検体測定室の普及に「検体測定室連携協議会」が発足

全国の薬局などに開設が広がっている検体測定室。普及と質の向上のために、27日「検体測定室連携協議会」が発足された。

(参照:涙で血糖値測定 Google開発の「スマートコンタクトレンズ」

Photo:Home A1C By:cogdogblog
Photo:Home A1C By cogdogblog

検体測定室は、指先からの自己採取により糖尿病のHbA1c値を簡易に測定したり、血糖値測定などができる。国の「治療から予防へ」という政策を受けて昨年の3月に薬局などに開設が可能となり、1年間で1000カ所で開設された。しかし、検体測定室の安全管理や医療機関との連携が不十分なために、簡易検査で満足してしまう利用者も増えることが懸念されていた。そういった問題点の対策として、27日、検体測定室連携協議会が発足。質の向上の図るとともに、3年間で検体測定室を約5000か所にまで増やすことを目指す。

検体測定室連携協議会は、筑波大准教授の矢作直也氏が座長を務め、マニュアルを作成し開設を支援したり、データの収集、研究のほか、利用者が検体測定を利用しやすいように登録薬局を検索できるようにするなどの取り組みを行っていく。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

食物アレルギー対応の食事作りで母が抱える悩みとは?

患者数の約80%が子どもだと言われている食物アレルギー。小さなお子さんを持つ方や、これから母親になる予定の方にとっては気・・・

記事全文

当直前にチェック! 仮眠サポートアイテムで仕事の効率アップ

入院患者の対応や緊急時の対応に備えて待機する当直医。当直明けにそのまま日勤に努めなければならないことも少なくありませんよ・・・

記事全文

4割が過労死ライン越え 「医師の働き方検討委員会」が目指す改革

長時間労働や労働人口の減少が問題となっている近年、政府は労働時間の見直しや生産性向上のための人材確保を目指して“働き方改・・・

記事全文

統合失調症の治療に使われる「抗精神病薬」の安全性と課題点

妄想や幻覚、または感情の平板化や無気力といった症状を引き起こしてしまう“統合失調症”。およそ100人に1人がかかると言わ・・・

記事全文

効率・衛生面でのデメリットを解消! 「セルフガウン」とは?

主に外科手術などの際に身に着けるガウンは、患者と医療従事者双方の安全を保護するために欠かすことのできない重要なアイテム。・・・

記事全文

梅雨バテ予防におすすめの簡単さっぱりレシピ

雨で湿度が高くなる梅雨時は、ついつい気持ちまでどんよりしてしまいますよね。 晴れ間の暑さと雨降りの肌寒さが繰り返されるこ・・・

記事全文

患者は見ている! 女医が注意したい“身だしなみ”のポイント

日中の診察業務や手術などに加え、当直や夜勤もこなし常に時間に追われながら忙しい日々を送る医師。繰り返される多忙の毎日では・・・

記事全文

次世代の免疫治療「CAR遺伝子治療」とは?

世界各国で研究が進められ、2017年度から日本国内における臨床試験が開始された「CAR遺伝子治療」。次世代のがん治療法と・・・

記事全文

活用層は約3割!? 再確認しておきたい「お薬手帳」の重要性

震災のときには処方箋の代わりとして活躍したり、過去に服用した薬の履歴が分かったりと、大変便利で患者の役に立つ「お薬手帳」・・・

記事全文

どう接する? 医師の患者家族との接し方

家族の中に重症患者や長期の入院患者を持つ方にとって、医師や病院は心の支えとなっているもの。とくに患者の容態が悪化したり急・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー