子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用するために在宅医療(訪問診療)といった働き方を選択する女性医師も増えてきました。

在宅医療とは、通院が困難な患者さんがいる個人宅や施設などに医師が診療に出向き、治療や健康管理をするというシステムです。ここでは、子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由をご紹介いたします。

育児中の女性医師に在宅医療の仕事が向いている理由4つ

1. 時間の融通がききやすい

子育て中には、夜勤やオンコールありの仕事をするというわけにもいきませんよね。また、残業の多い職場や土日祝日の出勤がある職場での仕事を続けていくのも難しいものです。

在宅医療の仕事ならば、仕事は平日昼間のみで残業もほとんどありません。子どもの発熱など急な欠勤が必要となった場合でも、日程変更などの融通がききやすく安心です。

週2~3日からOKという柔軟な求人も少なくないので、時間を有効利用しながら仕事を続けていくことができますよ。

2. ニーズが高まっており仕事が多い

現代は超高齢化社会に突入し、自力で病院に通えないという高齢者も年々増加しています。厚生労働省の試算では、2025年には在宅医療を必要とする人が29万人に達するのだそうです。実際、在宅医療の求人数も年々増えており、在宅医療のニーズが今後高まっていくのは確実といえるでしょう。

子育てのブランクがあっても、在宅医療の仕事ならば求人数が多いので復帰しやすいですよ。

3. 病院勤務に比べて気楽に働ける

病院勤務の場合、医師やスタッフとの人間関係に悩まされることもあるものですよね。「出産や育児が落ち着いて職場復帰したら自分より若い医師が先輩になり、接し方が難しい」といったこともたびたび起こります。

訪問医療の仕事は、医師と看護師がペアを組んで医療が必要な方のところへ出向くというシステムになっています。病院勤務に比べると人間関係の難しさがなく、楽な気持ちで働くことができるのです。

4. 病院勤務より報酬が高いことも多い

医師の報酬が比較的高額というのも、訪問診療の仕事の魅力の1つです。中には「収入が数百万円アップした」「年収が2倍近くなった」というケースもあります。年収アップのために療養型の病院から訪問診療の仕事に転職するという医師も増えています。

子育てにはなにかとお金が必要ですから、子育てが落ち着くまでの間に訪問診療の仕事でしっかりと稼いでおくというライフプランも有効といえるでしょう。

訪問診療

ご紹介したように、女性医師が在宅医療・訪問診療の仕事をするメリットはたくさんあるものです。在宅医療のニーズは年々高まっているため、ブランクのある女性医師でも活躍しやすい分野といえます。

子育て中の女性医師は、柔軟なスケジュールで働くことができ、医師としてのスキルを確実に活かせる、在宅医療の領域で働いてみてはいかがでしょうか。

女性医局では在宅医療・訪問診療を希望されている先生向けに、常勤または非常勤での求人を掲載またはご紹介しています。在宅医療・訪問診療でのご経験がない先生でも、院長が同行してくれる診療所もございます。

年収が高いのも魅力的ですので、ご検討している先生はこの機会に女性医局の専任コーディネーターへご相談下さい。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

出産を機に転科する女性医師。その理由と転科先とは?

女性医師の場合、結婚や出産などライフステージの変化によってキャリアチェンジを考える方も多いのではないでしょうか? 家庭を・・・

記事全文

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフ・・・

記事全文

マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。・・・

記事全文

どんな時期に出産すべき? 女性医師の出産のタイミングについて

医師にとって、自身のキャリアプランを考えることはとても重要といえます。とくに、女性医師の場合は「いつごろ妊娠出産をすべき・・・

記事全文

女医の結婚相手はやっぱり「医師」がいい? その理由とは?

女医の結婚相手で最も多いのは、同職の男性医師です。 女医の結婚相手が男性である率は、日経メディカル誌が2009年におこな・・・

記事全文

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ママ女医さん注目! 子どもの「早期教育」メリットとデメリット

最近注目されている「早期教育」。我が子にも取り入れようかと悩んでいるママ女医さんも多いのではないでしょうか。ここでは、早・・・

記事全文

女性医師の復職先はどう選ぶ? 探し方のポイント

「復職後は育児もあるし勤務先を変えたほうがいいのかな」「そもそも医師の仕事と育児の両立は可能?」など、子どもを授かった女・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー