女医におすすめ! 今すぐ実践できるモチベーションを上げる方法

女医におすすめ! 今すぐ実践できるモチベーションを上げる方法

女医の中には、働きながら子育てに奮闘しているママドクターも多いのではないでしょうか。
毎日仕事や家事を続けていると、時には意欲が湧いてこない日もありますよね。
そこで今回はモチベーションを上げるための方法を紹介します。

モチベーションとは

「短期的モチベーション」と「長期的モチベーション」

モチベーションとは「やる気」や「意欲」のことを指します。医師としての仕事はもちろん、育児や家事をする上でもモチベーションなしに続けることはできません。
モチベーションは2つの種類に分かれるようです。ひとつは「短期的モチベーション」といい、短期的、一時的な目標を完遂するためのものであり、目の前の仕事を終わらせるためのモチベーションです。もうひとつは「長期的モチベーション」で、仕事そのものを維持することのモチベーション。
どちらかというと人生全体に影響する要素が強くなります。この2つは同時に存在し、別々の課題を持っています。
今目の前にある仕事をこなすためのモチベーションアップ、そして、仕事と人生の関わりの中でモチベーションをキープすることが、仕事に対するやりがいや充実感を得られるポイントなのです。

モチベーションのアップ&キープの方法

ここからはモチベーションをアップ・キープする方法を紹介します。

モチベーションアップ①小さな目標を考える

仕事で大きな目標を掲げてしまうと、達成するまでにいくつもの課題を乗り越えなければならないのでなかなかモチベーションは上がりません。
逆にすぐに実現できそうな小さな目標であれば、努力することが苦になりませんよね。
最初はいくつか小さな目標を立てて行動してみましょう。
達成することで自己肯定感が高められるようになりますよ。

モチベーションアップ②マスタリー目標を設定する

自分自身の能力を伸ばすことに着目した目標を「マスタリー目標」といいます。
この目標を掲げることで失敗をあまり恐れず、物事に立ち向かうことができます。
モチベーションもアップするので、ひとつだけでもいいからマスタリー目標を設定してみましょう。

モチベーションアップ③脳の疲れをとる

脳が疲れていると物事を決断する気力もモチベーションもどんどん失われてしまいます。
以下の方法で、脳の疲れをとるようにしましょう。

・15~30分程度の仮眠をとる
・カカオ入りのチョコレートを食べる
・心拍数が上がる軽い運動をする

どれかひとつでも効果がありますので、実践してみてください。

モチベーションキープ①ポジティブ/ネガティブ・モチベーションをうまく利用する

ポジティブ・モチベーションは、達成すると得られるものを目標に行動することです。
これに対してネガティブ・モチベーションは、やらないと起こりうる好ましくないことを避けるために行動することです。
(この「モチベーション」は動機付けという意味です。)
何かを達成した自分の姿をイメージしたり、逆に行動を移さなかったことで後悔する自分の姿をイメージしたりすると、モチベーションの維持ができるのです。
やる気がなくなってきたときは、両方のイメージを頭に思い浮かべると良いでしょう。

モチベーションキープ②目標を明確にする

仕事は人生の目標を達成するための1つの手段です。
仕事に関するモチベーションを軸にして、家族や健康、お金など、人生におけるカテゴリーごとの長期目標を立てましょう。
自分が人生に必要なものを具体的に紙に書いて読み上げると、効果があるとされています。
手帳などに書いて、ときどき見直してみるのもおすすめです。

副業をするメリット

女医はストレスフルな環境にいますので、モチベーションを高く保ち続けるのはなかなか難しいですよね。
モチベーションが上がらない、維持できないと感じたときはぜひ上記の方法を実践してみてください。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女性医師の「強み」はどんなところ? 求められるものとは

女性医師の割合は年々増加傾向にあり、それにともない女性医師へのニーズも高まってきています。女性医師は男性医師に比べて不利・・・

記事全文

女医の婚活で知っておきたい「尊敬婚」という結婚スタイル

男性が働く女性を尊敬し、お互いに自立した関係を築く新しい結婚スタイル「尊敬婚」。ここでは、尊敬婚とはどのようなものなのか・・・

記事全文

医師が退職するときに使う理由、多いものとは?

医師が転職をするときには、転職理由を明確にしておかなければなりません。しかし、どのような理由を伝えればよいかと迷ってしま・・・

記事全文

女医の結婚・離婚事情「3分の1の法則」とは?

女医の結婚や離婚の話題になるとよく言われる「3分の1の法則」とは? どのような意味の言葉なのかと、実際にこの法則は正しい・・・

記事全文

女性医師のマミートラック問題とどう向き合う?

出産後、女性がキャリアップにならない業務に従事することになるマミートラック。マミートラック問題は女性医師にも大きく関わっ・・・

記事全文

女性医師の転職、最適な年齢は?

女性医師が転職するのに最適な年齢はいくつくらいなのでしょうか。ここでは、女性医師が転職するのに最適な年齢を、年代別にご紹・・・

記事全文

女医さんが参加する婚活パーティーのマナーとポイントとは

女医の毎日は仕事が忙しくて、とても出会いの機会なんてあきらめてしまいがち。プライベートで出会うチャンスがないなら、婚活パ・・・

記事全文

【忙しい女医さん必見】快眠ポイントを知ってぐっすり眠ろう!

「仕事が激務でゆっくり眠れない……」と睡眠不足に悩んでいる女医さんも多いのではないでしょうか。休日に寝だめしても疲れが取・・・

記事全文

女医でもトライできる! 禁煙のポイントについてご紹介

忙しいからと禁煙を諦めてしまっていませんか? 日々忙しく働く女医さんでも、禁煙のコツさえおさえておけば、自力で禁煙を成功・・・

記事全文

女医なら意識したい! キレイな爪の作り方

指先は人の目線に入りやすく、意外にも周りからチェックされているポイントです。 女医は仕事柄ネイルアートはしづらいですが、・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー