女医はセクハラにあいやすい!? 回避する方法とは?

女医はセクハラにあいやすい!? 回避する方法とは?

女医として働いているとさまざまな問題に直面しますが、その中でも特に辛い問題といえるのが、病院内で受けるセクハラトラブルではないでしょうか。
上司・先輩医師だけでなく、同僚医師や患者からもセクハラを受けることがあります。
女性医師が病院内でのセクハラトラブルを回避するためにも、今回は、女医が受けやすいセクハラ例と対処する方法をご紹介いたします。

女医が受けやすいセクハラ例

結婚や出産に対する発言

「まだ結婚する相手はいないの?」「早く出産しておかないと大変だよ~」
など、結婚や出産に対する批判を受けることは女医あるあると言ってもいいほど。
年齢やプライベートのことにまで口出しをしてきて、性的な侮辱などをされた場合、それはセクハラといえます。
また反対に、結婚や出産をしたことに対して、文句のような口ぶりをされることもあります。
「産休や育休で周りに迷惑をかけるなら職場にいらない」「だから女は使えない」
など、女性であること自体を否定するような発言はセクハラトラブルにつながるといえるでしょう。

患者の不必要な露出

診察をするにあたり、不必要な部位の服を脱ぎ、必要以上に身体を露出してくる患者もいます。
これは女性に対するセクハラといえ、患者からのセクハラトラブルの中でも最も多いといわれています。

診察の際に身体を触られる

診察中に患者に近づいた際、患者のほうから身体を触ってくることもあります。
これは典型的なセクハラといえ、しっかりと患者に対して注意をしなければなりません。
恥ずかしがったり、無視をしたりするとかえってエスカレートする恐れがあるのも、このタイプの特徴です。

女医がセクハラを回避する方法

証拠を集めて外部に相談する

同じ病院に従事する上司や同僚医師からセクハラを受けた場合、他の医師に相談してみることをお勧めします。
相談できる相手がいない場合には、外部のセクハラ対策機関に相談をしてみましょう。
その際、セクハラの証拠となるものを用意しておくと相談がスムーズになります。
セクハラの日時や場所、言動・行動、周囲にいた人の証言、できればボイスレコーダーなどへの録音などもあるといいでしょう。

勇気をもってはっきりと拒絶する

セクハラを受けたとき、はっきりと拒絶することができず、愛想笑いや曖昧な態度で流してしまうということもあるでしょう。
しかし、嫌々ながらも許容を続けていると、後に裁判などを起こしたときに「合意の上だった」「本気で嫌がっているようには見えなかった」などと言い逃れされてしまうことがあります。
このような可能性を潰しておくためにも、周囲に気づいてもらえるくらいにしっかりと拒絶することが大切です。

転職する

セクハラ被害に悩んでいながらも、同僚には相談できず、そして事を公にしたくないという方もいるでしょう。そんなときには、思い切って別の病院に転職してしまうという方法もあります。
転職エージェントに相談すれば、セクハラから逃れられることはもちろん、今の給与よりも高い病院を紹介してもらえたり、当直なしのポジションに就けたりと、今よりも好条件で仕事ができることもあります。
転職を逃げだと思わず、ステップアップとしてとらえてみましょう。

おさえておきたい貯金のポイント

セクハラ被害にあいながらも、ぐっと一人で耐えているという女医は多いことでしょう。
今回ご紹介したように、転職をして新しい環境でリスタートするという方法もあります。
セクハラ対策の1つとして前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女医なら意識したい! キレイな爪の作り方

指先は人の目線に入りやすく、意外にも周りからチェックされているポイントです。 女医は仕事柄ネイルアートはしづらいですが、・・・

記事全文

女医が開業するなら医師会に入るべき? 加入のメリット・デメリット

女医が開業する際に頭を悩ませるのが医師会への加入。医師会への加入は任意であるため、加入のメリットとデメリットをしっかりと・・・

記事全文

医師は夏休みをいつ取るべき? 医師の夏休み事情をチェックしてみよう

「世の中の医師たちは、長めに夏休みを取れているの?」と気になっている女性医師もいると思います。医師の夏休みは何日間取得す・・・

記事全文

患者さんや看護師の憧れの的になる! 女医のおしゃれのポイントは?

おしゃれな着こなしを意識すれば、女医の仕事へのモチベーションもアップしやすくなるものです。日々の着こなしに上品で女性らし・・・

記事全文

他の医師に嫌われやすい? 最近話題の「ゆるふわ女医」ってどんな人?

近年、ある特徴を持つ女性医師が「ゆるふわ女医」と呼ばれるようになりました。この記事では、ゆるふわ女医の特徴について詳しく・・・

記事全文

女医が出産をするときには産休を取るべき?それとも離職するべき?

女医は、妊娠が判明したら産休・育休を取得することが多いと思います。しかし、出産を期に離職し、子育てが落ち着いてから仕事を・・・

記事全文

産後のことも考えておきたい! 女医が産休前にやっておくべきこと4つ

妊娠が判明したら、産休に向けてさまざまな準備を始める必要があります。女医が産休に入る前には、どのようなポイントに気をつけ・・・

記事全文

女医はセクハラにあいやすい!? 回避する方法とは?

上司や同僚医師から、そして患者からもセクハラ被害を受けているという女医は少なくありません。どのようなケースでセクハラが起・・・

記事全文

女医の平均貯金額ってどのくらい? 貯金のポイントは?

「貯金は大切だとわかっているけどなかなか……」という女医の方は多いのでは? 医師の収入は確かに高いですが、出費も多くなか・・・

記事全文

仕事中でもおしゃれをしたい! 女医のアクセサリーはどこまでOK?

日々忙しく働く女医ですが、女性らしさやさりげないおしゃれは忘れたくないもの。そこで今回は、女医は勤務中でもアクセサリーを・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー