学校・保育所での「誤食」問題とは? 食物アレルギー対策はしている?

学校・保育所での「誤食」問題とは? 食物アレルギー対策はしている?

食物アレルギーと診断された子どもは、日々の食事はもちろん、生活の中でも注意すべきことがたくさんあります。特に、学校や保育所に通う子どもの場合、家を出てから帰宅するまでの間は母親の目を離れることになるため、子ども本人や学校の先生にアレルギーのことをきちんと理解してもらわなければなりません。
しかし、いくら注意をしていても、知らない間にアレルゲンとなる食品を口にして「誤食」のトラブルを引き起こす子どももいます。
食物アレルギーを持つ子どもを育てながら働いているママドクターにとって、このトラブルは気がかりになるでしょう。そこで今回の女性医局ニュースでは、食物アレルギーの子どもが誤食を引き起こす原因や、学校や保育所での誤食対策についてご紹介します。

学校・保育所での「誤食につながる問題(ヒヤリ・ハット)」は多い!?

日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図2】
(日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図2】引用)

日清オイリオグループ株式会社は、学校や保育所で給食づくりに従事している栄養士や管理栄養士に対し「食物アレルギーに関する実態調査」というアンケートを実施しました。
このアンケート内容の1つに「現在従事している施設において、誤食につながる問題(ヒヤリ・ハット)の発生はありましたか?」という質問がありましたが、なんと約6割の方が「ある」と回答。
ヒヤリ・ハットとは、重大なトラブルには至らないものの、一歩間違えたら大きな問題になることもある事態を発見したときを表す言葉。実際に誤食は起こらなかったものの、その一歩手前の状態を経験している方が意外にも多いことがわかります。

誤食につながる問題の内容とは?

日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図3】
(日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図3】引用)

現在従事する施設において、食物アレルギーの誤食につながる問題を経験したことがあると回答した約6割の栄養士と管理栄養士を対象に、「どのような問題を経験しましたか?」というアンケートを行いました。
すると、1番多く回答されたのが41.3%の「誤配」となり、次いで39.7%の「原材料での混入」が続く結果となりました。この他にも「調理過程での混入(30.2%)」「食べる側による誤食(23.8%)」などが挙がり、給食を作るときだけではなく、配膳するときや食べるときにも誤食トラブルの原因が隠されていることがわかります。

学校や保育所で行っている食物アレルギーへの対応とは?

日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図4】
(日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図4】引用)

誤食につながる問題の発生が少なくないことがわかりましたが、これを防ぐためにも、たくさんの学校や保育所で食物アレルギーへの対策が取られています。
特に多くの学校や保育所で取り入れられているのが「献立表の改善(78.6%)」「食札の工夫(75.7%)」「複数人によるチェック(68%)」でした。いずれも50%を大きく上回り、たくさんの学校や保育所で誤食につながる問題への対策が行われているとわかります。
一方、「代替食品の活用」や「食物アレルギーの原因になる食材をできるだけ使用しない」などの調理面での対策は、すでに実施していると回答した方は48.5%と半分を切る結果に。食事のメニューにこだわることで誤食につながる問題の発生はより少なくなることが予想されますが、実際に取り入れようとするのは難しいことのようです。

学校・保育所での「誤食」問題とは? 食物アレルギー対策はしている?

育児と仕事を両立し、我が子と患者の両方の命を守るママドクターにとって、学校や保育所での誤食トラブルには不安があることでしょう。
しかし、今回のアンケート結果からわかったように、積極的に食物アレルギー対策を行っている学校や保育所もあります。子どもの安全を守るためにも、我が子が通う学校や保育所はどんな対策を取っているのかチェックしてみることをおすすめします。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女性医師が活躍する? 人気の「予防接種」アルバイトとは?

妊娠や出産、育児などを機に病院を辞め、専業主婦になったという女性医師は少なくありません。しかし、子どもが成長して手がかか・・・

記事全文

学校・保育所での「誤食」問題とは? 食物アレルギー対策はしている?

食物アレルギーと診断された子どもは、日々の食事はもちろん、生活の中でも注意すべきことがたくさんあります。特に、学校や保育・・・

記事全文

食物アレルギーの「除去食」は栄養不足の原因になる? 対策方法とは?

子どもが食物アレルギーであると診断されると、毎日の食事作りには注意が欠かせません。 アレルギーの対象となる食品を避けて朝・・・

記事全文

食物アレルギーの子どもを持つ母親が食事で気をつけていることは?

食物アレルギーの子どもを持つお母さんは、食事づくりに注意が必要になります。献立を考える際も、食物アレルギーの子どもも家族・・・

記事全文

代替食品は普及している? 学校・保育所の対応と主な代替食材

食物アレルギーの子どもに食事を作る際は、アレルギー対象の原料を確実に排除することが大切です。 たとえば、卵アレルギーを持・・・

記事全文

食物アレルギーの学校・保育所での誤食の実態は? 実態と基礎方針

子どもが食物アレルギーと診断された場合、食品の購入や食事を作る際には注意が欠かせません。子どもと一緒に食事をとる自宅では・・・

記事全文

フリーランスの女性医師は意外と多い? メリットとデメリットを比較

フリーランスの女医をテーマにしたドラマが一躍話題となりましたが、本当に存在するのかと疑問に思う方も多いでしょう。 実は、・・・

記事全文

食物アレルギー改善のために用いられる「経口減感作療法」とは?

食物アレルギーと診断されると、食物除去や定期的な検査などを行わなければならず、日々の食事にも注意が必要です。 一般的には・・・

記事全文

食物アレルギーの食事療法のポイントとは? 

食物アレルギーを持つ子ども本人はもちろんですが、その母親や父親、兄弟などもアレルギーに合わせた食事をとらなければならない・・・

記事全文

食物アレルギー診断後の母親の変化と世間に求めることとは

子どもが食物アレルギーと診断されると、毎日の食事作りや栄養管理に悩みますよね。アレルギーの症状が重い場合には、命に関わる・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー