ママ女医を悩ませる「小1の壁」どう対処する?

皆さんは「小1の壁」をご存知ですか? 子どもは成長するほど手がかからなくなると思われがちですが、じつは小学校へ入ることでさまざまな問題が出てくるのです。そのことが働くママの頭を悩ませることから、主にワーキングマザーの間で「小1の壁」と呼ばれています。

そこで今回の女性医局コラムでは、この「小1の壁」とは具体的にはどのような問題のことをいうのかをご説明した後、その対処法についてもお話しいたします。

「小1の壁」にはどんな問題がある?

学童保育の運営時間が短い

保育園では夕方を過ぎても子どもを預かってもらえていたため、なんとかフルタイム勤務を続けてこられたというママ女医さんは多いでしょう。しかし、小学校のあとに子どもを預ける学童の運営時間は短くなります。学童は基本的に17~18時ごろには閉まってしまうのです。

病院によっても異なりますが、時短勤務は小学校入学前までのところが多いのに、子どもは保育園の頃より早く帰宅します。しかし、親の帰宅時時間は変わらないどころかむしろ遅くなってしまいます。これは「小1の壁」のいちばん大きな問題といえるでしょう。

育児へのフォローがより必要になる

小学校に入ると保育園の頃より、親の参加やフォローしなければならない物事が増えてきます。

保育園の頃は、登園する際それほど大変でなかった持ち物の準備も、小学校へ入ると途端に必要な持ち物が増えます。小1になったからといっていきなり自分ですべての持ち物を用意することは難しいので、しばらくは忘れ物をしないように親のサポートが必要になります。お弁当が必要な日にはお弁当も持たせてあげる必要があるでしょう。

また、子どもの持ち帰ってくるプリントや宿題のチェックなども欠かせません。

さらには、PTA役員の会合や授業参観などの学校行事は平日におこなわれることが多いので、このこともママ女医の頭を悩ませる要因になっています。

「小1の壁」はどう乗り越える?

さまざまな問題を抱えている「小1の壁」ですが、どのように対処すればいいのか考えていきましょう。

学童保育の運営時間が短いという問題ですが、この問題には子どもがひとりで学童へ通えるように、仕事が休みの日に一緒に行って練習をするという対処法をとっているママさんもいるようです。しかしまだ小1です。少し心配ですよね。そこでもうひとつの方法は、ベビーシッターに子どもの送り迎えを依頼するという方法です。ひとりで抱え込まずに頼れるものには頼ることも大切なのかもしれませんね。

次の日の持ち物の準備ですが、はじめは全部ひとりでおこなうのは難しいので、最初のうちだけ一緒に準備をして、慣れてきたらチェックのみ、最終的には自分ひとりでおこなえるようにサポートしてあげると良いでしょう。

また忙しいママ女医さんを悩ませるお弁当作りですが、色合いにこだわるなどしてお弁当作りを楽しんでみてはいかがでしょうか? 「忙しいのにママは頑張ってお弁当を作ってくれた!」と子どもも喜ぶことでしょう。

また、育児はひとりで抱え込まず、パートナーと分担しておこなうことも大切ですよ。

小学校へ行くようになるとさまざまな問題が出てきます。

ひとりで抱え込まず、先輩ママさんにアドバイスをもらったり、ベビーシッターを活用したり上手く工夫をして乗り越えてきましょう。子どもも小学生になってはじめてのことに戸惑うこともあるでしょう。子どもと一緒に成長していくつもりで乗り越えていけたらいいですね。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

忙しい女医ママにおすすめ! 家事を時短する便利家電5つ

日々忙しく働く女医ママさんにとって、毎日の家事はとても大変。上手に時短をして負担を少なくしたいですよね。 今の家電は優れ・・・

記事全文

ママ女医を悩ませる「小1の壁」どう対処する?

皆さんは「小1の壁」をご存知ですか? 子どもは成長するほど手がかからなくなると思われがちですが、じつは小学校へ入ることで・・・

記事全文

出産を機に転科する女性医師。その理由と転科先とは?

女性医師の場合、結婚や出産などライフステージの変化によってキャリアチェンジを考える方も多いのではないでしょうか? 家庭を・・・

記事全文

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフ・・・

記事全文

マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。・・・

記事全文

どんな時期に出産すべき? 女性医師の出産のタイミングについて

医師にとって、自身のキャリアプランを考えることはとても重要といえます。とくに、女性医師の場合は「いつごろ妊娠出産をすべき・・・

記事全文

女医の結婚相手はやっぱり「医師」がいい? その理由とは?

女医の結婚相手で最も多いのは、同職の男性医師です。 女医の結婚相手が男性である率は、日経メディカル誌が2009年におこな・・・

記事全文

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー