メディカルドクターに転職するのはアリ? 仕事内容や必要スキルについて

メディカルドクターに転職するのはアリ? 仕事内容や必要スキルについて

メディカルドクターとは、どのような仕事かご存知ですか? 同じドクターでも、臨床医ではなく製薬会社に勤める医師のことです。外資系製薬会社では、製品開発から販売後の評価まで一貫して携わる重要なポジションとして認知、確立されています。今回は、そのメディカルドクターについて、仕事内容や転職するメリット、転職に必要なスキルをご紹介します。

メディカルドクターとは?

メディカルドクターとは、製薬会社に勤務する医師のことで、企業内医師とも呼ばれます。その仕事は、新薬の開発や市販後の安全性評価、最新の医学情報のリサーチなどです。新薬開発の場合には、治験データの解析や厚労省に提出する書類に医師としての見解を示し、市販後の安全性評価では、販売後に発見された副作用の検証、市場調査などを担当します。

製薬会社には医薬品の特許権があり、その期間は20年間と定められています。それ以降はジェネリックメーカーとの価格競争に勝たなければならないため、新薬の研究開発が製薬会社の生命線であり、そこに医学的知見を持ったエキスパートの存在が求められています。近年では国際的な競争が激しくなっていることから、よりスピーディーに対応する必要があります。

また、PMDA(医薬品医療機器総合機構)には医師が数多く勤務しているため、対等に渡り合える人材が必要です。このようなことから、製薬会社はメディカルドクターを必要としています。

転職のメリット

製薬会社に勤務する社員のひとりとして働きますので、営業やマーケティング、経営企画(人事や財務、広報、ITなど)、工場、外資系の場合は本国など、さまざまな部門の人達と連絡を取り合って仕事を進めていく必要があります。製薬会社の一社員として、病院の先生とお話をすることもあるかもしれません。
しかし、企業勤めを受け入れることができれば、一般的に病院勤務よりもQOLが良くなります。採用している制度に違いはありますが、製薬会社などの一般企業には次のような制度がありますので、プライベートの時間を確保しやすいといえます。

・週休二日制(土日休み)、長期休暇(GW、夏休み、冬休み)
・当直やオンコールがない
・フレックスタイム制度や時短勤務、在宅勤務などの勤務形態が選択可能
・産休や育休制度、復職時のサポートがある
・英語などの研修制度
・学会への参加は業務の一環(必要に応じて海外出張も)
・副業が許されている場合がある(臨床経験を絶やさないため)

転職に必要なスキル

製薬会社がメディカルドクターに求める条件は、おおよそ次のとおりです。

・医師免許 博士号やMBAがあれば尚可
・内科や外科での臨床経験3~5年以上
・コミュニケーション能力があり、チームプレイができること
・英語力(読み書き可、日常会話程度)TOEICスコアや留学経験があれば尚可

医師免許は必須ですが、それ以外の条件について不足すると感じることがあっても、興味があればまず応募をしてみましょう。採用試験そのものも、コミュニケーション能力をアピールできるチャンスのひとつです。

転職に必要なスキル

メディカルドクターは、目の前にいる患者さんを直接診断、治療するのではなく、医薬品をとおして非常に多くの患者さんを助ける仕事です。「先生」と呼ばれなくても、「先生」扱いされなくても、患者さんのために働ける方に向いているといえるでしょう。欧米では認知度も社会的地位も高いメディカルドクターは、日本でも今後ますます需要が伸びていくことが見込まれています。医師のキャリアパスのひとつとして、検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

専門技術を有効活用しよう! 「透析」のアルバイト医師の仕事内容とは

現在、全国には透析が必要な患者が30万人以上おり、その総数は年々増加しています。 今後も人工透析の需要は増加すると考えら・・・

記事全文

女性医師が職場復帰する前にやっておきたいこと3つ

女性医師が産休・育休明けに職場復帰する際には、準備しておかなくてはならないことがいくつかあります。 子どもがいると、勤務・・・

記事全文

ニーズが高いって本当? 「小児科」が女性医師に向いている理由とは

医師として働くときには、専門とする診療科を選ぶ必要があります。女性医師は出産や子育てを経験することも多いため、ライフステ・・・

記事全文

女医は恋愛弱者って本当!? 女医が結婚するためにやるべきこと

2012年の総務省「就業構造基本調査」によると、女性医師の35.9%が未婚であることが明らかになりました。 女医が結婚し・・・

記事全文

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

女医がネット婚活をスムーズに行うためのコツ3つ

戦前は見合い結婚が7割を占めていましたが、1960年代後半に見合い結婚と恋愛結婚の割合が逆転し、現在は9割近くが恋愛結婚・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー