あなたはいくつ共感できる? 女医あるある

あなたはいくつ共感できる? 女医あるある

女医という職業柄、ほかの業界ではあまり経験できないようなことは多いのではないでしょうか。
周囲の人間関係や仕事、研究に関することまで、女医として遭遇する、さまざまなあるあるを今回紹介します。
同じ女医の方なら、納得できることばかりかもしれません。

一般とは違う? 医師の世界のあるある

ドラマでの医師の姿! 現実はこんなに違う?

医療系のドラマは人気が高く、大ヒットしているシリーズもあります。
しかし、実際に女医として働いてみるとドラマの世界との違いに驚くことの方が多くなります。

・医師と看護師達との関わり
医療ドラマでは医師と看護師が楽しそうに会話している様子が描かれます。
しかし、現実の医療現場ではこうしたシーンはなかなか見かけません。ドラマのこうしたシーンにギャップを感じる女医は多いようです。

・医師が専門外の手術を行う
重体の患者が運ばれ、すぐに手術が必要だけど、専門医師がおらず、困ったところで主人公の医師がオペを行う……。
医療ドラマの定番シーンですが、現実ではこのような事態は起こりません。外科医だからといってさまざまな手術を行うのはドラマの世界だけでしょう。

・落ち込んだときは屋上に上がる
医師や患者が悩んだり落ち込んだりしたとき、屋上に佇んで気分転換しているシーン。
同僚や担当医、看護師が励ましてくれる感動の場面もありますが、多くの病院では転落などの事故を防ぐため、屋上に鍵がかけられています。これも現実にはない光景といえるでしょう。

医師は早食いの人が多い

早食いは医師の職業病ともいえます。毎日仕事が多忙なうえ、急患が入ってしまうと、食事をとれないまま何時間も手術に挑むことも少なくありません。
1度でもそういう経験をすると、早食いの癖が付いてしまうのです。

女医ならではのあるあるとは

男性医師の結婚は多いのに、女医は未婚率が高い

男性医師の場合、年収と社会的地位が結婚に繋がります。
また、周囲に看護師や薬剤師などの女性も多く、そのため、医師になって一通りの仕事ができるようになると突然モテ始めます。
看護師たちの結婚率は高いですが、その一方で女医は未婚、晩婚が多いのが現状です。

研修の際、美人だと周囲の対応が違う

研修医が美人の場合、周囲の医師のテンションが上がりがちに。美人研修医のローテーション中は飲み会が増えたり、いつもはあまり研修に参加しない医師が熱心に指導したりするなど、美人に対する男性特有の行動がみられます。
研修医からすると親切に教えてもらえるなどのメリットはありますが、拘束時間が長くなったり、お付き合いを断りづらくなったりと大変なことも。
その気がないのに男性医師を巡る看護師たちの争いにいつの間にか巻き込まれていた……なんてこともあるので要注意です。

婚活は20代から気合を入れる

結婚率が低い職業といわれるため、多くの女医はタイミングを逃すと結婚が難しいと考えるようです。
また、初期研修の終了後、専門医を目指すため試験に合格し、専門医に認定される時期が出産適齢期と重なるのも大きな理由でしょう。
そのため、できるだけ早い段階で合コンに行ったり、知り合いの友達を紹介してもらったりと婚活に力を入れます。

女医ならではのあるあるとは

女医が経験するあるあるを紹介しました。
共感できるものもあれば、初めて知ったということもあるかと思います。
心の中で突っ込みながら、仕事の糧にしてくださいね。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女医なら意識したい! キレイな爪の作り方

指先は人の目線に入りやすく、意外にも周りからチェックされているポイントです。 女医は仕事柄ネイルアートはしづらいですが、・・・

記事全文

女医が開業するなら医師会に入るべき? 加入のメリット・デメリット

女医が開業する際に頭を悩ませるのが医師会への加入。医師会への加入は任意であるため、加入のメリットとデメリットをしっかりと・・・

記事全文

医師は夏休みをいつ取るべき? 医師の夏休み事情をチェックしてみよう

「世の中の医師たちは、長めに夏休みを取れているの?」と気になっている女性医師もいると思います。医師の夏休みは何日間取得す・・・

記事全文

患者さんや看護師の憧れの的になる! 女医のおしゃれのポイントは?

おしゃれな着こなしを意識すれば、女医の仕事へのモチベーションもアップしやすくなるものです。日々の着こなしに上品で女性らし・・・

記事全文

他の医師に嫌われやすい? 最近話題の「ゆるふわ女医」ってどんな人?

近年、ある特徴を持つ女性医師が「ゆるふわ女医」と呼ばれるようになりました。この記事では、ゆるふわ女医の特徴について詳しく・・・

記事全文

女医が出産をするときには産休を取るべき?それとも離職するべき?

女医は、妊娠が判明したら産休・育休を取得することが多いと思います。しかし、出産を期に離職し、子育てが落ち着いてから仕事を・・・

記事全文

産後のことも考えておきたい! 女医が産休前にやっておくべきこと4つ

妊娠が判明したら、産休に向けてさまざまな準備を始める必要があります。女医が産休に入る前には、どのようなポイントに気をつけ・・・

記事全文

女医はセクハラにあいやすい!? 回避する方法とは?

上司や同僚医師から、そして患者からもセクハラ被害を受けているという女医は少なくありません。どのようなケースでセクハラが起・・・

記事全文

女医の平均貯金額ってどのくらい? 貯金のポイントは?

「貯金は大切だとわかっているけどなかなか……」という女医の方は多いのでは? 医師の収入は確かに高いですが、出費も多くなか・・・

記事全文

仕事中でもおしゃれをしたい! 女医のアクセサリーはどこまでOK?

日々忙しく働く女医ですが、女性らしさやさりげないおしゃれは忘れたくないもの。そこで今回は、女医は勤務中でもアクセサリーを・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー