プライベートでもつい出ちゃう! 女医が感じる職業病

プライベートでもつい出ちゃう! 女医が感じる職業病

どんな職業にも職業病はありますが、女医の職業病は度合いが強すぎるとその専門性が強すぎるため、周囲の人をびっくりさせてしまうことがあります。
「友人との別れ際にお大事にと思わず癖で言ってしまった」、「知り合いに声をかけるとき、つい先生と呼んでしまう」といったものであれば笑ってすませることができます。
しかし、ドラマやドキュメンタリー番組を見ているとき「手術シーンがあるから食事中に見るのはちょっと…」と家族から言われて驚いたことはありませんか? 医療現場では許される女医の言動も、日常生活では周囲から「やっぱり女医だよね」と言われてしまうことがあります。
今回は、女医の職業病に多い癖をご紹介します。

食事中に手術シーンを見ても気にならないのは女医の職業病

血が苦手な人がいるということがわかっていても、その程度をしっかり認識できていないのは女医の職業病です。「医師の世界の普通」であっても、手術シーンがあるドラマやノンフィクションの医療モノ、事故の映像などを見ながら食事をすることは、あまり「一般社会の普通」とはいえません。
もちろん普通の人でも大丈夫な人は居ますが、テレビドラマで手術や標本の映像などが流れたりしても、気にせず食べたり飲んだりできるのは職業病といえるでしょう。

まとめ食いや早食いも女医の職業病

早食いも女医に多い癖です。彼やパートナーと素敵な外食へ出かけたり、家族で食事へ行ったりしても、ついつい食べるのが速くなってしまうのは、プライベートな時間では改めたい職業病です。コース料理のときなどは、次のお皿が出てくるタイミングが相手とあわなくなってしまうはめになってしまいます。

また、食べるタイミングを逃してもいいように、食べられるときにまとめて食べるのも女医の職業病です。そのせいで、加齢とともに体重や健康診断の結果が悪くなることが多いのも女医に多い悩みのひとつといえるでしょう。
「女医なのに、こんなに健康診断の結果が悪いってどういうこと?」と秘書や家族から注意されてしまうかもしれません。なにより、身体によくありませんので早食いやまとめ食いはやめましょう。

まとめ食いや早食いも女医の職業病

女医は身体を診るプロで、症状を把握するためにいろいろな質問をします。例えば、尿の色や頻度など聞くこと当たり前です。しかし、医療現場で勤務中の女医として問いかけるとき以外に同じような質問を友人にすると、少し間があいたりしませんか? 下ネタのように感じる人もいることには気をつけておきたいものです。

また、肌にブツブツがあると友人から相談をされた皮膚科の女医が、周囲の目を気にせずいきなり部位を確認しようとするとびっくりされることもあります。女友達の身体の悩みを聞く場所は選びましょう。お互いの家などプライバシーが守られて、人目の気にならない場所を選んで話せば、職業病が出てしまっても嫌がられずに済みます。家族や友人から指摘されたら、できるだけ改めるようにしたいですね。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

専門技術を有効活用しよう! 「透析」のアルバイト医師の仕事内容とは

現在、全国には透析が必要な患者が30万人以上おり、その総数は年々増加しています。 今後も人工透析の需要は増加すると考えら・・・

記事全文

女性医師が職場復帰する前にやっておきたいこと3つ

女性医師が産休・育休明けに職場復帰する際には、準備しておかなくてはならないことがいくつかあります。 子どもがいると、勤務・・・

記事全文

ニーズが高いって本当? 「小児科」が女性医師に向いている理由とは

医師として働くときには、専門とする診療科を選ぶ必要があります。女性医師は出産や子育てを経験することも多いため、ライフステ・・・

記事全文

女医は恋愛弱者って本当!? 女医が結婚するためにやるべきこと

2012年の総務省「就業構造基本調査」によると、女性医師の35.9%が未婚であることが明らかになりました。 女医が結婚し・・・

記事全文

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

女医がネット婚活をスムーズに行うためのコツ3つ

戦前は見合い結婚が7割を占めていましたが、1960年代後半に見合い結婚と恋愛結婚の割合が逆転し、現在は9割近くが恋愛結婚・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー