需要が拡大中!? 産業医になるために必要な資格とは?

需要が拡大中!? 産業医になるために必要な資格とは?

過労死や長時間労働などからくるメンタルヘルス不調の話題を耳にすることが多くなり、国を挙げての「働き方改革」が進められる中、産業医への注目が高まっています。厚生労働省の調査によると、2016年3月時点で産業医の数は約9万人です。それに対し、産業医を選任する義務のある50人以上の規模の事業所数は全国で約16万5千と、産業医が不足していることが分かります。このように今後も需要の増加が見込まれる産業医について、資格取得に必要な条件をご紹介します。

産業医の要件

日本医師会によると、産業医に必要な要件は労働安全衛生規則第14条第2項で次のように定められています。

1.厚生労働大臣の指定する者(日本医師会、産業医科大学)が行う研修を修了した者
2.産業医の養成課程を設置している産業医科大学その他の大学で、厚生労働大臣が指定するものにおいて当該過程を修めて卒業し、その大学が行う実習を履修した者
3.労働衛生コンサルタント試験に合格した者で、その試験区分が保健衛生である者
4.大学において労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授、常勤講師又はこれらの経験者
5.その他厚生労働大臣が定める者

産業医の資格を取得するには

産業医になるために必要な資格は、日本医師会認定産業医です。研修を受講する場合、1時間を1単位として、所定のカリキュラムに基づく産業医学基礎研修を50単位以上修了する必要があります。資格は研修終了後に日本医師会に申請します。認定期間は5年間で、更新には産業医学生涯研修を20単位取得しなければなりません。

日本医師会の研修を受ける

産業医の要件1に該当します。日本医師会および都道府県医師会が実施します。実施時期や期間などは実施する医師会によって異なりますので、ご確認ください。

産業医科大学の研修を受ける

産業医の要件1に該当します。6日間で50単位を取得する夏季集中講座です。東京で講座が開かれることもあります。

労働衛生コンサルタント試験に合格する

産業医の要件3に該当します。労働衛生コンサルタント試験に保健衛生区分で合格することが必要です。試験は筆記と口頭により行われ、医師は筆記試験の一部免除を受けることができます。日本医師会の「産業医学講習会」もしくは産業医科大学の「産業医学基本講座」を受講した医師は、筆記試験が全て免除されます。

産業医研修の詳細について

産業医研修についての詳細は、次のホームページからご確認ください。日本医師会雑誌や各都道府県の医師会会報などにも情報が掲載されます。

・日本医師会:http://jmaqc.jp/sang/index.php
・各都道府県医師会:http://www.med.or.jp/link/search.html
・産業医科大学:http://www.uoeh-u.ac.jp/index.html
・産業医学振興財団:http://www.zsisz.or.jp/

産業医研修の詳細について

日本医師会もしくは産業医科大学による所定の研修を受けることや、労働衛生コンサルタントの保健衛生区分で合格することなどによって、日本医師会認定産業医の資格を取得することができます。産業医になるためのコースは複数用意されていますので、適切なものを選択しましょう。「働き方改革」の追い風を受けて、産業医の需要はこれからますます高まることが見込まれます。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

専門技術を有効活用しよう! 「透析」のアルバイト医師の仕事内容とは

現在、全国には透析が必要な患者が30万人以上おり、その総数は年々増加しています。 今後も人工透析の需要は増加すると考えら・・・

記事全文

女性医師が職場復帰する前にやっておきたいこと3つ

女性医師が産休・育休明けに職場復帰する際には、準備しておかなくてはならないことがいくつかあります。 子どもがいると、勤務・・・

記事全文

ニーズが高いって本当? 「小児科」が女性医師に向いている理由とは

医師として働くときには、専門とする診療科を選ぶ必要があります。女性医師は出産や子育てを経験することも多いため、ライフステ・・・

記事全文

女医は恋愛弱者って本当!? 女医が結婚するためにやるべきこと

2012年の総務省「就業構造基本調査」によると、女性医師の35.9%が未婚であることが明らかになりました。 女医が結婚し・・・

記事全文

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

女医がネット婚活をスムーズに行うためのコツ3つ

戦前は見合い結婚が7割を占めていましたが、1960年代後半に見合い結婚と恋愛結婚の割合が逆転し、現在は9割近くが恋愛結婚・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー