女性医師が雇われ院長に転職するメリット・デメリット3つ

女性医師が雇われ院長に転職するメリット・デメリット3つ

医師の求人に多く見られるクリニックでの院長職、いわゆる「雇われ院長」は一般的に繁盛しているクリニックや病院が分院する際に必要となる管理者のことです。一つの医療施設の責任者なので手当ても多くつきますが、一方で経営者としての能力も求められる仕事でもあります。今回は女性医師が雇われ院長に転職するメリット、デメリットについてご紹介します。

院長に転職するメリット1 給料が高い

雇われ院長は一つの施設の責任者としての採用なので、一般的な勤務医よりは給料が高めの傾向です。基本的には、契約した時間通りに働き、業務をこなすことを求められるので、実質的には勤務医とそう変わりがありません。ここに院長手当がプラスされるので、勤務医より高くなることが多いのです。

院長に転職するメリット2 当直・オンコールがない

基本的にクリニックには入院施設もなく、予約した患者が訪れるだけなので当直やオンコールがありません。生活が不規則になりやすい当直や、時間外に呼び出されるオンコールは、主婦でもある女性医師にとっては対応が難しいものです。その点、雇われ院長は時間外の労働がないために計画が立てやすく、生活のリズムも家族に合わせやすいのがメリットです。

院長に転職するメリット3 経営資金は負担しなくていい

医師として独立開業をする場合は、経営資金を自分で調達し、医療機器をリースしスタッフを揃え、患者が来るように営業努力をする必要があります。しかし雇われ院長の場合は経営者が資金も機器もすべて用意しているので、医師が金銭的な負担をするものはありません。またクリニックやその母体組織の経営がうまくいかなくても、雇われ院長が負債を負担することはありません。

院長に転職するデメリット1 クリニックで起こるすべての責任者

雇われ院長とはいえ、一つの医療施設の責任者になるので、クリニックで起こる医療的な問題すべての責任を取る必要があります。またエステサロンが美容クリニックを開設するケースのように、経営法人が一般企業である場合、雇われ院長が独立開業するという体裁を取るので、行政上の責任者にもなります。そのため、トラブルが起きた際には行政処分を受けることもあり得ます。

院長に転職するデメリット2 医療以外の業務が多い

雇われとはいえ、一つのクリニックの経営を任されるので、人事や労務の管理や医師会の集まりに出るなど、医療業務以外の仕事が多いのも院長の特徴です。医療業務を行いながら、その他の業務も同時に片付けなくてはいけないことから、今まで以上にタスク管理機能が求められます。

院長に転職するデメリット3 利益を出すことを求められる

クリニックでは利益を出すことが求められるため、院長にも経営努力が求められます。どうすれば受診者が増え、どうすれば一人当たりの単価がアップするか、常に利益のことを考えて行動することが必要です。

院長に転職するデメリット3 利益を出すことを求められる

雇われとはいえ、院長はクリニックの責任者なのでやりがいがある働き方です。給料がアップし、当直もオンコールもない雇われ院長は女性医師にとっても嬉しい転職先ですが、その一方で責任者としての業務が増えるというデメリットもあります。院長職を検討する際には、このようなメリット・デメリットがあることを知っておきましょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

どう付き合う? 女医が考える、アンチエイジングとサプリメントの関係

女医の仕事は多忙で不規則になりがちです。そのため、エイジングケアを目的にサプリメントを服用しているという女医も少なくあり・・・

記事全文

賛否両論? 医師の給与にインセンティブ手当を導入するメリット

医師の給与にインセンティブ手当を導入する動きが活発になっています。 医師のモチベーションアップや定着率の向上などを目的に・・・

記事全文

婚活の前にまずは恋活から! 結婚へつなげる女医の恋活テクニック

「結婚したいけれど出会いがない」という悩みを抱えている女医は意外と多いものです。 結婚を視野に入れているという方は、婚活・・・

記事全文

立場の違いがトラブルのもとになる? 女医が気をつけたいパワハラ対策

病院内ではときに看護師と医師の関係性が悪化し、看護師からパワハラ被害を訴えられるケースがあります。 医師の中には立場を盾・・・

記事全文

麻酔科に転科したい医師必見! 本当に転科しますか?

麻酔科への転科を考える医師は多いといわれています。 女性医師の場合は特に、結婚や妊娠、出産、子育てなどのライフイベントが・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー