患者さんや看護師の憧れの的になる! 女医のおしゃれのポイントは?

患者さんや看護師の憧れの的になる! 女医のおしゃれのポイントは?

「病院から支給される白衣やケーシーはスタイルが悪く見える」とお悩みではありませんか?
おしゃれな着こなしをすれば、日々の仕事へのモチベーションもアップしやすいものです。
気分を上げるためにも、仕事中のスタイルにさりげないおしゃれを取り入れてみましょう。
ここでは、女医がぜひ取り入れたいおしゃれのポイントについてご紹介します。

女医のおしゃれのポイントは?

医療現場で働く以上、華やかすぎる服装は避けたいものです。女性らしい柔らかいイメージを醸し出しつつも、女っぽさを出しすぎてはいけないというのが、女医のおしゃれの難しいところだと思います。
女医の毎日の服装は、清潔で知的なイメージを感じさせるものを選びたいですね。
キリリとしたイメージの中に、さりげなく柔和な雰囲気をプラスしてみましょう。

女医はどんな白衣を選ぶべき?

病院から支給されるようなウエストシェイプのないロング丈の白衣は、寸胴かつ足が短く見えてしまうことがあります。
スタイリッシュに見せるためには、体型に合った白衣を選ぶことが肝心です。
おすすめは、ウエストがシェイプされているハーフ丈の白衣です。
ハーフ丈ならば足がスラリと長く見えやすくなる上、ロングの白衣よりも軽やかなイメージになります。
体型が気になる方は、七分丈の白衣を選ぶか、長袖白衣の袖を少しめくって着てみましょう。
腕の一番細い部分である手首を少し見せることによって、腕全体が細く華奢な雰囲気に見えやすくなります。

おしゃれに見える白衣の選び方

近年では、着たときのシルエットにこだわって作られたおしゃれな白衣も多く販売されています。
痩せて見えやすい白衣だけでなく、ポケットや袖口にストライプの生地を配するなど、襟や袖のデザインがおしゃれなアイテムも取り入れてみましょう。
さまざまなブランドの白衣を比較し、自分に合ったものを選びたいですね。購入前に試着OKというブランドも多いので、白衣選びに迷ったときには実際に着用して着心地を確かめるのもおすすめです。

さりげないおしゃれを楽しもう

おしゃれしたいからといって、白衣の下にミニスカートや胸元の開いたトップスを合わせるのは逆効果です。
上品で知的なイメージに仕上げるのが、女医のおしゃれの極意といえるでしょう。
エレガントなイメージのスカートや、スラリとしたシルエットのパンツなど、大人っぽいアイテムをコーディネートに取り入れたいですね。
女性らしいヘアスタイルやメイクを心がけることも大切です。
ヘアバレッタやシュシュで髪をまとめたり、品の良いメイクのテクニックをマスターしたりと、おしゃれを楽しみましょう。

ゆるふわ女医の特徴4:上司への対応は上手

さりげなくおしゃれをすれば、仕事へのモチベーションも高まるものです。
白衣や洋服を選ぶときには、知的かつ親しみやすいイメージを意識したいですね。
スタイリッシュな着こなしができる女医は、患者さんや看護師からの憧れの的になることでしょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ママ女医さん注目! 子どもの「早期教育」メリットとデメリット

最近注目されている「早期教育」。我が子にも取り入れようかと悩んでいるママ女医さんも多いのではないでしょうか。ここでは、早・・・

記事全文

女性医師の復職先はどう選ぶ? 探し方のポイント

「復職後は育児もあるし勤務先を変えたほうがいいのかな」「そもそも医師の仕事と育児の両立は可能?」など、子どもを授かった女・・・

記事全文

女性医師の「強み」はどんなところ? 求められるものとは

女性医師の割合は年々増加傾向にあり、それにともない女性医師へのニーズも高まってきています。女性医師は男性医師に比べて不利・・・

記事全文

女医の婚活で知っておきたい「尊敬婚」という結婚スタイル

男性が働く女性を尊敬し、お互いに自立した関係を築く新しい結婚スタイル「尊敬婚」。ここでは、尊敬婚とはどのようなものなのか・・・

記事全文

医師が退職するときに使う理由、多いものとは?

医師が転職をするときには、転職理由を明確にしておかなければなりません。しかし、どのような理由を伝えればよいかと迷ってしま・・・

記事全文

女医の結婚・離婚事情「3分の1の法則」とは?

女医の結婚や離婚の話題になるとよく言われる「3分の1の法則」とは? どのような意味の言葉なのかと、実際にこの法則は正しい・・・

記事全文

女性医師のマミートラック問題とどう向き合う?

出産後、女性がキャリアップにならない業務に従事することになるマミートラック。マミートラック問題は女性医師にも大きく関わっ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー