仕事中でもおしゃれをしたい! 女医のアクセサリーはどこまでOK?

仕事中でもおしゃれをしたい! 女医のアクセサリーはどこまでOK?

近年、医師として働く女性は増えています。
仕事中でもおしゃれをしていたいと思うのが女性としての本音ですよね。そこで問題になるのが、勤務中にアクセサリーを身につけることは許されるのかどうかです。
病院によってはアクセサリーをすべて禁止とするところもあるようですが、ある程度なら許されることも。
今回は、女医のアクセサリーはどこまで許されるのか、また、どのようなものならOKなのかを、アクセサリー別にご紹介します。

女医のアクセサリーはどこまで許される? どういったものならOK?

腕時計はOK? どういったものをつける?

医師は院内感染を防ぐために頻繁に手を洗う必要があります。
そのため、手につけるもの(腕時計や指輪などのアクセサリー類)は、手を洗う際の邪魔になり、菌が十分に落としきれないリスクがあるので禁止になっているところが多いです。
一方で、お看取りをすることのある医師の場合は腕時計をつけるという人が多いようです。
その理由としては、お看取りをする際に院内PHSで時間を確認するのは失礼なので、自身の腕時計で時刻を確認する必要があるからです。
腕時計を選ぶ際のポイントとしては、時刻が見やすいもの、水洗いできるもの、そしてあまり高価でないものを選ぶと良いでしょう。
仕事中に汚れてしまったり、MRIの磁気で壊れてしまったりすることもあるようです。

結婚指輪も外した方がいい?

病院によっては、「結婚指輪ならOK」というところがあるようです。
しかし、OKであっても「自主的に外す」という方が多いようですね。
理由としては、しっかりとした手洗いを徹底するためと、患者さんが金属アレルギーかもしれないという不安をなくすためなどが挙げられます。また、指輪を汚したり傷つけたりしたくないからという意見もあります。
結婚指輪を外す場合は、外した指輪の保管方法も考えなければなりませんね。
なくしてしまっては大変なので、ロッカーに小物入れを用意したり、お財布にしまったり、そもそも家から持ち出さないようにしたりするなど、なくさないように工夫してみましょう。

ピアス・ネックレスはOKのところも

看護師のピアスは全面的に禁止されているところが多いですが、女医の場合はピアス・ネックレスともに禁止されているところは少ないようです。

しかし、邪魔になるようなものやあまり派手なものは、患者さんに良い印象を与えないので、ピアスであれば揺れないタイプの小ぶりのもの、ネックレスは短めのシンプルなものを選ぶと良いでしょう。白衣のズボンの下から華奢なアンクレットをのぞかせるのも女性らしくておしゃれですね。

髪留めはOKのところが多い

施術時などに長い髪は邪魔になるため、まとめることが多いですが、その際に使う髪留めはOKなところが多いようです。
ワンポイントのついたヘアゴムやシュシュ、クリップなどいろいろな髪留めアイテムがあるので、ここで自分らしさを表現するのもいいですね。
夜会巻き風にまとめると長い髪でも仕事の邪魔にならず、女性らしくおしゃれに仕上がるためおすすめです。
時間がない忙しい女医さんでも慣れると簡単にできるので、一度試してみてくださいね。

髪留めはOKのところが多い

忙しく働く女医さんですが、女性らしさやさりげないおしゃれは忘れたくないですよね。
勤務する病院によって規則は異なりますが、少しのアクセサリーであればOKのところもあります。
日々の仕事に、自分らしくいられるようなおしゃれを取り入れてみてはいかがですか?

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女性医師の「強み」はどんなところ? 求められるものとは

女性医師の割合は年々増加傾向にあり、それにともない女性医師へのニーズも高まってきています。女性医師は男性医師に比べて不利・・・

記事全文

女医の婚活で知っておきたい「尊敬婚」という結婚スタイル

男性が働く女性を尊敬し、お互いに自立した関係を築く新しい結婚スタイル「尊敬婚」。ここでは、尊敬婚とはどのようなものなのか・・・

記事全文

医師が退職するときに使う理由、多いものとは?

医師が転職をするときには、転職理由を明確にしておかなければなりません。しかし、どのような理由を伝えればよいかと迷ってしま・・・

記事全文

女医の結婚・離婚事情「3分の1の法則」とは?

女医の結婚や離婚の話題になるとよく言われる「3分の1の法則」とは? どのような意味の言葉なのかと、実際にこの法則は正しい・・・

記事全文

女性医師のマミートラック問題とどう向き合う?

出産後、女性がキャリアップにならない業務に従事することになるマミートラック。マミートラック問題は女性医師にも大きく関わっ・・・

記事全文

女性医師の転職、最適な年齢は?

女性医師が転職するのに最適な年齢はいくつくらいなのでしょうか。ここでは、女性医師が転職するのに最適な年齢を、年代別にご紹・・・

記事全文

女医さんが参加する婚活パーティーのマナーとポイントとは

女医の毎日は仕事が忙しくて、とても出会いの機会なんてあきらめてしまいがち。プライベートで出会うチャンスがないなら、婚活パ・・・

記事全文

【忙しい女医さん必見】快眠ポイントを知ってぐっすり眠ろう!

「仕事が激務でゆっくり眠れない……」と睡眠不足に悩んでいる女医さんも多いのではないでしょうか。休日に寝だめしても疲れが取・・・

記事全文

女医でもトライできる! 禁煙のポイントについてご紹介

忙しいからと禁煙を諦めてしまっていませんか? 日々忙しく働く女医さんでも、禁煙のコツさえおさえておけば、自力で禁煙を成功・・・

記事全文

女医なら意識したい! キレイな爪の作り方

指先は人の目線に入りやすく、意外にも周りからチェックされているポイントです。 女医は仕事柄ネイルアートはしづらいですが、・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー