ママ女医さん注目! 子どもの「早期教育」メリットとデメリット

ママ女医さん注目! 子どもの「早期教育」メリットとデメリット

現代では未就学の早い時期から習い事を始め、小学校入学前にはすでに平仮名や片仮名をマスターしている子どもも珍しくありません。
なかには、足し算や引き算、さらには英語までできるという子もいるほどです。
そんなことを耳にすると「遅れをとらないように我が子にも早期教育をすべき?」などと焦ってしまいますよね。
そこで今回の女性医局コラムでは、そもそも早期教育とはどのようなものなのかをお話しした後、早期教育のメリットやデメリットについてお伝えいたします。

早期教育ってどんなもの?

早期教育とは、小学校に入る前から読み書きや英語、スポーツなどの教育を取り入れることをいいます。
子どもの脳は0〜5歳に急激に発達するといわれており、この時期に教育をおこなうことで、その子の能力を高めることができるとされています。
ただ、現段階ではその効果は明確に証明されておらず、教育に携わる専門家たちの間でもさまざまな意見に分かれています。
ではどうするのが正解なのでしょうか? 早期教育にはメリットとデメリットがあるので、まずはそれぞれを知ることから始めましょう。

早期教育のメリット

子どもの得意分野を知ることができる

スポーツや音楽、芸術など幼児期の習い事は、子どもが何に興味を持ち、何が得意なのかを知る良いきっかけになります。
ピアノに触れさせてみたり、サッカーボールで遊ばせてみたり、いろいろな体験をさせることで子どもの得意分野が見えてきますし、じつは負けず嫌いな性格だったなど、新たな発見もあることでしょう。

基礎学力や社会性が身につく

脳が柔軟な幼児期にはたくさんのことを吸収するので、この時期に読み書きや計算などを教えると、高い基礎学力が身につきます。
また、集団で早期教育をおこなう場もあるので、早い段階からほかの子どもや大人たちと触れ合う機会も増え、社会性も身につくといわれています。

子どもに自信がつく

習い事などの早期教育を通し、先生や親から褒められることで、子どもは自分に自信をつけていきます。
時には失敗してしまうこともありますが、続けることで困難を乗り越える力も身につくことでしょう。そういった自信は今後の学習意欲にも大きく影響してくるのではないでしょうか。

早期教育のデメリット

一方的なインプット教育は逆効果

新しい情報や刺激を与えることは大切ですが、一方的なインプット教育ばかりを続けていると子どものやる気は長続きしません。
「ママにも教えてくれる?」と学習したことを子どもから話すアウトプットの機会を作ってあげるとやる気も記憶力もアップすることでしょう。

自主性が身につかない

早期教育ではこちらから情報を与え、それに反応する受け身の学習が多いといわれています。
これからの社会ではその人の自主性や創造性が大切になってきます。
自主性を育てるには、自ら考え判断し、行動することのできる環境を与えて、そのなかで思い切り遊ばせてあげるのが良いでしょう。大人は一歩離れたところから見守ってあげることが大切です。

ストレスの原因になることも

「友達の◯◯ちゃんはできるのに」と他の子と比較したり、親同士でライバル心を燃やし競い合ったりするのはNGです。
その子の特性や能力に合っていない教育や過度な期待は子どものストレスになってしまいます。
幼児期は親子の信頼関係を築く大切な時期でもあるので、無理に教室に通わせたりせず親子で楽しく遊ぶ時間を作ってあげるのも大切ですよ。

早期教育のデメリット

最近注目されている早期教育ですが、それは必ずしも必要なこととは限りません。
親は子どもの「やりたい」という気持ちを大切して、自主性を高めてあげることが「成長」につながるのではないでしょうか。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

出産を機に転科する女性医師。その理由と転科先とは?

女性医師の場合、結婚や出産などライフステージの変化によってキャリアチェンジを考える方も多いのではないでしょうか? 家庭を・・・

記事全文

女性医師が子育てをしながらフルタイム勤務をするのは可能?

子育てをしているからといって必ずしもフルタイム勤務を諦めなければならないというわけではなく、出産後すぐに復職して育児とフ・・・

記事全文

マミートラックを楽しむという考え方。女性医師にとってのメリット

マミートラックとは出産を終え仕事に復帰した女性が、出世コースとはちがったもうひとつのコースに乗ってしまうことをいいます。・・・

記事全文

どんな時期に出産すべき? 女性医師の出産のタイミングについて

医師にとって、自身のキャリアプランを考えることはとても重要といえます。とくに、女性医師の場合は「いつごろ妊娠出産をすべき・・・

記事全文

女医の結婚相手はやっぱり「医師」がいい? その理由とは?

女医の結婚相手で最も多いのは、同職の男性医師です。 女医の結婚相手が男性である率は、日経メディカル誌が2009年におこな・・・

記事全文

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ママ女医さん注目! 子どもの「早期教育」メリットとデメリット

最近注目されている「早期教育」。我が子にも取り入れようかと悩んでいるママ女医さんも多いのではないでしょうか。ここでは、早・・・

記事全文

女性医師の復職先はどう選ぶ? 探し方のポイント

「復職後は育児もあるし勤務先を変えたほうがいいのかな」「そもそも医師の仕事と育児の両立は可能?」など、子どもを授かった女・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー