復職に支障が出るおそれもあるので気をつけたいですね。
産休前には、産休育休の届け出のほかに出産育児一時金の申請や出産手当金の申請、社会保険料免除の手続きや育児休業給付く金の申請などたくさんの申請が必要になります。
自身がどのような申請をしなければならないかをきちんと把握しておけば、スムーズに手続きを済ませることができます。

2. 引き継ぎを早めに済ませておく

産休を取得するときには、後任者に確実に引き継ぎをしておくことが肝心です。
後任者が決まっていない場合でも、引き継ぎマニュアルを作っておくなど早めに準備を済ませましょう。
相手に伝えにくいポイントや注意すべき点については、マニュアルに写真や図を入れるのも効果的です。
引き継ぎに関する文書を作った上で、後任者が仕事内容を理解できるよう心がけて引き継ぎを済ませておけば、安心して産休に入ることができます。

3. 体調と相談し、無理のない範囲で働く

妊娠中であってもほぼ普段どおりに動けるという女性がいる一方で、つわりや貧血といった体調不良で出勤できなくなる女性も少なくありません。
体調が悪い状態で仕事をしていても効率は上がりませんし、妊娠の経過で万一のことがあったら大変です。
産休前の仕事は、体調と相談しながら計画的に進めていくようにしたいもの。
体調が落ち着いているときにできるだけのことをやり、体調不良の時期には周囲に事情を伝え、無理せずきちんと休むよう心がけましょう。
妊娠高血圧症や妊娠糖尿病などで絶対安静を言い渡され、想定していた期間まで働けない可能性があるという点についても認識しておきたいですね。

4. 今後のキャリアプランを明確にしておく

「専門科のエキスパートとして働きたい」「将来的に開業したい」など、医師のキャリアプランはさまざまだと思います。
理想的な働き方を実現するためにも、何年後にはどういう働き方をしているのかといったプランを具体的に検討することが重要になってきます。
出産を期に、今後どのような医師としてキャリアを積んでいくのかというプランを明確にしておきましょう。

女医が産休に入る前にやっておきたいこと4つ

産後の職場復帰のことを考えて円満に手続きや引き継ぎを済ませておくのが、産休前の働き方のポイントです。

また、お腹の赤ちゃんのことを考え、無理のない範囲で仕事をすることも大切です。
出産という一大イベントを期に女医としてのキャリアプランを明確にし、復職後のことも考えながら産休の準備をしていきたいですね。

産前、産後に転職を検討している先生は、ぜひ女性医局の専任コーディネーターにご相談ください。
今後のキャリアプランを検討中の先生、一時的に育児に専念する先生など、ご希望に沿った常勤、非常勤、スポットアルバイトをご紹介させていただきます。
まずはお気軽に会員登録をしてみてください。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女医なら意識したい! キレイな爪の作り方

指先は人の目線に入りやすく、意外にも周りからチェックされているポイントです。 女医は仕事柄ネイルアートはしづらいですが、・・・

記事全文

女医が開業するなら医師会に入るべき? 加入のメリット・デメリット

女医が開業する際に頭を悩ませるのが医師会への加入。医師会への加入は任意であるため、加入のメリットとデメリットをしっかりと・・・

記事全文

医師は夏休みをいつ取るべき? 医師の夏休み事情をチェックしてみよう

「世の中の医師たちは、長めに夏休みを取れているの?」と気になっている女性医師もいると思います。医師の夏休みは何日間取得す・・・

記事全文

患者さんや看護師の憧れの的になる! 女医のおしゃれのポイントは?

おしゃれな着こなしを意識すれば、女医の仕事へのモチベーションもアップしやすくなるものです。日々の着こなしに上品で女性らし・・・

記事全文

他の医師に嫌われやすい? 最近話題の「ゆるふわ女医」ってどんな人?

近年、ある特徴を持つ女性医師が「ゆるふわ女医」と呼ばれるようになりました。この記事では、ゆるふわ女医の特徴について詳しく・・・

記事全文

女医が出産をするときには産休を取るべき?それとも離職するべき?

女医は、妊娠が判明したら産休・育休を取得することが多いと思います。しかし、出産を期に離職し、子育てが落ち着いてから仕事を・・・

記事全文

産後のことも考えておきたい! 女医が産休前にやっておくべきこと4つ

妊娠が判明したら、産休に向けてさまざまな準備を始める必要があります。女医が産休に入る前には、どのようなポイントに気をつけ・・・

記事全文

女医はセクハラにあいやすい!? 回避する方法とは?

上司や同僚医師から、そして患者からもセクハラ被害を受けているという女医は少なくありません。どのようなケースでセクハラが起・・・

記事全文

女医の平均貯金額ってどのくらい? 貯金のポイントは?

「貯金は大切だとわかっているけどなかなか……」という女医の方は多いのでは? 医師の収入は確かに高いですが、出費も多くなか・・・

記事全文

仕事中でもおしゃれをしたい! 女医のアクセサリーはどこまでOK?

日々忙しく働く女医ですが、女性らしさやさりげないおしゃれは忘れたくないもの。そこで今回は、女医は勤務中でもアクセサリーを・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー