女医の平均貯金額ってどのくらい? 貯金のポイントは?

女医の平均貯金額ってどのくらい? 貯金のポイントは?

みなさんは一体どのくらいの貯金をお持ちでしょうか?
医師はたくさんお金を持っていると思われがちですが、出費も多くなかなかお金が貯まらないものです。
住宅ローンや子どもの教育費、開業のための資金……貯金がないと不安になりますよね。そこで気になるのが、女医の平均的な貯金額。
今回は、女医の平均貯金額について、貯める上でおさえておきたいポイントと一緒にご紹介いたします。

平均年収から見る、女医の平均貯金額

女医の平均貯金額についてですが、年収によって貯金額は異なってくるので、まずは医師の平均年収から見ていきましょう。
厚生労働省が平成28年に行った賃金構造基本統計調査の発表によると、企業規模が計10人以上の病院の勤務医師の平均賃金は1,124万円とされています。

また、ほかにも医師の年収に関しては、さまざまなアンケートが実施されており、その結果を平均するとだいたい1,300万~1,500万円となるようです。
その平均年収に対し、平均貯金額は1,800万円前後というデータが出ています。
しかし、回答した医師の年齢や所属科、勤務医か開業医かなどによって結果は大きく異なるため、医師の平均貯金額に関しては、残念ながら正確にデータ化できないのが実情です。

また男女別で見てみると、男性医師と女性医師で同じ働き方をした場合は年収に開きは生じませんが、女性の場合ライフスタイルの変化(出産・産休など)により働き方が変わると、年収や貯金額に差が生じるようです。
上述の賃金構造基本統計調査では女性に限定した調査も行っており、その結果によると、企業規模が計10人以上の病院の勤務医師(女性)の平均年齢は38.8歳で、その平均賃金は993万円というデータが出ています。
この結果は、当然貯金額にもそのまま影響してくることが推測されますね。

おさえておきたい貯金のポイント

現状を知る

貯金は大事だとわかっていても、何から始めたらいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。
そういった方は、まずはお金の流れを知ることから始めてください。1ヶ月でもいいので家計簿をつけてみることをおすすめします。
そうすることによって、1ヶ月でどのくらい出費しているのか、どこにどのくらい使っているのかなどがわかります。意外とコンビニでのちょこっと買いなどが家計に響いていたりしますよ。

使い方や貯蓄法を見直す

医師は年収が高いといわれますが、じつは大学院進学や研究留学などで出ていくお金も多いですよね。また、周りの環境に合わせて生活レベルが上がってしまうことも。大切なのは、どこにお金を使うか、どこを我慢するかのバランスです。お金のプロの方が実践しているという「2:2:6のルール」を目安にすると分かりやすいかもしれませんね。「2:2:6のルール」というのは、手取り月収の「2割:貯蓄」「2割:自己投資」「6割:生活費」で支出するというもの。
貯蓄は、定期預金などの自動で引き落とししてくれるものが、確実に積み立てできるのでおすすめです。ほかには貯蓄タイプの保険や投資信託などがあります。

2割と少し多めの自己投資ですが、ここは惜しみなく使っていただいて構いません。医師は、積み上げたキャリアによって将来の収入が大きく変わってくる職業です。
研修やセミナーに積極的に参加するなどしてキャリアアップしていきましょう。

おさえておきたい貯金のポイント

女医の平均貯金額は、年齢や所属科などによって変わってくるようですが、みなさん頑張って貯金しているようですね。
「今まであまり貯金できていなかったかも……」という方は、今回ご紹介した支出のルールを参考に、まずは家計簿をつけるところから始めてみてはいかがですか?

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

付き合いが難しい? 女医がママ友と接するときに気をつけたいポイント

育児中の女医がママ友とのお付き合いを避けて通るのは難しいもの。ご近所のママ友、公園や児童館などで会うママ友、保育園や幼稚・・・

記事全文

子育て中の女性医師に在宅医療・訪問診療の仕事が向いている理由4つ

小さな子どもを育てている女性医師はなかなか時間の融通がきかず、悩まされることもあると思います。近年では、時間を有効活用す・・・

記事全文

どれくらいの取るのが一般的? 女性医師の産休や育休の期間について

結婚や出産、育児といったライフイベントによって働き方の変化を迎える女性医師は多いもの。出産をするにあたってはどうしてもキ・・・

記事全文

ママ女医さん注目! 子どもの「早期教育」メリットとデメリット

最近注目されている「早期教育」。我が子にも取り入れようかと悩んでいるママ女医さんも多いのではないでしょうか。ここでは、早・・・

記事全文

女性医師の復職先はどう選ぶ? 探し方のポイント

「復職後は育児もあるし勤務先を変えたほうがいいのかな」「そもそも医師の仕事と育児の両立は可能?」など、子どもを授かった女・・・

記事全文

女性医師の「強み」はどんなところ? 求められるものとは

女性医師の割合は年々増加傾向にあり、それにともない女性医師へのニーズも高まってきています。女性医師は男性医師に比べて不利・・・

記事全文

女医の婚活で知っておきたい「尊敬婚」という結婚スタイル

男性が働く女性を尊敬し、お互いに自立した関係を築く新しい結婚スタイル「尊敬婚」。ここでは、尊敬婚とはどのようなものなのか・・・

記事全文

医師が退職するときに使う理由、多いものとは?

医師が転職をするときには、転職理由を明確にしておかなければなりません。しかし、どのような理由を伝えればよいかと迷ってしま・・・

記事全文

女医の結婚・離婚事情「3分の1の法則」とは?

女医の結婚や離婚の話題になるとよく言われる「3分の1の法則」とは? どのような意味の言葉なのかと、実際にこの法則は正しい・・・

記事全文

女性医師のマミートラック問題とどう向き合う?

出産後、女性がキャリアップにならない業務に従事することになるマミートラック。マミートラック問題は女性医師にも大きく関わっ・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー