フリーランスの女性医師、現実には稼ぐことはできるの?

近年は「フリーランス医師」として働きたい女性医師が増加しています。しかし、「実際にフリーランスになったら生活水準を落とさず、しっかりと収入を得ることができるの?」と不安に思う方もいるでしょう。

そこで今回は「フリーランスになるとどのぐらい稼げるのか」「女性医師がフリーランスで働くメリット」などを考察していきます。

フリーランスの女性医師はどのぐらい稼げる?

女性医師の働き方を大まかに分けると、常勤(病院勤務)、開業医(病院や診療所を開設した医師)、非常勤の3種類があります。さらに非常勤は、決められた曜日や時間だけ働く「定期非常勤」と、単発で働く「スポット」の2つに分けられます。

定期非常勤の場合、中~長期的に同じ病院で勤務するため、収入が安定しやすいのがメリットです。

時給相場は1万円~1.5万円ほどで、整形外科や訪問診療など、科目や勤務先によっては高時給に設定されている場合もあります。

フリーランスは自分の都合に合わせて勤務日数を増やしたり減らしたりすることができます。勤務日数を増やしたり、定期非常勤とスポットを組み合わせたりすれば、常勤と同じ(もしくはそれ以上の)収入を得ることも可能です。

ちなみに近年では「普段は常勤で働いているが、“プラスアルファ”の収入を得る副業として非常勤で働く」いう女性医師も多くなっています。

女性医師がフリーランスで働くメリットは?

女性医師がフリーランスで働くと、さまざまなメリットがあります。

自分の都合に合わせて働ける

フリーランスになると「日勤だけ」「特定の曜日だけ」という風に、自分の都合に合わせて勤務時間を調整できるようになります。

そのため、妊娠中の方や、小さなお子さんがいるため仕事量をセーブしたいという方には、おすすめの働き方だといえるでしょう。

収入アップが見込める

フリーランスで働く場合、多くの人にとって1番の懸念材料となるのが「収入」でしょう。

常勤の勤務医の平均年収は約1500万円だといわれていますが、フリーランスの場合は時給1万円~1.5万円が相場です。

この時給で計算してみると、週に32時間ほど勤務をすれば1か月の月収は128万円となり、1年では1536万円もの収入を得ることができるのです。

このように、働き方を工夫すれば、勤務医以上の年収を稼ぐことが充分可能ですよ。

ちなみに、麻酔科や整形外科、訪問診療など、科によっては時給が高く設定されている場合もあります。

精神的・肉体的負担が減る

常勤の場合は残業や夜勤、勤務時間外の呼び出しなどで、仕事の負担が重くなりがちなもの。

フリーランスで働く場合は、契約した勤務時間だけきっちり働けばよいので、精神的・肉体的な負担を減らすことができます。

フリーランスか常勤か、自分に合う働き方を選ぼう

常勤からフリーランスへ転身することに少なからずの不安を感じる方は多いかもしれません。しかしその一方で時間の融通が利きやすいことや、収入面などにおいてメリットが感じられるのも確かです。

常勤の勤務医として働くか、フリーランスとして働くか。ワークライフバランスや家族のことを考慮しつつ、最善の道を探ってみてはいかがでしょうか?

女性医局、健診医局ではフリーランスとして働く女性医師が勤務できる、スポット非常勤、定期非常勤の求人を多数掲載しております。

現在は子育てを中心に人生設計を立てている医師、またはボランティアや起業家、アドバイザーなど多様な生き方が選択できる時代です。ライフスタイルに合わせて勤務先や勤務形態のご紹介が可能ですので、お気軽にご相談ください。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

高収入がコンプレックスになる? 女医の「お金」にまつわるお悩みとは

女医の仕事は、一般的な職業に比べ圧倒的に高収入です。お金はあればあるほど幸せと思われがちですが、実は収入がコンプレックス・・・

記事全文

女医におすすめのまとめ髪。今っぽくて清潔感のあるスタイルの作り方

女性らしい雰囲気のセミロングやロングヘアにしたいという女医にとって悩ましいのは、仕事中のヘアスタイルのこと。医療の仕事に・・・

記事全文

スキマ時間で気軽に試せる! 女医におすすめの「ストレス解消法」5つ

医師の仕事はストレスがたまりやすく、ついイライラしてしまうという方も少なくないと思います。また、月経前症候群(PMS)の・・・

記事全文

人それぞれでいい! 女性医師が知っておきたい「働き方の選択肢」とは

医療業界における女性医師の割合は年々増加しており、特に20代の女性医師が活躍する臨床現場は近年急増しています。しかし、そ・・・

記事全文

産後の女性医師はどんな道を選ぶべき? 働き方の事例をチェックしよう

産後は女性医師の生活が大きく変わります。育児をしながらこれまでと同じように働いていくのはなかなか難しいため、働き方やキャ・・・

記事全文

忙しい女医こそ趣味を作ろう! おすすめの趣味7選

毎日を忙しく過ごしている女医さんは、疲れやストレスが溜まりがちなもの。気力・体力ともに健康でいるためには、リフレッシュで・・・

記事全文

婚活アプリでの出会いはアリ? 女医の婚活手段に向いている!?

女医さんの中には婚活をしているという方も多いのではないでしょうか。さまざまな婚活手段の中でもっとも敷居が低いのが「婚活ア・・・

記事全文

女性医師の転職面接、どんな服装が正解? 印象アップの着こなし術

転職面接において、服装は第一印象に大きく関わるポイントです。女性医師が面接に臨む際には、どのような服装が最適なのでしょう・・・

記事全文

フリーランスの女性医師、現実には稼ぐことはできるの?

近年は「フリーランス医師」として働きたい女性医師が増加しています。しかし、「実際にフリーランスになったら生活水準を落とさ・・・

記事全文

納得? 意外? 女医が「結婚できない」といわれやすい理由5つ

「女医3分の1の法則」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。これは、女医の3分の1は生涯未婚、3分の1は結・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー