女医なら実践しておきたい! インフルエンザ予防法とは

女医なら実践しておきたい! インフルエンザ予防法とは

インフルエンザのニュースを見る度に「感染しないように気を付けなくては」と思いますよね。
毎日病院で大勢の患者さんに接する機会が多い女医だからこそ、インフルエンザをしっかりと予防しましょう。
今回は簡単に実践できるインフルエンザの予防法を紹介します。

インフルエンザのかかりやすさをチェック!

インフルエンザが流行していても、かかりやすい人とかかりにくい人がいます。
まずは自分がインフルエンザにかかりやすい状態にあるかチェックしてみましょう。

・現在インフルエンザワクチンの接種をしていない
・インフルエンザにかかった人が周囲にいる
・毎日、不特定多数の人に接している
・最近は忙しくて疲れ気味
・外から帰って、手を洗わない
・寝不足である

上記の項目にチェック数が多い程、インフルエンザにかかりやすい状態といえます。
できるだけ早めに自分で予防しましょう。

すぐに実践できるインフルエンザの予防方法

マスクの着用

くしゃみをすると、口から飛沫(ひまつ)が飛び散ります。
インフルエンザに感染した人のくしゃみからでた飛沫には、大量のインフルエンザウイルスが含まれます。
この飛沫を鼻や口から吸いこむと感染する可能性が高くなります。マスクはこうした飛沫感染を防ぐために有効なアイテムです。

疲れている時の外出は避ける

疲労で体力が低下していると、インフルエンザに対する抵抗力も低下してしまいます。
なるべく人が多い場所への外出は避け、栄養と休息を十分取るように心がけてください。
インフルエンザの予防はもちろん、自分で自覚がないままウイルスをまき散らさないためにも無理はしないほうがいいですね。

手洗いの徹底

インフルエンザウイルスが付着したドアノブなどに触ると、ウイルスが自分の手に付いてしまいます。
その手を鼻や口に持っていくと感染してしまうので要注意。外出から帰った後は手洗いを徹底しましょう。
石鹸をよく泡立てて、手のひら、手の甲、指と指の間や爪の内側まで洗い、流水で流すのがポイントです。
出先で手洗いできない場合はアルコール消毒剤の活用もおすすめです。

毎日肩まで湯船に浸かる

体の芯から温まることで体温が上がり、免疫力も上がります。
また、鼻腔・口腔・喉頭・気管・気管支にある「気道(きどう)」の線毛細胞が活発になり、ウイルスを排出する働きも期待できます。
このとき、汗をかくまで湯船に浸かるのがポイント。汗をかくのは一時的に体温が上がり、免疫力も上がっている状態だからです。

歯磨きもインフルエンザ予防に効果あり?

歯みがきもインフルエンザの予防効果を高めることをご存知でしょうか。
口腔を不潔にしているとウイルスに感染しやすくなります。
歯みがきによって口腔内雑菌を減少させると、インフルエンザの感染を抑える可能性が高まるのです。

舌苔による口臭を防ぐための方法3つ

インフルエンザ予防はどれも簡単にできるものばかりです。
ぜひ毎日の生活の中に取り入れて、インフルエンザ予防に努めてくださいね。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

医師は夏休みをいつ取るべき? 医師の夏休み事情をチェックしてみよう

「世の中の医師たちは、長めに夏休みを取れているの?」と気になっている女性医師もいると思います。医師の夏休みは何日間取得す・・・

記事全文

患者さんや看護師の憧れの的になる! 女医のおしゃれのポイントは?

おしゃれな着こなしを意識すれば、女医の仕事へのモチベーションもアップしやすくなるものです。日々の着こなしに上品で女性らし・・・

記事全文

他の医師に嫌われやすい? 最近話題の「ゆるふわ女医」ってどんな人?

近年、ある特徴を持つ女性医師が「ゆるふわ女医」と呼ばれるようになりました。この記事では、ゆるふわ女医の特徴について詳しく・・・

記事全文

女医が出産をするときには産休を取るべき?それとも離職するべき?

女医は、妊娠が判明したら産休・育休を取得することが多いと思います。しかし、出産を期に離職し、子育てが落ち着いてから仕事を・・・

記事全文

産後のことも考えておきたい! 女医が産休前にやっておくべきこと4つ

妊娠が判明したら、産休に向けてさまざまな準備を始める必要があります。女医が産休に入る前には、どのようなポイントに気をつけ・・・

記事全文

女医はセクハラにあいやすい!? 回避する方法とは?

上司や同僚医師から、そして患者からもセクハラ被害を受けているという女医は少なくありません。どのようなケースでセクハラが起・・・

記事全文

女医の平均貯金額ってどのくらい? 貯金のポイントは?

「貯金は大切だとわかっているけどなかなか……」という女医の方は多いのでは? 医師の収入は確かに高いですが、出費も多くなか・・・

記事全文

仕事中でもおしゃれをしたい! 女医のアクセサリーはどこまでOK?

日々忙しく働く女医ですが、女性らしさやさりげないおしゃれは忘れたくないもの。そこで今回は、女医は勤務中でもアクセサリーを・・・

記事全文

女医におすすめ! 今すぐ実践できるモチベーションを上げる方法

女医の中には、働きながら子育てに奮闘しているママドクターも多いのではないでしょうか。しかし、時には仕事や家事をこなすため・・・

記事全文

女医だって結婚したい! おすすめの婚活タイミング

女性の社会進出が注目されている近年、女医は社会的地位も収入も高い職業です。その一方で、結婚となると婚活に苦戦する方が多い・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー