付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚園のママ友など、子どもの成長とともにママ友同士の交流も少しずつ広がっていきます。

しかし女医の場合、仕事のことを話すと羨ましがられたり、逆に距離を置かれたりして複雑な思いをすることもあるかもしれません。そこでこの記事では、女医が上手にママ友付き合いをするためのポイントをご紹介いたします。

ママ友は貴重な情報源!

仕事をしながら育児をする女医は、毎日忙しく保育園や幼稚園の情報をなかなか手に入れられないこともあると思います。近年ではネットでさまざまな情報を手に入れられるようになりましたが、ローカルな情報はやはり詳しい人に直接聞くのが最も確実といえます。

「人脈を広げよう」と意気込んでママ友作りをする必要はありませんが、何人かの親しいママ友がいれば思いがけない情報が得られることもあるものです。可能な範囲で、少しずつママ友を増やしておきましょう。

在宅医療の仕事ならば、仕事は平日昼間のみで残業もほとんどありません。子どもの発熱など急な欠勤が必要となった場合でも、日程変更などの融通がききやすく安心です。

さまざまなタイプのママ友と付き合うコツ

女医の職場は、医療について専門的に学んできた人、いわば自分と同じような経験を積んできたスタッフが多いもの。しかし、ママ友の世界は年齢も生い立ちも学歴もさまざまです。ときには、これまで接したことのないような性格の人と交流することもあるかもしれません。

「子どもという共通点がなければ知り合うこともない相手」と言ってしまえばそれまでですが、「子どもを共通点にして交流が広がる」という考え方をすることもできます。さまざまなタイプの人と触れ合えるいい機会と考えれば、ママ友付き合いもあまり苦にならないのではないでしょうか。

ママ友と適度な距離を保つことも大切

ママ友の中には、ママ友やその配偶者の職業や年収などを探ろうとする人もいます。こういったママ友に対して職業や収入を正直に答えると、セレブ妻扱いをされてしまうこともあり、あとあと面倒ですよね。ときには羨望の眼差しを向けられたり、「自分とは違う世界の人」と一線を引かれたりしてストレスを抱えることもあるかもしれません。職業や収入についてしつこく聞いてくるようなママ友とは、あまり深く関わらないほうが無難といえるでしょう。

グループを作って深く付き合いたがる女性は少なくないため、ときには食事や集まりに誘われることもあると思います。しかし、気乗りしないときにはスマートに断るなど、上手にスルーすることも大切といえます。

ママ友との距離

女医ママは、ほかのママから「自分たちとは少し違う人」と思われてしまうこともあるものです。とはいえ、子どもたちが主役の世界では、ママの仕事や家庭の収入は本来あまり関係ないことですよね。

人間関係のことなので、ときにはうまくいかないこともあるかもしれません。しかし、子どもが成長すればまた人間関係も変わるものなので、あまり心配せずに周囲のママ友と適度なお付き合いをしてみましょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

出産を機に転科する女性医師。その理由と転科先とは?

女性医師の場合、結婚や出産などライフステージの変化によってキャリアチェンジを考える方も多いのではないでしょうか? 家庭を・・・

記事全文

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフ・・・

記事全文

マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。・・・

記事全文

どんな時期に出産すべき? 女性医師の出産のタイミングについて

医師にとって、自身のキャリアプランを考えることはとても重要といえます。とくに、女性医師の場合は「いつごろ妊娠出産をすべき・・・

記事全文

女医の結婚相手はやっぱり「医師」がいい? その理由とは?

女医の結婚相手で最も多いのは、同職の男性医師です。 女医の結婚相手が男性である率は、日経メディカル誌が2009年におこな・・・

記事全文

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ママ女医さん注目! 子どもの「早期教育」メリットとデメリット

最近注目されている「早期教育」。我が子にも取り入れようかと悩んでいるママ女医さんも多いのではないでしょうか。ここでは、早・・・

記事全文

女性医師の復職先はどう選ぶ? 探し方のポイント

「復職後は育児もあるし勤務先を変えたほうがいいのかな」「そもそも医師の仕事と育児の両立は可能?」など、子どもを授かった女・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー