医療現場も例外ではない! 医師の働き方改革とはどんな内容?

医療現場も例外ではない! 医師の働き方改革とはどんな内容?

政府が推し進めている「働き方改革」は、労働人口の減少に対応するため、現在の働き方の課題に対応していこうというもの。
医療の高度化や患者のニーズの拡大を受けて、医師は長時間労働が常態化しています。
また高齢化で患者の数の増加が予想されるのに対し、医師の数は一気に増やすことができないため、働き方の見直しは必須です。

医師の働き方改革で検討されている内容や、現時点ではどうなっているのかご紹介しましょう。

医師にも働き方改革が求められる理由

2015年の国勢調査で、日本の人口が初めて減少に転じました。
総務省の試算によると労働人口は2060年には2016年の約4割にまで減ることがわかっており、働き手が減少する中で成長を続けていくためには「働き手を増やす」「出生率を上げる」「生産性の向上」という対策が必要です。
そのためには「長時間労働」「正規・非正間の格差」「働き手不足」という3つの課題をクリアしなくてはいけません。
医師も働き手不足が予想されているため働き方改革が求められますが、他の職業と仕事の内容が異なるため医師ならではの対策が求められています。
医師の働き方改革は厚生労働省に設置された「医師の働き方改革に関する検討会」によって進められており、2019年3月に結論を出すことになっています。
日本救急医学会、日本医師会などでも働き方改革への意見を取りまとめて検討会に提示する予定です。

働き方改革ではどういう点が見直される?

現在の医師の働き方で特に問題視されているのが、長時間労働です。
労働政策・研修機構の調査によると、外科、救急科などオンコールが多い診療科ほど拘束時間が長くなっていることがわかっています。

【関連リンク】 勤務医の就労実態と意識に関する調査

しかし医師の仕事は他の職業と内容が異なるため、一概に労働時間の上限を定めることが難しくもあります。
そこで検討会では雇用する病院側に労働時間を適正に管理すること、医師の業務を看護師などに移すタスク・シフト、他の医師と分担するタスク・シェアリングを推進し、医師の負担削減を図っていくことを決定しました。
さらに、女性医師支援として時短勤務や人材バンク、復職支援などを導入し、女性医師が安心して出産・育児できる仕組み作りも行われます。

いつから働き方改革が行われるの?

いつから働き方改革が行われるの?

2019年には労基法が改正され、一般企業においては労働時間の上限は遅くとも2020年から、正規・非正規の格差是正のための同一労働同一賃金は2021年から適用開始です。
しかし、医師の労働時間に関しては「診療科によって対応に必要な時間が異なる」「労働と自己研鑽の線引きが難しい」などの課題があり一律に上限を設ければいいというものではないため、改正法の適用を5年遅らせることが決定済みです。
検討会による働き方改革の最終的な結論は2018年度末の予定ですが、労働時間の上限以外の対策に関しては結論を待たずに打ち出されることになっています。

医師の働き方改革のポイントは「医師のストレス軽減」です。
労働時間の上限については見送られましたが、タスク・シフト、タスク・シェアリングを取り入れて業務軽減を図るほか、36協定の見直しや病院側の勤務時間の管理の徹底、時短勤務の導入などは検討会の結論を待たずに導入されます。
女性医師のニーズにも柔軟に対応できる仕組みが整っていくので、より働きやすくなると言えるでしょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

専門技術を有効活用しよう! 「透析」のアルバイト医師の仕事内容とは

現在、全国には透析が必要な患者が30万人以上おり、その総数は年々増加しています。 今後も人工透析の需要は増加すると考えら・・・

記事全文

女性医師が職場復帰する前にやっておきたいこと3つ

女性医師が産休・育休明けに職場復帰する際には、準備しておかなくてはならないことがいくつかあります。 子どもがいると、勤務・・・

記事全文

ニーズが高いって本当? 「小児科」が女性医師に向いている理由とは

医師として働くときには、専門とする診療科を選ぶ必要があります。女性医師は出産や子育てを経験することも多いため、ライフステ・・・

記事全文

女医は恋愛弱者って本当!? 女医が結婚するためにやるべきこと

2012年の総務省「就業構造基本調査」によると、女性医師の35.9%が未婚であることが明らかになりました。 女医が結婚し・・・

記事全文

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

女医がネット婚活をスムーズに行うためのコツ3つ

戦前は見合い結婚が7割を占めていましたが、1960年代後半に見合い結婚と恋愛結婚の割合が逆転し、現在は9割近くが恋愛結婚・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー