食物アレルギーの学校・保育所での誤食の実態は? 実態と基礎方針

食物アレルギーの学校・保育所での誤食の実態は? 実態と基礎方針

子どもが食物アレルギーと診断された場合、食品の購入や食事を作る際には注意が欠かせません。子どもと一緒に食事をとる自宅ではアレルギー対策をすることができるものの、保育所や学校ではどのような対策が行われているのかと不安に思う方も多いでしょう。
食物アレルギーの子どもに対して注意すべき点はいくつかありますが、中でも「誤食」は命に関わることがあるトラブルです。
そこで今回、女性医局のコラムでは「学校や保育所での誤食」についてご紹介します。
日清オイリオグループ株式会社が行った「第3回食物アレルギーに関する実態調査」のアンケートをもとに、学校や保育所での「誤食」の実態について見ていきましょう。

施設における食物アレルギー対応の基本方針

日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図1】
(日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図1】)

日清オイリオグループは、2012年度より食育活動の一環として食物アレルギーに関する実態調査を実施しています。
学校・保育所などの給食に従事し、食物アレルギー対応を行っている栄養士・管理栄養士103名を対象に調査が行われました。
食物アレルギー対応の基本方針について聞いたところ、「代替食対応(16.5%)」「除去食対応(33.0%)」という結果に。約半数が食物アレルギーに対応した食品を提供していることが分かります。

食物アレルギーを考慮した献立づくりへの取り組み

日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図7】
(日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図7】)

食物アレルギーを持つ子どもは、周りの子どもたちと同じメニューを食べられないことがあります。
食物アレルギーを持つ子どもも含め、子どもたち全員が同じ給食が食べられるよう、なるべく食物アレルギーの原因になる食材を使わない献立づくりへの取り組みについて調査しました。
「すでに取り組んでいる(43.7%)」「今後、取り組む予定である(21.4%)」と約6割の保育所や学校で食物アレルギーを考えた献立づくりへの取り組みが行われていることが分かります。
食物アレルギーを持つ子どもが、周りの子どもたちと同じ給食を食べることができるとうれしいですね。

誤食につながる問題の発生

日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図2】
(日清オイリオグループ 第3回食物アレルギーに関する実態調査【図2】)

アンケート当時、従事している施設に誤食につながる問題(ヒヤリ・ハット)の発生があったか聞いたところ、61.2%が「ある」と回答しました。
「先生から子どもたちへ給食を配る際に食物アレルギーを持つ子どもにアレルゲンを含む食品を配膳しそうになった」
「園児同士がおやつを交換していたが、担任が気づき誤食を防ぐことができた」
このようなヒヤリ・ハットした体験が挙げられました。
また、学校や保育所内での誤食につながるトラブル以外にも、「給食の調理過程で原材料の混入」「調理器具を洗わずに使い回す」などが原因で誤食が発生しています。
確実に防ぐことは難しいですが、食物アレルギーは命に関わるものです。
食物アレルギーの子どもたちの誤食を発生させないよう、給食を作る側、保育所・学校側両方の注意が必要であるといえます。

食物アレルギーの学校・保育所での誤食の実態は? 実態と基礎方針

食物アレルギーの子どもを持つ母親として、保育所や学校で同じ給食が食べられるよう取り組みがなされていることはとてもうれしいことです。しかし、対策をしていてもごくわずかな注意不足で誤食が生まれてしまう可能性があります。子どもが通う保育所・学校では、献立作りにどのような取り組みがされているのか確認してみましょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

食物アレルギーの「除去食」は栄養不足の原因になる? 対策方法とは?

子どもが食物アレルギーであると診断されると、毎日の食事作りには注意が欠かせません。 アレルギーの対象となる食品を避けて朝・・・

記事全文

食物アレルギーの子どもを持つ母親が食事で気をつけていることは?

食物アレルギーの子どもを持つお母さんは、食事づくりに注意が必要になります。献立を考える際も、食物アレルギーの子どもも家族・・・

記事全文

代替食品は普及している? 学校・保育所の対応と主な代替食材

食物アレルギーの子どもに食事を作る際は、アレルギー対象の原料を確実に排除することが大切です。 たとえば、卵アレルギーを持・・・

記事全文

食物アレルギーの学校・保育所での誤食の実態は? 実態と基礎方針

子どもが食物アレルギーと診断された場合、食品の購入や食事を作る際には注意が欠かせません。子どもと一緒に食事をとる自宅では・・・

記事全文

フリーランスの女性医師は意外と多い? メリットとデメリットを比較

フリーランスの女医をテーマにしたドラマが一躍話題となりましたが、本当に存在するのかと疑問に思う方も多いでしょう。 実は、・・・

記事全文

食物アレルギー改善のために用いられる「経口減感作療法」とは?

食物アレルギーと診断されると、食物除去や定期的な検査などを行わなければならず、日々の食事にも注意が必要です。 一般的には・・・

記事全文

食物アレルギーの食事療法のポイントとは? 

食物アレルギーを持つ子ども本人はもちろんですが、その母親や父親、兄弟などもアレルギーに合わせた食事をとらなければならない・・・

記事全文

食物アレルギー診断後の母親の変化と世間に求めることとは

子どもが食物アレルギーと診断されると、毎日の食事作りや栄養管理に悩みますよね。アレルギーの症状が重い場合には、命に関わる・・・

記事全文

母親の食物アレルギーに関する知識と今後の不安について

子どもが成長するに伴い食べられる食材や料理が増えると、母親としては嬉しく感じますよね。しかし、子どもの食事内容が大人に近・・・

記事全文

子どもの食物アレルギーに対する夫婦間の理解度の違いとは?

食物アレルギーの子どもを持つ母親にとって、毎日の食事作りや食品購入の際の配慮は欠かせません。アレルギー対象の食材を避けて・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー