女性医師が考えたいライフワークバランスの構築方法

女性医師が考えたいライフワークバランスの構築方法

女性医師は年々増加し活躍の場を広げていますが、多くの女性医師にとってライフワークバランスは常に悩みの種です。子育てや介護などのライフイベントは、仕事のしかたを考え直すきっかけになることが多いです。ライフワークバランスをどのように構築するかは、女性医師としてのキャリアをどう形成するかと同義といっても過言ではないでしょう。具体的にどのような方法があるのかについてご紹介します。

ライフワークバランスとライフイベント

東京都によると、ライフワークバランスとは、人それぞれの希望に応じて、「仕事」と子育てや親の介護、地域活動等の「仕事以外の生活」の調和がとれ、その両方が充実している状態をさします。主なライフイベントは、次のとおりです。

・結婚:幸福感に包まれる結婚ですが、現実的には家事がついて回ります。
・転勤や転居:自分自身や配偶者の転勤によって、転居する可能性がある方もいらっしゃるでしょう。転勤先での仕事や生活を新しく始める準備や引っ越しは大仕事です。
・妊娠出産と子育て:新しい命の誕生は、女性としてとても大きな喜びを与えてくれるでしょう。しかし、授乳期に母親は寝る時間もないほど忙しくなります。
・介護:いつ必要になるか、その予測の立てにくさが特徴のひとつです。

女性医師にとってのライフワークバランス

女性は、医師という仕事を選んだ時点でライフワークバランスの構築が始まっているともいえるでしょう。多忙で重責だからこそ、診療科や病院、パートナーなど先を見据えて選択する必要があるといえます。

診療科選び

厚生労働省によると、女性医師の活躍が進んでいるのは、皮膚科、眼科、麻酔科、小児科、産婦人科などで、いずれも男女比で30%を超えています。勤務時間の調整が行いやすいことが理由のひとつといえるでしょう。

病院選び

女性医師の退職を防ぐために、病院がどのような制度を導入しているか調べましょう。具体的には、女性医師数(常勤、非常勤、アルバイト)、院内に託児設備があるか、時短制度、休職数と復職数、休職や復職時にサポートがあるかどうかなどです。制度はあっても有名無実では実際の利用が難しい可能性が高いことが考えられます。

パートナー選び

家事や子育ては夫婦の共同作業という考え方を持っている人が理想的です。家事や育児の分担については、前もって決めておくとよいでしょう。夫婦それぞれの実家の力を借りながら、子育てする環境を整えておくことをおすすめします。

女性医師であり続けるために

医師の世界は男性社会とよくいわれますが、女性が男性とまったく同じような働き方をすること自体に無理があるといえるでしょう。ライフイベントなどにより働き方を見つめ直すとき、考えたいのは女性医師として自分が何を優先したいかです。人それぞれにニーズや希望が異なりますので、自分と家族にとって最善の選択をすることが大切になります。場合によっては転職や転科、臨床以外の仕事も視野に入れておくことを検討する柔軟さがあるとよいでしょう。

女性医師であり続けるために

ライフワークバランスは、仕事と生活とで時間を取り合う競合として考えるのではなく、どちらにもよい影響を与え合い調和しようとする要素として考えます。ポイントになるのは、女性特有のライフイベントへの理解と男女の協力といえるでしょう。すべてを自分一人で引き受けようとするのではなく、家族や、時には友人の協力を得ながら、家事や子育て、仕事に集中する時間を作り出すことが大切です。
女性医局では結婚、出産、育児、介護といったライフイベントに合わせた働き方を希望している医師へのサポートをしております。シッターサービスのご紹介、また院内保育付きや当直なし求人、また常勤で週4日からの勤務、定期非常勤、スポット勤務など希望に沿った働き方ができる医療機関を一緒にお探し致します。
ご興味のある女性医師はぜひ会員登録後、専任コーディネーターへご相談ください。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

専門技術を有効活用しよう! 「透析」のアルバイト医師の仕事内容とは

現在、全国には透析が必要な患者が30万人以上おり、その総数は年々増加しています。 今後も人工透析の需要は増加すると考えら・・・

記事全文

女性医師が職場復帰する前にやっておきたいこと3つ

女性医師が産休・育休明けに職場復帰する際には、準備しておかなくてはならないことがいくつかあります。 子どもがいると、勤務・・・

記事全文

ニーズが高いって本当? 「小児科」が女性医師に向いている理由とは

医師として働くときには、専門とする診療科を選ぶ必要があります。女性医師は出産や子育てを経験することも多いため、ライフステ・・・

記事全文

女医は恋愛弱者って本当!? 女医が結婚するためにやるべきこと

2012年の総務省「就業構造基本調査」によると、女性医師の35.9%が未婚であることが明らかになりました。 女医が結婚し・・・

記事全文

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

女医がネット婚活をスムーズに行うためのコツ3つ

戦前は見合い結婚が7割を占めていましたが、1960年代後半に見合い結婚と恋愛結婚の割合が逆転し、現在は9割近くが恋愛結婚・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー