女医はセクハラにあいやすい!? 回避する方法とは?

女医はセクハラにあいやすい!? 回避する方法とは?

女医として働いているとさまざまな問題に直面しますが、その中でも特に辛い問題といえるのが、病院内で受けるセクハラトラブルではないでしょうか。
上司・先輩医師だけでなく、同僚医師や患者からもセクハラを受けることがあります。
女性医師が病院内でのセクハラトラブルを回避するためにも、今回は、女医が受けやすいセクハラ例と対処する方法をご紹介いたします。

女医が受けやすいセクハラ例

結婚や出産に対する発言

「まだ結婚する相手はいないの?」「早く出産しておかないと大変だよ~」
など、結婚や出産に対する批判を受けることは女医あるあると言ってもいいほど。
年齢やプライベートのことにまで口出しをしてきて、性的な侮辱などをされた場合、それはセクハラといえます。
また反対に、結婚や出産をしたことに対して、文句のような口ぶりをされることもあります。
「産休や育休で周りに迷惑をかけるなら職場にいらない」「だから女は使えない」
など、女性であること自体を否定するような発言はセクハラトラブルにつながるといえるでしょう。

患者の不必要な露出

診察をするにあたり、不必要な部位の服を脱ぎ、必要以上に身体を露出してくる患者もいます。
これは女性に対するセクハラといえ、患者からのセクハラトラブルの中でも最も多いといわれています。

診察の際に身体を触られる

診察中に患者に近づいた際、患者のほうから身体を触ってくることもあります。
これは典型的なセクハラといえ、しっかりと患者に対して注意をしなければなりません。
恥ずかしがったり、無視をしたりするとかえってエスカレートする恐れがあるのも、このタイプの特徴です。

女医がセクハラを回避する方法

証拠を集めて外部に相談する

同じ病院に従事する上司や同僚医師からセクハラを受けた場合、他の医師に相談してみることをお勧めします。
相談できる相手がいない場合には、外部のセクハラ対策機関に相談をしてみましょう。
その際、セクハラの証拠となるものを用意しておくと相談がスムーズになります。
セクハラの日時や場所、言動・行動、周囲にいた人の証言、できればボイスレコーダーなどへの録音などもあるといいでしょう。

勇気をもってはっきりと拒絶する

セクハラを受けたとき、はっきりと拒絶することができず、愛想笑いや曖昧な態度で流してしまうということもあるでしょう。
しかし、嫌々ながらも許容を続けていると、後に裁判などを起こしたときに「合意の上だった」「本気で嫌がっているようには見えなかった」などと言い逃れされてしまうことがあります。
このような可能性を潰しておくためにも、周囲に気づいてもらえるくらいにしっかりと拒絶することが大切です。

転職する

セクハラ被害に悩んでいながらも、同僚には相談できず、そして事を公にしたくないという方もいるでしょう。そんなときには、思い切って別の病院に転職してしまうという方法もあります。
転職エージェントに相談すれば、セクハラから逃れられることはもちろん、今の給与よりも高い病院を紹介してもらえたり、当直なしのポジションに就けたりと、今よりも好条件で仕事ができることもあります。
転職を逃げだと思わず、ステップアップとしてとらえてみましょう。

おさえておきたい貯金のポイント

セクハラ被害にあいながらも、ぐっと一人で耐えているという女医は多いことでしょう。
今回ご紹介したように、転職をして新しい環境でリスタートするという方法もあります。
セクハラ対策の1つとして前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ママ女医さん注目! 子どもの「早期教育」メリットとデメリット

最近注目されている「早期教育」。我が子にも取り入れようかと悩んでいるママ女医さんも多いのではないでしょうか。ここでは、早・・・

記事全文

女性医師の復職先はどう選ぶ? 探し方のポイント

「復職後は育児もあるし勤務先を変えたほうがいいのかな」「そもそも医師の仕事と育児の両立は可能?」など、子どもを授かった女・・・

記事全文

女性医師の「強み」はどんなところ? 求められるものとは

女性医師の割合は年々増加傾向にあり、それにともない女性医師へのニーズも高まってきています。女性医師は男性医師に比べて不利・・・

記事全文

女医の婚活で知っておきたい「尊敬婚」という結婚スタイル

男性が働く女性を尊敬し、お互いに自立した関係を築く新しい結婚スタイル「尊敬婚」。ここでは、尊敬婚とはどのようなものなのか・・・

記事全文

医師が退職するときに使う理由、多いものとは?

医師が転職をするときには、転職理由を明確にしておかなければなりません。しかし、どのような理由を伝えればよいかと迷ってしま・・・

記事全文

女医の結婚・離婚事情「3分の1の法則」とは?

女医の結婚や離婚の話題になるとよく言われる「3分の1の法則」とは? どのような意味の言葉なのかと、実際にこの法則は正しい・・・

記事全文

女性医師のマミートラック問題とどう向き合う?

出産後、女性がキャリアップにならない業務に従事することになるマミートラック。マミートラック問題は女性医師にも大きく関わっ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー