結婚も夢じゃない? 女医と相性がいい男性の職業

結婚も夢じゃない? 女医と相性がいい男性の職業

一般女性の生涯独身率は約11%で、その中でも女医に限定すると、生涯独身率は約36%であるといわれています。
医師が非常に多忙な職業であることを考えると、女医の独身率が一般女性に比べて高いこともうなずけます。

しかし、男性医師の独身率は約3%といわれています。同じ職種にもかかわらず、なぜこんなにも差が出るのでしょうか。
今回は女医の独身率が高い理由や、女医と相性の良い結婚相手を選ぶ時のポイントを結婚相手の職業の面からご紹介します。

女医はなぜ独身率が高い?

女医は男性医師に比べて異性との出会いが少ないといえます。
男性医師であれば、院内に女性看護師が多く在籍しているので職場での出会いが女医よりも多く、一般的な会社員などよりも収入の多さから女性の人気が高いため、
モテる職種ランキングなどにも上位にあげられます。

しかし、女医は男性医師に比べて、職場での異性との出会いが少ないといえます。
さらに、一般男性よりも高学歴かつ高収入である場合が多く、男性にアプローチしづらい思わせることが多いようです。

プライベートの時間もとりにくく不規則な勤務になる場合もあるため、恋愛にかける時間もあまりとれません。
結婚したとしても忙しいためにすれ違いの生活になりがちになってしまい、離婚率も高めという傾向にあります。

結婚相手の「職業」にポイントをおいて考えてみる

独身率が高いとはいいつつも、結婚している女医がいるのも事実です。
ルックスや収入など結婚相手を選ぶ時のポイントはいろいろありますが、忙しい医師という仕事をこなしながら結婚生活を過ごすには、相手との相性が重要になります。
価値観などの人間性の相性も大事ですが、まずは結婚を見据えた相手を職業から考えてみるのも1つの方法です。

結婚相手の仕事の勤務形態、例えば勤務時間や休日、出張・夜勤・転勤の有無などは結婚後のお互いのライフスタイルに大きな影響を与えるため、結婚生活を続けるために重要な要素になります。

幸せな結婚のために! 女医と相性のいい職業とは?

新専門医制度が与える地域医療への影響と対策

やっぱり同じ立場が理解し合える! 医師 ・医療従事者

医師は勤務時間中ほとんどの時間を病院内で過ごすことが多く、また学会などでは院外の医師と顔を合わせます。
そのため必然的に医療従事者と出会う確率が高くなります。
結婚後も医師同士であれば女医の忙しさや仕事の大変さが分かるため、家事や育児、夫婦の時間が取れなくても一方的に妻としての役割をすべて押し付けることなく協力して分担してくれるでしょう。

勤務時間に融通が利きやすいから家事にも参加しやすい 自営業

医師の勤務体制は当直や患者の急変など、不規則な場合が多々あります。
そのため一般的な会社員などに比べて仕事の仕方や時間を自分で調整できる自営業の男性であれば、ライフスタイルを女医にある程度合わせることができます。
女医のとっさの勤務にも家事育児の分担が調整しやすく、柔軟にお互い協力して生活することが可能でしょう。

多忙でなければ協力していける 会社員

出勤や転勤の多い会社員であれば、お互いの時間も取れないうえに家事や育児も分担しにくく、結婚生活を続けるとなると難しいかもしれません。
しかし、定時で仕事が終わりやすかったり、残業も少ない業種の会社員であれば、忙しい女医の妻に代わって家事育児の協力やサポートもしやすくなります。
また自営業者に比べて安定した収入が期待されますので、ダブルインカムで家計にも余裕を持つことができます。

ただでさえ忙しい女医が結婚相手を選ぶ際に、人間性や価値観など、相手の中身を見定めるために時間をかけるのはなかなか難しいことです。
だからこそ、職業という点にポイントを絞って結婚相手を考えると、自分にとって結婚に求めるものが明確に見えてきて相手を探しやすいかもしれません。
婚活の1つの方法として、相手の職業に注目して見てはいかがでしょうか。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

専門技術を有効活用しよう! 「透析」のアルバイト医師の仕事内容とは

現在、全国には透析が必要な患者が30万人以上おり、その総数は年々増加しています。 今後も人工透析の需要は増加すると考えら・・・

記事全文

女性医師が職場復帰する前にやっておきたいこと3つ

女性医師が産休・育休明けに職場復帰する際には、準備しておかなくてはならないことがいくつかあります。 子どもがいると、勤務・・・

記事全文

ニーズが高いって本当? 「小児科」が女性医師に向いている理由とは

医師として働くときには、専門とする診療科を選ぶ必要があります。女性医師は出産や子育てを経験することも多いため、ライフステ・・・

記事全文

女医は恋愛弱者って本当!? 女医が結婚するためにやるべきこと

2012年の総務省「就業構造基本調査」によると、女性医師の35.9%が未婚であることが明らかになりました。 女医が結婚し・・・

記事全文

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

女医がネット婚活をスムーズに行うためのコツ3つ

戦前は見合い結婚が7割を占めていましたが、1960年代後半に見合い結婚と恋愛結婚の割合が逆転し、現在は9割近くが恋愛結婚・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー