医師の非常勤勤務で磨けるスキルとは? キャリアアップに活用しよう

医師の非常勤勤務で磨けるスキルとは? キャリアアップに活用しよう

常勤で働いている女医の悩みといえば、出産や育児のタイミングが掴みにくいということではないでしょうか。
残業や休日呼び出しに対応し、毎日長時間病院で過ごしていると、1日1日が早いスピードで過ぎていきます。
そんな常勤医のお悩みを解決するための1つの方法として、非常勤医として働くというものがあります。
非常勤医として働くことで、仕事とプライベートの時間が調整しやすくなり、スキルアップまで目指せるといわれています。
今回は、非常勤医師として働くことがどのようにスキルアップにつながるのかをご紹介します。

複数の現場で培う医師としての実力! コミュニケーション能力の高い医師に

非常勤医として複数の病院に勤務すると、いろいろなタイプの医療現場を経験することになります。
地域によって住んでいる人々の特徴に違いがあるので、さまざまな患者さんたちと触れあうこともできます。

また、医師のスキルアップには患者さんとのコミュニケーション力が大切になりますが、常勤医として働いている以上、この力を伸ばすのには限界があるといえます。
たとえば、自身では毎日多くの患者さんとコミュニケーションが取れていると思っていても、その病院に通う患者さんとの接し方に慣れているだけかもしれません。
自身が診察するまでのプロセスで、他のスタッフが行っている準備があるからこそ、上手く患者さんに関する情報を得られているとも考えられます。

周りのスタッフの数や質は病院によって異なり、医師をサポートしてくれる環境はかなり違いがあります。
非常勤医でさまざまな医療現場を巡るようになると、患者さんから的確に情報を引き出していくスキルが高まります。
聞き出す力だけでなく、わかりやすく説明するコミュニケーション能力も鍛えられ、患者さんに的確な説明ができる医師を目指すことができるでしょう。

非常勤医師は幅広い医療機材を知るチャンス

非常勤医師は幅広い医療機材を知るチャンス

非常勤医として働くことで、さまざまな病院のシステムや検査機器に触れる機会が増えることもスキルアップにつながる1つの理由です。
たくさんの機器を扱うことができるので、技術的なスキルアップが望めます。
そして、機器の扱い方や種類に詳しくなれば、他の病院でもその知識を活かすことができます。

たとえば、A病院とB病院では電子カルテのシステムが違うというケースはよくあるもの。
常勤医であれば、常勤先の病院の電子カルテの使い方だけを覚えればOKですが、非常勤医の場合は自身が勤めている病院の数だけ扱い方を覚える必要があります。
扱い方を覚えるまでには時間がかかることもありますが、たくさんの機材を扱えるというのはやはり医師にとってのスキルアップといえるでしょう。

また、現在ではたくさんの医療器メーカーが存在するため、常勤の病院に出入りしている業者以外の機材は詳しくないという医師も多いもの。
医療器メーカーの開発や研究スピードは速く、便利で効率の良い医療機器や患者さんに苦痛を与えずにすむような機材が次々と現場で採用されています。
病院によっては、このような最新機器をいち早く取り入るところもあるので、非常勤医として勤めることで最新の技術を身につけることができるのです。

非常勤医師は、常勤医に比べるとスキルアップが難しいといわれることもあります。
しかし、非常勤医として働くことで得る経験やメリットもたくさんあることがわかりました。
患者さんから的確に話を聞き出して診察を進めていく力は、非常勤から常勤に戻った際にも自分を助けてくれるでしょう。
また、非常勤として働く期間は、医師としてのスキルアップのためのトレーニングになるといえます。
働き方やキャリアなどに迷いを感じている方は、一度非常勤医としての道を検討してみてはいかがでしょうか。

女性医局では、結婚後または出産、育児によって常勤から離れ、非常勤で求人を探している女性医師、
または、年齢により勤務日数を減らしてワークライフバランスを検討している女性医師など多数ご登録頂いております。
現在の勤務を見直したい、また検討したいなどご希望ございましたらお気軽に女性医局へご相談下さい。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

専門技術を有効活用しよう! 「透析」のアルバイト医師の仕事内容とは

現在、全国には透析が必要な患者が30万人以上おり、その総数は年々増加しています。 今後も人工透析の需要は増加すると考えら・・・

記事全文

女性医師が職場復帰する前にやっておきたいこと3つ

女性医師が産休・育休明けに職場復帰する際には、準備しておかなくてはならないことがいくつかあります。 子どもがいると、勤務・・・

記事全文

ニーズが高いって本当? 「小児科」が女性医師に向いている理由とは

医師として働くときには、専門とする診療科を選ぶ必要があります。女性医師は出産や子育てを経験することも多いため、ライフステ・・・

記事全文

女医は恋愛弱者って本当!? 女医が結婚するためにやるべきこと

2012年の総務省「就業構造基本調査」によると、女性医師の35.9%が未婚であることが明らかになりました。 女医が結婚し・・・

記事全文

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

女医がネット婚活をスムーズに行うためのコツ3つ

戦前は見合い結婚が7割を占めていましたが、1960年代後半に見合い結婚と恋愛結婚の割合が逆転し、現在は9割近くが恋愛結婚・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー