離職前にきちんと考えておこう! 女医の復職とブランク期間について

離職前にきちんと考えておこう! 女医の復職とブランク期間について

出産や育児といったライフイベントに合わせ、退職や休職を視野に入れているという女医は多いものです。
しかしブランクが空き過ぎてしまうと、復職しにくくなってしまうこともあるので要注意。

復職を前提に離職するという女医は、ブランク期間や復職時のことをきちんと意識しておく必要があります。
今回は、女医のブランクと復職の関係性について探ってみましょう。

一度ブランクが空くと復職は困難になる?

日本医師会の調査によると、女医の活動率は30歳で82.8%、35歳で76%となっています。
結婚や出産を機に20代の頃のような働き方が困難になり、医療の現場から離れるという女性医師はかなり多いといえるでしょう。

産後は子育てに追われ、落ち着くまでは女医としての仕事のことを考える余裕がなくなってしまうかもしれません。
しかし、医療の常識は日々アップデートされていくもの。
ブランク期間に医療業界から遠ざかってしまうと、復職が困難になることもあります。

復帰は早いほうが結果的にラク?

産休や育休を取得するという場合には、離職時に周囲に十分な根回しをしておきましょう。
休職による周囲への負担を理解した上で良好な人間関係を築いておけば、復職もスムーズに進めやすくなります。

離職後のブランクを埋めようと思うのなら、実際に仕事をして感覚を取り戻すことが一番です。
しかし、ブランクが空きすぎてしまうと感覚を取り戻すにも時間がかかってしまうもの。
復職を考えるのなら早めに行動したほうが、結果的にはラクといえるかもしれません。
まずは、非常勤や短時間のアルバイトといった無理のない働き方から始めてみると良いでしょう。

復職時には育児との両立を重視する

仕事に復帰しても、頼れる預け先がなければ当直や残業すらもままなりません。
子どもの用事や突発的な病気などで以前のように安定的に働くことができないケースもあります。

子育てをしながらの復職を目指すのならば、規模の大きい病院に転職するのもひとつの方法。
医師の少ない個人病院は融通がききにくく、子育てとの両立が難しいのが現状です。
女医の多い大学病院への復職ならば、医師の人数が多いためある程度自由な働き方が可能といえます。

最近は、院内託児所を完備するなど子育て中の女医のサポート体制を整えている病院も増えています。
ブランクのある女医は、育児との両立が困難でないかをじっくり考えた上で、最適な復職先を選びたいものです。

ブランク期間にも学び続ける姿勢を

クラシコの白衣が人気を集める秘密とは

ブランク期間にも、継続的な学びの機会を失わないよう心がけましょう。
専門科の学会に所属しておけば、常に情報を集めることができます。学会に出席できないという時期であっても、学会誌は読んでおきましょう。
ウェブ上の学習システムを活用して医療に関する知識を深めておくのも有効といえます。
また、全国の自治体や医療機関が用意している女医向けの復職支援プログラムを活用するという方法もあります。

一度退職したあと、ブランクが空きすぎて復帰しにくくなってしまう女医もいます。復職を前提に離職するのなら、ブランク期間の過ごし方をきちんと考えておきたいですね。
離職前に具体的な将来設計を構築しておけば、ブランク明けにも自分らしい働き方が叶いやすくなります。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

どう付き合う? 女医が考える、アンチエイジングとサプリメントの関係

女医の仕事は多忙で不規則になりがちです。そのため、エイジングケアを目的にサプリメントを服用しているという女医も少なくあり・・・

記事全文

賛否両論? 医師の給与にインセンティブ手当を導入するメリット

医師の給与にインセンティブ手当を導入する動きが活発になっています。 医師のモチベーションアップや定着率の向上などを目的に・・・

記事全文

婚活の前にまずは恋活から! 結婚へつなげる女医の恋活テクニック

「結婚したいけれど出会いがない」という悩みを抱えている女医は意外と多いものです。 結婚を視野に入れているという方は、婚活・・・

記事全文

立場の違いがトラブルのもとになる? 女医が気をつけたいパワハラ対策

病院内ではときに看護師と医師の関係性が悪化し、看護師からパワハラ被害を訴えられるケースがあります。 医師の中には立場を盾・・・

記事全文

麻酔科に転科したい医師必見! 本当に転科しますか?

麻酔科への転科を考える医師は多いといわれています。 女性医師の場合は特に、結婚や妊娠、出産、子育てなどのライフイベントが・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー