どんな時期に出産すべき? 女性医師の出産のタイミングについて

医師にとって、自身のキャリアプランを考えることはとても重要といえます。とくに、女性医師の場合は「いつごろ妊娠出産をすべきか」というタイミングを見極めることが肝心です。

医師としてのキャリア形成の時期と妊娠出産の時期が重なると、仕事のペースが乱れ、キャリアに影響を及ぼす可能性も考えられます。

今回は、女性医師が子どもを産むタイミングについて探っていきましょう。

女性医師の出産のタイミング1:専門医取得後

女性医師の出産のタイミングとして多いのは、やはり専門医を取ってからの時期です。

産後に仕事と小さい子どもの育児を両立していくのはかなり大変なもの。専門医取得前に出産をした場合には、仕事と育児に加えて専門医の勉強もしなければならなくなります。

あとあとのキャリアのことを考えれば、やはり専門医取得後に出産するのが有利といえるでしょう。専門医研修を済ませておけば、産休を終えて職場に復帰するときに選択肢が広がります。

女性医師の出産のタイミング2:専門医取得前

女性医師にとって20代前半の時期は、大学を卒業して医師国家試験を受け、研修医を経て専門医取得に向けて働き出すという、キャリアを形成するための大切な時期です。

とはいえ、体力のある20代前半で子どもを産めばあとが楽になるもの。出産や育児は体力勝負なので、周囲の医師に出遅れる覚悟をした上で、早い段階で産んでおいたほうがいいという考え方もあります。実際、初期研修医の時期や、大学院在学中に子どもを産んだという女性医師も意外と多いものです。

女性医師の出産のタイミング3:自然な流れで

子どもは授かりものなので、「このタイミングで産みたい!」というベストなタイミングで妊娠するとは限りません。専門医を取ってから、仕事が落ち着いてから、一人前になってから、と考えているうちにタイミングを逃してしまい、あとあと悔やむことになる可能性も考えられます。 職場環境やキャリアのことをあまり考えすぎないようにし、「妊娠したときが産むとき」という自然なタイミングで出産するのも1つの道といえるでしょう。

近年では出産しやすい体制が整いつつある

医師の数は不足しているため、出産を機に女性医師が第一線から離れてしまうのは医療機関側にとっても損失となります。近年では、出産や育児のために第一線を離れた女医が復職しやすいよう、環境を整える病院が増えてきました。

こういった状況を踏まえれば、自然なタイミングで妊娠出産をしても、キャリアプランが大きく崩れてしまう可能性はそこまで高くないといえるでしょう。ただし、まだまだ理解のない職場があるのも事実なので、冷静に状況を見極めることが肝心といえます。

子どもを産むべきかどうか、産むのならどんなタイミングが適切なのかと悩んでしまう女性医師は多いと思います。しかし、妊娠できる期間というのは限られていますし、狙ったタイミングで妊娠できるかも分かりません。妊娠出産のタイミングをじっくり考えることももちろん大切ですが、あまりこだわりすぎないほうがいいのかもしれませんね。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

出産を機に転科する女性医師。その理由と転科先とは?

女性医師の場合、結婚や出産などライフステージの変化によってキャリアチェンジを考える方も多いのではないでしょうか? 家庭を・・・

記事全文

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフ・・・

記事全文

マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。・・・

記事全文

どんな時期に出産すべき? 女性医師の出産のタイミングについて

医師にとって、自身のキャリアプランを考えることはとても重要といえます。とくに、女性医師の場合は「いつごろ妊娠出産をすべき・・・

記事全文

女医の結婚相手はやっぱり「医師」がいい? その理由とは?

女医の結婚相手で最も多いのは、同職の男性医師です。 女医の結婚相手が男性である率は、日経メディカル誌が2009年におこな・・・

記事全文

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ママ女医さん注目! 子どもの「早期教育」メリットとデメリット

最近注目されている「早期教育」。我が子にも取り入れようかと悩んでいるママ女医さんも多いのではないでしょうか。ここでは、早・・・

記事全文

女性医師の復職先はどう選ぶ? 探し方のポイント

「復職後は育児もあるし勤務先を変えたほうがいいのかな」「そもそも医師の仕事と育児の両立は可能?」など、子どもを授かった女・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー