アルバイトという働き方を選ぶ麻酔科医が増えている! その理由とは? 

アルバイトという働き方を選ぶ麻酔科医が増えている! その理由とは? 

大ヒットドラマの影響もあり、最近はフリーで働くアルバイト医師に注目が集まっています。
その中でも、麻酔科医のアルバイトは特に需要が高く、常駐の勤務医よりも少ない勤務時間で同程度の年収を達成できるケースも多いといわれています。
実際のところ、麻酔科医がフリーで働くことにはどういったメリットがあるのでしょうか?
今回は、アルバイトいう働き方を選ぶ麻酔科医が増えている理由や、その実情について紹介します。

麻酔科がスポット勤務向きである理由

麻酔科医の業務範囲は、手術内容に応じた麻酔をかけ、手術中に血圧や脈拍を確認しながら患者の体の管理をし、手術後には麻酔から目覚めさせることです。
麻酔に関する業務のみを専門とするため、他科のように患者の主治医になることはありません。
手術前の検査や手術後のフォローといった患者の病状全般に関わる業務を引き受けるともありませんし、患者やその家族と深くかかわることも少ないのです。
麻酔科医はいわば単発型であるため、アルバイトとしてのスポット勤務にも向いているといえます。

常勤の麻酔科医は多忙な環境に置かれることも

緊急手術に対応しなければならない救急病院では、麻酔科医はオンコールで昼夜を問わず待機したり、手術室を行き来しなければならないような多忙な環境で働くこともあります。
多忙な病院で1日に何件もの全身麻酔を担当するという麻酔科医は、万一の事態を回避するため常に緊張状態が続きます。

こういった職場では、常に気を張っていなければならないため精神的な負担が大きいもの。
多忙なために出産や育児との両立がままならないことに悩む女医も少なくありません。
こういった事情が麻酔科医不足を招き、医師不足によって麻酔科医はさらに過酷な環境に置かれるという悪循環に陥っています。
この悪循環から逃れるため、フリーに転向するという麻酔科医が増えているのです。

アルバイトの麻酔科医が増えている理由

「医学部卒業後には大学病院の医局で研修医として働く」というのはもはや昔の話です。
新しい臨床研修制度では、研修先を自由に選択できるということもあり、かつての医局制度は瓦解しつつあります。
勤務医としてひとつの病院に常駐するのが当たり前という時代には、フリーという働き方を選択する医師はほとんどいませんでした。

しかし、医局制度の解体により、医師の働き方の選択肢は大きく広がることになります。
常勤でいることにメリットを感じないという人を中心に、アルバイトで働く麻酔科医は年々増加しています。

麻酔科医としての働き方を選べる時代

深刻な麻酔科医不足に喘ぎ「フリーの麻酔科医に高い報酬を払ってでも来てほしい」と考えている病院は多いもの。
アルバイトの麻酔科医という働き方には、一定の需要があるといえるでしょう。

常勤の麻酔科医よりもはるかに少ない拘束時間で同程度の年収を達成している麻酔科医は多いもの。
中には出産や育児など家庭の事情に合わせ、仕事量をグッと減らして自分のペースで勤務しているという麻酔科医もいます。

包丁なしレシピ③ 入れるだけ!唐揚げのトマト煮

麻酔科医の業務内容は他科とは異なり単発型のため、フリーとして働きやすいという側面があるのです。
近年の医師不足の深刻化もあいまって、フリーの麻酔科医は増え続けています。
自分に合った自由な働き方を探しているのなら、アルバイトの麻酔科医という働き方を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

離職前にきちんと考えておこう! 女医の復職とブランク期間について

出産や育児といったライフイベントに合わせ、退職や休職を視野に入れているという女医は多いものです。 しかしブランクが空き過・・・

記事全文

女医のシルエットを美しく見せてくれる! 「クラシコ」の白衣の魅力

ファッションに高い関心を持つ女医を中心に、美しいスタイルと抜群の機能性を兼ね備えたクラシコの白衣の人気が高まっています。・・・

記事全文

アルバイトという働き方を選ぶ麻酔科医が増えている! その理由とは? 

大ヒットドラマの影響もあり、最近はフリーで働くアルバイト医師に注目が集まっています。 その中でも、麻酔科医のアルバイトは・・・

記事全文

忙しい女医さんにおすすめ! 包丁なしで作れる簡単おいしいレシピ3選

女医の仕事は忙しく、その日一日の仕事を終えるときにはすっかりクタクタになっていることも多いでしょう。 そのような状態で、・・・

記事全文

医師の「外来アルバイト」その仕事内容やお給料について

医師のアルバイトには病棟管理や健康診断など多くの種類がありますが、その中のひとつに外来があります。 外来は医師のアルバイ・・・

記事全文

医師がアルバイトをするときのバイト先の探し方

医師のアルバイトは、相場が時給1万円と高額なことで知られています。 しかし、高額な報酬を支払う分、採用側は、手取り足取り・・・

記事全文

医療現場も例外ではない! 医師の働き方改革とはどんな内容?

政府が推し進めている「働き方改革」は、労働人口の減少に対応するため、現在の働き方の課題に対応していこうというもの。 医療・・・

記事全文

美容外科への転科で女性医師が得られるメリット3つ

医師としてのキャリアを諦めることなく、希望通りの働き方を手に入れたいなら、女性医師は美容外科への転科が向いています。 仕・・・

記事全文

プライベートでもつい出ちゃう! 女医が感じる職業病

どんな職業にも職業病はありますが、女医の職業病は度合いが強すぎるとその専門性が強すぎるため、周囲の人をびっくりさせてしま・・・

記事全文

【女医のキャリアプラン】転科するのに最適な年齢とは?

女医として働くといっても、必ずしも同じ診療科で働き続けるわけではありません。特に女性の場合は「結婚」や「出産」といったラ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー