円満退職の前に! 医師の賢い退職交渉の方法

円満退職の前に! 医師の賢い退職交渉の方法

転職や家庭の事情など、医師が病院を退職する機会はありますが、一筋縄ではいかないことが多いもの。
一般的な会社では、約1か月前に退職の意思を表示すればよいとされていますが、医師の場合はそのタイミングで退職の意思を表しても、希望通りに退職することが難しいことがよくあります。医師不足に悩む医療機関が多いため、強く引き留められる可能性が高いのです。

また、退職交渉のタイミングを誤ると「だから女医は……」といった暴言や、女性医師は辞めやすいという暴論をあびせてくる経営者も残念ながら中にはいます。
退職交渉をする際には、お互いが嫌な思いをすることがないように、しっかりとした退職の準備が必要です。

今回は、円満退職交渉を目指している女性医師に向けて、退職の意思表示をするタイミングや手順をご紹介いたします。

医師が退職交渉をスタートさせる時期はいつ頃?

避けておいたほうがよい時期

退職交渉をスムーズに行うためには、所属している医療機関の繁忙期以外のときを狙うことがポイントになります。
忙しくなるとわかっている時期に辞めたり引き継ぎを行ったりすると、同僚からもいい感情を持たれません。

また、繁忙期を避けて退職交渉を行う場合も、勤務のローテーションを把握して、自分が辞めた場合でも病院が問題なく通常業務が行えるかどうかを考えてから退職の意思を表明しましょう。

組織の規模によってスタート時期が異なる

退職の意思を伝える時期は、勤務している病院の規模で異なります。
例えば、大学病院で勤務している医師であれば、人事権を持っているトップに話があがっていくまで時間がかかります。
常勤の講師の先生達や准教授だけでなく、非常勤で勤務している先生であっても、早めに話をしておいたほうがよい立場の方がいます。
この過程を通ってようやく教授にも退職の希望を伝えることになりますので、時間のかかるケースでは教授との話し合いまで半年近くかかることもあります。
そのため、退職の時期から逆算して半年ほど前には、辞めようと考えていることを話し始めたほうがよいといえるでしょう。

中規模クラスの病院で勤務している場合は、退職の意思を伝える相手は大規模病院よりも少なくてすみます。
ですが、次の医師を獲得できる見込みが立つまで強く引き留められる可能性は高いので、退職しようと考えた場合はなるべく早めにその希望を伝えるようにしましょう。

医師が退職交渉を行う際の注意点とは?

転職先の内定が出る前に退職交渉をしよう

どんな規模の医療機関に勤務していても、転職先の内定が出る前に退職交渉をしましょう。
新しい勤務先が決まっていても強い引き留めにあったり、引き継ぎをする医師が決まらなかったりすると、辞めるに辞められないといった状態になってしまいます。

しかし、転職先の病院では、採用の際に勤務開始時期を想定していることが一般的です。
入職時期がすれると、転職先で気まずいスタートをきることになってしまいます。

医師の世界は狭い! 転職や復職の際の人間関係も考えたマナーが大切

女性医師は、転職ではなく出産や育児のために一度退職をする方も多いですが、その中には「いずれ医療現場に復職しよう」と考えている方も多いものです。
その際、辞めてから次に医療現場に戻るまで期間があくので、自分の辞めたい時期に辞めようと希望を押し通すと、次に現場に戻るときに気まずい思いをすることも少なくありません。
医師の世界は人間関係があちこちで繋がっているので、次に入職しようとする病院に以前の勤務先の先生が移動していることもよくある話です。
このことからも、退職交渉をするときにはスケジュールに余裕を持たせることが大切です。

医師が退職交渉を行う際の注意点とは?

立つ鳥跡を濁さずと昔からいうように、医師の世界こそ去り際は美しくスムーズであることが大切です。
退職交渉の期間に強い引き留めにあうことがわかっていても、病院側に負担をかけないような辞め方をしましょう。
自分が勤務している医療機関であれば、後任の医師が見つかるまでのおおよその期間は予測しやすいですよね。
後任の医師に引き継ぎが行える期間をしっかり逆算して、退職交渉を行いましょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

専門技術を有効活用しよう! 「透析」のアルバイト医師の仕事内容とは

現在、全国には透析が必要な患者が30万人以上おり、その総数は年々増加しています。 今後も人工透析の需要は増加すると考えら・・・

記事全文

女性医師が職場復帰する前にやっておきたいこと3つ

女性医師が産休・育休明けに職場復帰する際には、準備しておかなくてはならないことがいくつかあります。 子どもがいると、勤務・・・

記事全文

ニーズが高いって本当? 「小児科」が女性医師に向いている理由とは

医師として働くときには、専門とする診療科を選ぶ必要があります。女性医師は出産や子育てを経験することも多いため、ライフステ・・・

記事全文

女医は恋愛弱者って本当!? 女医が結婚するためにやるべきこと

2012年の総務省「就業構造基本調査」によると、女性医師の35.9%が未婚であることが明らかになりました。 女医が結婚し・・・

記事全文

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

女医がネット婚活をスムーズに行うためのコツ3つ

戦前は見合い結婚が7割を占めていましたが、1960年代後半に見合い結婚と恋愛結婚の割合が逆転し、現在は9割近くが恋愛結婚・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー