動きやすさもカッコよさも大切! 女医が「白衣」を選ぶときのポイント

動きやすさもカッコよさも大切! 女医が「白衣」を選ぶときのポイント

白衣は、医療現場で働く女医にとって必要不可欠な仕事着です。
しかし、病院から支給された白衣や適当に選んだ白衣を身に着けていて「動きにくい」「スタイルが悪く見える」とお悩みの女医もいるのではないでしょうか?
スタッフや患者さんに良い印象を与え、日々気持ちよく仕事をするためにも、白衣のシルエットには十分こだわりたいものです。そこで今回は、スタイリッシュに着こなせる白衣の選び方について紹介いたします。

女医が白衣を選ぶときのポイントは?

白衣にはさまざまなサイズやデザインのものがあり、選び方によって印象は大きく変わります。
ダボッとした垢抜けない雰囲気の白衣を身につけるよりも、スタイリッシュな白衣を颯爽と着こなしたほうが気分も上がりやすいですよね。
白衣を選ぶときにはオーバーサイズのものを避け、自分のスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。
白衣のサンプルを貸し出すサービスを行っているメディカルウェアのメーカーもあります。
こういったサービスを利用して実際に袖を通したときの見た目や着心地をチェックすれば、自分にぴったりの白衣を選ぶことができますよ。

Aラインシルエットの白衣で体型カバー

白衣の白は膨張色なので、選び方によっては太って見えやすいのが悩ましいですよね。
中には「体型が気になるから」とダボダボの白衣を選んでボディラインをカバーしている女医もいるかもしれませんが、これはNGです。
白衣をスタイリッシュに着こなしたいのなら、ウエストが絞られているAラインシルエットのものを選ぶのがおすすめです。
絞りのある白衣ならばボディラインにメリハリがつきやすく、スッキリとしたシルエットになりますよ。

七分袖の白衣には嬉しい細見え効果が

ガッシリとした肩や太めの二の腕がコンプレックスになっている女医は、七分袖の白衣を選んでみましょう。
袖が七分丈になっている白衣ならば肩口や二の腕が隠れ、袖から手首だけが覗きます。手首はほっそりとしているパーツなので、この部分だけが見えれば体全体が細く見えやすくなるのです。
長袖の白衣を折り返して手首を出すという方法でも同様の細見え効果が得られるので、ぜひ試してみてくださいね。

ハーフ丈の白衣で脚長効果を狙おう

脚長効果のある白衣を身につけたいという女医は、ロング丈ではなくハーフ丈のものを選びましょう。
ロング丈のコートを背の低い方が身につけると、背が低く足が短く見えてしまうことがあります。
白衣の着丈が短いものを選び、ゆったりとしたパンツではなくストレッチのきいたパンツを穿くようにすれば、スラリとしたシルエットが実現できますよ。
裾が短い白衣は動きやすいですし、カジュアルで親しみやすい印象を演出できるという良さもあります。

ハーフ丈の白衣で脚長効果を狙おう

白衣を選ぶときには袖や丈の長さ、ウエストの絞りなどに注目するとよいでしょう。
白衣を颯爽と着こなしている女医は、病院スタッフや患者さんたちの憧れの的となるはずです。
この記事を参考にして、体型を綺麗に見せてくれる素敵な白衣を選んでみてくださいね。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女医はセクハラにあいやすい!? 回避する方法とは?

上司や同僚医師から、そして患者からもセクハラ被害を受けているという女医は少なくありません。どのようなケースでセクハラが起・・・

記事全文

女医の平均貯金額ってどのくらい? 貯金のポイントは?

「貯金は大切だとわかっているけどなかなか……」という女医の方は多いのでは? 医師の収入は確かに高いですが、出費も多くなか・・・

記事全文

仕事中でもおしゃれをしたい! 女医のアクセサリーはどこまでOK?

日々忙しく働く女医ですが、女性らしさやさりげないおしゃれは忘れたくないもの。そこで今回は、女医は勤務中でもアクセサリーを・・・

記事全文

女医におすすめ! 今すぐ実践できるモチベーションを上げる方法

女医の中には、働きながら子育てに奮闘しているママドクターも多いのではないでしょうか。しかし、時には仕事や家事をこなすため・・・

記事全文

女医だって結婚したい! おすすめの婚活タイミング

女性の社会進出が注目されている近年、女医は社会的地位も収入も高い職業です。その一方で、結婚となると婚活に苦戦する方が多い・・・

記事全文

あなたはいくつ共感できる? 女医あるある

女医という職業柄、ほかの業界ではあまり経験できないような出来事にあうことは多いのではないでしょうか。周囲の人間関係や仕事・・・

記事全文

女医なら実践しておきたい! インフルエンザ予防法とは

インフルエンザのニュースを見る度に「感染しないように気を付けたい」と思いますよね。 毎日病院で大勢の患者さんに接する機会・・・

記事全文

口臭の原因は「舌」にあった? 女医が意識したい口腔内ケアのポイント

患者さんやスタッフと至近距離で会話をするときなどに、自分の口臭が気になったことはありませんか? 歯磨きをはじめとしたマウ・・・

記事全文

女医ももらえる「出産手当金」とは? 制度の概要や申請方法について

女性が出産に際して産休を取得するときには、出産手当金を受け取れることがあります。今回は、女医として働けない期間にまとまっ・・・

記事全文

ストレスが多い女医におすすめ! 「三行日記」の効果と書き方について

日々の仕事に忙殺され、ストレスの蓄積を感じているという女医もいることでしょう。 「眠れない」「イライラする」といった強い・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー