検体測定室の普及に「検体測定室連携協議会」が発足

全国の薬局などに開設が広がっている検体測定室。普及と質の向上のために、27日「検体測定室連携協議会」が発足された。

(参照:涙で血糖値測定 Google開発の「スマートコンタクトレンズ」

Photo:Home A1C By:cogdogblog
Photo:Home A1C By cogdogblog

検体測定室は、指先からの自己採取により糖尿病のHbA1c値を簡易に測定したり、血糖値測定などができる。国の「治療から予防へ」という政策を受けて昨年の3月に薬局などに開設が可能となり、1年間で1000カ所で開設された。しかし、検体測定室の安全管理や医療機関との連携が不十分なために、簡易検査で満足してしまう利用者も増えることが懸念されていた。そういった問題点の対策として、27日、検体測定室連携協議会が発足。質の向上の図るとともに、3年間で検体測定室を約5000か所にまで増やすことを目指す。

検体測定室連携協議会は、筑波大准教授の矢作直也氏が座長を務め、マニュアルを作成し開設を支援したり、データの収集、研究のほか、利用者が検体測定を利用しやすいように登録薬局を検索できるようにするなどの取り組みを行っていく。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

仕事とプライベートを両立したい女性医師におすすめの転科先とは?

近年、働き方改革によってワークライフバランスを重視した働き方を選ぶ方が増加傾向にあります。特に女性医師の場合、結婚や出産・・・

記事全文

強い味方になってくれる! 女性医師に最適な転職エージェントの探し方

医師向けの転職サイトや転職エージェントはかなり多いもの。転職を考えているものの、どんな転職サイトを選べばいいか分からない・・・

記事全文

忙しい女医ママにおすすめ! 家事を時短する便利家電5つ

日々忙しく働く女医ママさんにとって、毎日の家事はとても大変。上手に時短をして負担を少なくしたいですよね。 今の家電は優れ・・・

記事全文

ママ女医を悩ませる「小1の壁」どう対処する?

皆さんは「小1の壁」をご存知ですか? 子どもは成長するほど手がかからなくなると思われがちですが、じつは小学校へ入ることで・・・

記事全文

出産を機に転科する女性医師。その理由と転科先とは?

女性医師の場合、結婚や出産などライフステージの変化によってキャリアチェンジを考える方も多いのではないでしょうか? 家庭を・・・

記事全文

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフ・・・

記事全文

マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。・・・

記事全文

どんな時期に出産すべき? 女性医師の出産のタイミングについて

医師にとって、自身のキャリアプランを考えることはとても重要といえます。とくに、女性医師の場合は「いつごろ妊娠出産をすべき・・・

記事全文

女医の結婚相手はやっぱり「医師」がいい? その理由とは?

女医の結婚相手で最も多いのは、同職の男性医師です。 女医の結婚相手が男性である率は、日経メディカル誌が2009年におこな・・・

記事全文

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー