夏場は白衣が暑い! 女性医師ができる白衣の暑さ対策3つ

夏場は白衣が暑い! 女性医師ができる白衣の暑さ対策3つ

医療従事者のユニフォームである白衣は、機能面からデザインや素材がある程度決まっているため、熱がこもりがちです。動き回ることが多い医師にとって夏は白衣の中に熱がこもる季節ですが、暑いからといってだらけた服装はマナー違反です。そこで、女性医師が品を保ったままできる白衣の暑さ対策についてご紹介しましょう。

白衣は熱がこもりやすい! 夏は通気性のいいものを選ぼう

現在の白衣は汚れが落としやすいこと、家で手入れできる素材であることから、ポリエステル製が主流です。しかし、ポリエステルは蒸気を吸収しないので熱がこもりやすいという特徴もあります。そうしたポリエステルのデメリットを解消するべく、夏物衣類に使われるポリエステルには速乾性や接触冷感などの機能を持たせているものも増えてきています。ですから白衣は一年中同じものではなく、夏は夏用の白衣を用意するのがおすすめです。
夏向けにメッシュ素材や速乾機能を持たせて風通しを向上させたタイプや、触るとひんやり感じる接触冷感の機能を持たせた生地を使用しているタイプの白衣を選ぶといいでしょう。

夏の白衣はゆったりシルエットのデザインを選ぶ

ポリエステルは通気性がよくないので、肌に密着すると熱がこもりやすい素材です。そのため、夏の白衣はできるだけゆったりしたシルエットのものが向いています。生地が肌から離れることで風通しがよくなるだけでなく、汗で生地が肌に貼りつくことも防止できます。現在取り入れる現場が増えているスクラブデザインの白衣は、首元がVネックになって大きく開いている上に裾が短いので風通しがよく、熱がこもりにくいのでおすすめです。ズボンは脚のラインにぴったりするものではなく、ストレートラインのゆったりしたもののほうが熱は逃げやすいので涼しく感じられます。
夏の白衣には、ゆったりしたシルエットのものを選ぶようにしましょう。

ドクターコートも夏仕様だと白衣姿でも熱がこもらない

スクラブやズボンを採用する医療現場も増えてきていますが、ドクターコートの現場も少なくありません。診察の際に着用することが多い医師の白衣・ドクターコートですが、こちらもほかの白衣同様「汚れが落としやすい」「洗濯しても形が崩れにくく、アイロンが不要」ということから、ポリエステル製が主流です。ですから、年中同じものを着用するのではなく、夏仕様のドクターコートを選ぶようにしましょう。
夏仕様のドクターコートは生地に小さく穴が開いていて通気性を確保していたり、生地を薄くしたりして軽量化を図るなど、暑さ対策を施してあります。さらに、半袖・裾が短めなどデザイン的にも涼しさを追求しているのでおすすめです。

ドクターコートも夏仕様だと白衣姿でも熱がこもらない

白衣は手入れのしやすさからポリエステルが使われていますが、熱がこもりやすい素材なので、一年中同じものだと夏場は特に暑く感じられます。白衣にも夏仕様のものが登場しているので、通気性・速乾性・冷感素材などの機能を持つものを選ぶのがおすすめです。またシルエットはゆったりしたデザインを選ぶと風通しがよくなり、涼しく感じられます。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

どう付き合う? 女医が考える、アンチエイジングとサプリメントの関係

女医の仕事は多忙で不規則になりがちです。そのため、エイジングケアを目的にサプリメントを服用しているという女医も少なくあり・・・

記事全文

賛否両論? 医師の給与にインセンティブ手当を導入するメリット

医師の給与にインセンティブ手当を導入する動きが活発になっています。 医師のモチベーションアップや定着率の向上などを目的に・・・

記事全文

婚活の前にまずは恋活から! 結婚へつなげる女医の恋活テクニック

「結婚したいけれど出会いがない」という悩みを抱えている女医は意外と多いものです。 結婚を視野に入れているという方は、婚活・・・

記事全文

立場の違いがトラブルのもとになる? 女医が気をつけたいパワハラ対策

病院内ではときに看護師と医師の関係性が悪化し、看護師からパワハラ被害を訴えられるケースがあります。 医師の中には立場を盾・・・

記事全文

麻酔科に転科したい医師必見! 本当に転科しますか?

麻酔科への転科を考える医師は多いといわれています。 女性医師の場合は特に、結婚や妊娠、出産、子育てなどのライフイベントが・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー