忙しいママドクターに! ベビーシッターを利用するメリット5つ

忙しいママドクターに! ベビーシッターを利用するメリット5つ

医療関係者の離職防止と復職支援を目的として、院内保育所の設置促進策が厚生労働省によって打ち出されました。

しかし、院内保育施設の数は伸びたものの、十分とはいえないのが現状です。
保育士の保育園離れが進み、フリーランスベビーシッターが増えている今、経験豊富なベビーシッターを見つけやすい状況にあります。
そこで今回は、ベビーシッターを利用するメリットを5つお伝えします。

ベビーシッターを利用するメリットは?

ベビーシッターを利用するメリットには次のようなものがあります。

・自宅で保育ができる

自宅で保育ができるということは、保育園まで送迎する必要がなく、子どもは慣れたお家で過ごすことができます。

・子どもに合ったきめ細かい保育をしてもらえる

保育士の数にもよりますが、集団保育ではなかなかひとりひとりを丁寧に見るのが難しいという場合もあります。
しかしベビーシッターの場合は一対一のため、その心配がありません。

・深夜や早朝、休日も対応してもらえる

保育園は平日の朝から夕方までが一般的で、土曜日は見てもらえる時間が短かったり、日曜日や祝祭日は見てもらえなかったりしますが、ベビーシッターは深夜や休日に対応している場合もあります。

・短時間でも大丈夫

数時間だけ子どもを預けたいときには一時保育を利用することになりますが、定員に余裕がないと申込みを受付けてもらえない場合があります。
短時間の場合には、ベビーシッターのほうが便利でしょう。

・急な場合でもお願いできる

急用で明日お願いしたいなどという場合は、ベビーシッターのほうが柔軟に対応してくれます。
一時保育は申込期限があり、少なくとも数日前に申込みを終えている必要があることが多いです。
ベビーシッターを利用するメリットは、「必要な時に必要なサービスを自宅で受けることができること」です。

ベビーシッターの利用にはデメリットもある

ベビーシッターの利用にはデメリットもある

ベビーシッターにはデメリットもありますので、次に挙げることを踏まえた上で利用するかどうかを検討してください。

・料金が割高
・有資格者とは限らない
・個人の知識や経験により保育の質が異なる
・不在中に第三者を自宅に招き入れることになる
・集団生活による子ども同士の学び合いがない

利用の際にはリスク管理が大切です。
お子さんの安全安心を優先し、万が一の事故や怪我、病気など、有事の際にはどのような対応をするのか、当日はどのような保育をするのかなど、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

自分の子どもをお願いする場合、家族や親戚などの信頼をおける人が最良でしょう。

しかし、そのような人がいつも身近に居るとは限りません。だからといって諦めてしまうのではなく、ベビーシッターという第三者に任せる方法があることも選択肢に入れておくとよいでしょう。
リスクはありますが、実際に利用しなければ良いベビーシッターに出会えるかどうかも分かりません。
利用後の口コミなど、フィードバックがあれば前もって確認をし、実際に会えるなら事前に会い、安材料をつぶしておきましょう。
当日までの準備が成功のポイントです。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

どう付き合う? 女医が考える、アンチエイジングとサプリメントの関係

女医の仕事は多忙で不規則になりがちです。そのため、エイジングケアを目的にサプリメントを服用しているという女医も少なくあり・・・

記事全文

賛否両論? 医師の給与にインセンティブ手当を導入するメリット

医師の給与にインセンティブ手当を導入する動きが活発になっています。 医師のモチベーションアップや定着率の向上などを目的に・・・

記事全文

婚活の前にまずは恋活から! 結婚へつなげる女医の恋活テクニック

「結婚したいけれど出会いがない」という悩みを抱えている女医は意外と多いものです。 結婚を視野に入れているという方は、婚活・・・

記事全文

立場の違いがトラブルのもとになる? 女医が気をつけたいパワハラ対策

病院内ではときに看護師と医師の関係性が悪化し、看護師からパワハラ被害を訴えられるケースがあります。 医師の中には立場を盾・・・

記事全文

麻酔科に転科したい医師必見! 本当に転科しますか?

麻酔科への転科を考える医師は多いといわれています。 女性医師の場合は特に、結婚や妊娠、出産、子育てなどのライフイベントが・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー