女医の平均貯金額ってどのくらい? 貯金のポイントは?

女医の平均貯金額ってどのくらい? 貯金のポイントは?

みなさんは一体どのくらいの貯金をお持ちでしょうか?
医師はたくさんお金を持っていると思われがちですが、出費も多くなかなかお金が貯まらないものです。
住宅ローンや子どもの教育費、開業のための資金……貯金がないと不安になりますよね。そこで気になるのが、女医の平均的な貯金額。
今回は、女医の平均貯金額について、貯める上でおさえておきたいポイントと一緒にご紹介いたします。

平均年収から見る、女医の平均貯金額

女医の平均貯金額についてですが、年収によって貯金額は異なってくるので、まずは医師の平均年収から見ていきましょう。
厚生労働省が平成28年に行った賃金構造基本統計調査の発表によると、企業規模が計10人以上の病院の勤務医師の平均賃金は1,124万円とされています。

また、ほかにも医師の年収に関しては、さまざまなアンケートが実施されており、その結果を平均するとだいたい1,300万~1,500万円となるようです。
その平均年収に対し、平均貯金額は1,800万円前後というデータが出ています。
しかし、回答した医師の年齢や所属科、勤務医か開業医かなどによって結果は大きく異なるため、医師の平均貯金額に関しては、残念ながら正確にデータ化できないのが実情です。

また男女別で見てみると、男性医師と女性医師で同じ働き方をした場合は年収に開きは生じませんが、女性の場合ライフスタイルの変化(出産・産休など)により働き方が変わると、年収や貯金額に差が生じるようです。
上述の賃金構造基本統計調査では女性に限定した調査も行っており、その結果によると、企業規模が計10人以上の病院の勤務医師(女性)の平均年齢は38.8歳で、その平均賃金は993万円というデータが出ています。
この結果は、当然貯金額にもそのまま影響してくることが推測されますね。

おさえておきたい貯金のポイント

現状を知る

貯金は大事だとわかっていても、何から始めたらいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。
そういった方は、まずはお金の流れを知ることから始めてください。1ヶ月でもいいので家計簿をつけてみることをおすすめします。
そうすることによって、1ヶ月でどのくらい出費しているのか、どこにどのくらい使っているのかなどがわかります。意外とコンビニでのちょこっと買いなどが家計に響いていたりしますよ。

使い方や貯蓄法を見直す

医師は年収が高いといわれますが、じつは大学院進学や研究留学などで出ていくお金も多いですよね。また、周りの環境に合わせて生活レベルが上がってしまうことも。大切なのは、どこにお金を使うか、どこを我慢するかのバランスです。お金のプロの方が実践しているという「2:2:6のルール」を目安にすると分かりやすいかもしれませんね。「2:2:6のルール」というのは、手取り月収の「2割:貯蓄」「2割:自己投資」「6割:生活費」で支出するというもの。
貯蓄は、定期預金などの自動で引き落とししてくれるものが、確実に積み立てできるのでおすすめです。ほかには貯蓄タイプの保険や投資信託などがあります。

2割と少し多めの自己投資ですが、ここは惜しみなく使っていただいて構いません。医師は、積み上げたキャリアによって将来の収入が大きく変わってくる職業です。
研修やセミナーに積極的に参加するなどしてキャリアアップしていきましょう。

おさえておきたい貯金のポイント

女医の平均貯金額は、年齢や所属科などによって変わってくるようですが、みなさん頑張って貯金しているようですね。
「今まであまり貯金できていなかったかも……」という方は、今回ご紹介した支出のルールを参考に、まずは家計簿をつけるところから始めてみてはいかがですか?

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女医なら意識したい! キレイな爪の作り方

指先は人の目線に入りやすく、意外にも周りからチェックされているポイントです。 女医は仕事柄ネイルアートはしづらいですが、・・・

記事全文

女医が開業するなら医師会に入るべき? 加入のメリット・デメリット

女医が開業する際に頭を悩ませるのが医師会への加入。医師会への加入は任意であるため、加入のメリットとデメリットをしっかりと・・・

記事全文

医師は夏休みをいつ取るべき? 医師の夏休み事情をチェックしてみよう

「世の中の医師たちは、長めに夏休みを取れているの?」と気になっている女性医師もいると思います。医師の夏休みは何日間取得す・・・

記事全文

患者さんや看護師の憧れの的になる! 女医のおしゃれのポイントは?

おしゃれな着こなしを意識すれば、女医の仕事へのモチベーションもアップしやすくなるものです。日々の着こなしに上品で女性らし・・・

記事全文

他の医師に嫌われやすい? 最近話題の「ゆるふわ女医」ってどんな人?

近年、ある特徴を持つ女性医師が「ゆるふわ女医」と呼ばれるようになりました。この記事では、ゆるふわ女医の特徴について詳しく・・・

記事全文

女医が出産をするときには産休を取るべき?それとも離職するべき?

女医は、妊娠が判明したら産休・育休を取得することが多いと思います。しかし、出産を期に離職し、子育てが落ち着いてから仕事を・・・

記事全文

産後のことも考えておきたい! 女医が産休前にやっておくべきこと4つ

妊娠が判明したら、産休に向けてさまざまな準備を始める必要があります。女医が産休に入る前には、どのようなポイントに気をつけ・・・

記事全文

女医はセクハラにあいやすい!? 回避する方法とは?

上司や同僚医師から、そして患者からもセクハラ被害を受けているという女医は少なくありません。どのようなケースでセクハラが起・・・

記事全文

女医の平均貯金額ってどのくらい? 貯金のポイントは?

「貯金は大切だとわかっているけどなかなか……」という女医の方は多いのでは? 医師の収入は確かに高いですが、出費も多くなか・・・

記事全文

仕事中でもおしゃれをしたい! 女医のアクセサリーはどこまでOK?

日々忙しく働く女医ですが、女性らしさやさりげないおしゃれは忘れたくないもの。そこで今回は、女医は勤務中でもアクセサリーを・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー