女医が開業するなら医師会に入るべき? 加入のメリット・デメリット

女医が開業するなら医師会に入るべき? 加入のメリット・デメリット

医師がクリニック開業を決意した際に避けて通れない問題が、医師会に加入するかどうかです。

医師の場合、医師会に加入していなくても開業することができます。

医師会への加入は任意だからこそ、加入するべきかどうか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、医師会に加入するメリットとデメリットについてお話しします。

医師会に加入するメリットとは?

広告・宣伝の機会が増える

医師会へ加入することで得られる大きなメリットは、健診や予防接種などの、市で費用を助成する自治体主導の医療業務の委託を受けられるということです。

無料健診や予防接種のために来院したことをきっかけに、行きつけの医療機関として選んでもらえることが期待できます。

また、学校健診も委託事業になるので、小児科の開業をお考えであれば、学校健診を通して地域のお子さんや親御さんたちに顔を覚えていただく良い機会になることでしょう。

婦人科の開業であれば、自治体の子宮頸がん検診を委託されることもあります。このように自治体の検診などは良い宣伝の機会になるのです。

近隣の医療機関と連携ができる

医師会では忘年会や新年会などの懇親会が多く開催されるので、近隣の病院の勤務医や先輩開業医などと親睦を深めることができます

このような会合に出席するうちに地域の医療機関と顔の見える連携ができるようになることも医師会加入のメリットといえるでしょう。

医療事故による紛争の際のバックアップ制度

医師会の年会費には、日本医師会の医師賠償責任保険の保険料も含まれています。

そのため、医療事故による紛争が起きた場合、紛争の解決と賠償を日本医師会・都道府県医師会・保険会社からバックアップを受けることができます。

医療関係の情報を入手しやすい

医師会では、毎月の勉強会や診療報酬の改正時などに講習会を開催しているので、医療関係の情報が手に入りやすい環境にあります。

日々忙しい女性医師にとっては、貴重な情報源となることでしょう。

医師会への加入にはデメリットもある?

年会費が高額

メリットのたくさんある医師会ですが、デメリットもあります。

まず挙げられるのが、年会費が高額であることです。

地区によって年会費は異なりますが補償内容は同じなので、年会費があまりにも高額な場合には、メリットとデメリットをしっかりと比較した上で、見合う価値があるのかを判断する必要があります。

請け負う業務が増える

医師会に加入している医師は、休日当番医や夜間診療を請け負う必要があります。

医師会では輪番で当番医が回ってくるので、これを避けるため医師会に加入しないという女性医師もいるようです。

また診療だけでなく、医師会の仕事を頼まれることもあります。

市民公開講座の委員や介護保険の審査委員などを請け負うと、クリニックの診療時間内に開催される会議に出席する必要性も出てきます。

医師がひとりで診療をおこなっている場合クリニックを休診にする必要があるので、直接収入に影響するのが難点です。

医師の夏休み期間、どう過ごすべき?

ただでさえ忙しい女性医師にとって、医師会の決まりごとや業務は少し煩わしく思えますが、医師会へ加入することで得られる地域住民とのつながりや、地域のドクターとの交流の場になることは大きなメリットといえるのではないでしょうか。

開業する地域の事情を事前に調べ、得られるメリットとデメリットをしっかり把握した上で、医師会への加入が必要がどうか判断してくださいね。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女性医師の「強み」はどんなところ? 求められるものとは

女性医師の割合は年々増加傾向にあり、それにともない女性医師へのニーズも高まってきています。女性医師は男性医師に比べて不利・・・

記事全文

女医の婚活で知っておきたい「尊敬婚」という結婚スタイル

男性が働く女性を尊敬し、お互いに自立した関係を築く新しい結婚スタイル「尊敬婚」。ここでは、尊敬婚とはどのようなものなのか・・・

記事全文

医師が退職するときに使う理由、多いものとは?

医師が転職をするときには、転職理由を明確にしておかなければなりません。しかし、どのような理由を伝えればよいかと迷ってしま・・・

記事全文

女医の結婚・離婚事情「3分の1の法則」とは?

女医の結婚や離婚の話題になるとよく言われる「3分の1の法則」とは? どのような意味の言葉なのかと、実際にこの法則は正しい・・・

記事全文

女性医師のマミートラック問題とどう向き合う?

出産後、女性がキャリアップにならない業務に従事することになるマミートラック。マミートラック問題は女性医師にも大きく関わっ・・・

記事全文

女性医師の転職、最適な年齢は?

女性医師が転職するのに最適な年齢はいくつくらいなのでしょうか。ここでは、女性医師が転職するのに最適な年齢を、年代別にご紹・・・

記事全文

女医さんが参加する婚活パーティーのマナーとポイントとは

女医の毎日は仕事が忙しくて、とても出会いの機会なんてあきらめてしまいがち。プライベートで出会うチャンスがないなら、婚活パ・・・

記事全文

【忙しい女医さん必見】快眠ポイントを知ってぐっすり眠ろう!

「仕事が激務でゆっくり眠れない……」と睡眠不足に悩んでいる女医さんも多いのではないでしょうか。休日に寝だめしても疲れが取・・・

記事全文

女医でもトライできる! 禁煙のポイントについてご紹介

忙しいからと禁煙を諦めてしまっていませんか? 日々忙しく働く女医さんでも、禁煙のコツさえおさえておけば、自力で禁煙を成功・・・

記事全文

女医なら意識したい! キレイな爪の作り方

指先は人の目線に入りやすく、意外にも周りからチェックされているポイントです。 女医は仕事柄ネイルアートはしづらいですが、・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー