女医の恋愛力アップのカギは「甘え上手」にあり!

女医の恋愛力アップのカギは「甘え上手」にあり!

仕事柄、女医はどうしても精神的にたくましくなってしまいますが、恋愛において「経済的・精神的に自立している女性」というのは、男性からすると近づきがたい存在です。男性は女性から頼りにされることが大好きなので、「甘え上手」であることは大切なモテ要素となります。
そこで今回は男性が喜ぶ甘え方についてご紹介しましょう。

甘えとわがままの違いは?

甘えとわがままの違いは?

女医に限らず高学歴でキャリアがある人は一般的に自立心が強く、プライドも高い傾向があるので、人に甘えたり弱いところを見られたりすることを好みません。しかし自立している女性は男性からすると「一人で生きていけるから、自分は不要だな」と思わせてしまう存在なので、恋愛において敬遠される傾向にあります。

男性は一般的に女性に頼りにされると嬉しくなるので、甘え上手は恋愛におけるモテ要素の一つなのですが、甘えとわがままは紙一重でもあるので、注意が必要です。

甘えもわがままも相手に自分の要求を聞いてもらうことですが、相手が不快になったり負担になったりするものはわがままです。また断られて自分が不快になったり、困ったりするようなこともわがままになります。
甘える時はお互いに負担にならない内容で、相手を尊重するという点に気をつけましょう。

好意は素直に受け止める

「重そうだから荷物を持とうか?」など、相手から好意を示されたら、たとえ一人で持てる重さの荷物であっても遠慮はせずに素直に好意に甘えるのがポイント。ここで「大丈夫です」と言うと一人で生きていける強さをアピールしてしまうことになり、男性は「恋愛対象と思われていないのかも……」と判断をしてしまう可能性があります。

また好意を示されたら「すみません」ではなく笑顔で「ありがとう」と返しましょう。そうすることで、女性らしい柔らかな印象になります。

できることをお願いする

男性とデートの際、自分が行ってみたいお店や映画に誘ってみたり、部屋の模様替えの手伝いをしてもらうなど、男性ができることをお願いしてみましょう。特に重いものを持つ、高いところのものを取ってもらう、電球を交換してもらうなど、女性ではやりにくいというものをお願いすると男性のプライドを満たしてくれます。

無理難題は当然NGですが、もし頼んだことができなくても上から目線で批難するような発言はNGです。お願いする時は謙虚な姿勢で頼むのがポイントです。
お願い事を聞いてもらったら、感謝の気持ちにプラスして「○○さんのおかげです」「頼りになりますね」など、男性を立てる言葉を添えてあげましょう。

弱音を吐く

精神的に自立している女医は、男性からすると「自分は必要とされていない」と感じやすい存在なので、近寄りがたく思っています。だから「何もかも自分でできるわけではない」という部分を見せることも、恋愛において効果があります。

深刻な悩みを打ち明けると重くて引いてしまう可能性があるので、相手が負担に感じない程度の弱音をこぼし、相談に乗ってもらいましょう。
男性から「力になりたいな」と思ってもらえるようになります。

女医は経済的だけではなく精神的にも自立しているため、男性からすると近寄りがたい雰囲気を持っています。男性の頼られた気持ちを満たす「甘え」を上手に取り入れて、恋愛力アップにつなげていきましょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女性医師が考えたいライフワークバランスの構築方法

女性医師は年々増加し活躍の場を広げていますが、多くの女性医師にとってライフワークバランスは常に悩みの種です。子育てや介護・・・

記事全文

女性医師が「産業医」に転職するメリットとは?

労働安全衛生法により、常時50名以上の労働者を使用する事業者には産業医の選任が、常時1000名の労働者もしくは500名以・・・

記事全文

需要が拡大中!? 産業医になるために必要な資格とは?

過労死や長時間労働などからくるメンタルヘルス不調の話題を耳にすることが多くなり、国を挙げての「働き方改革」が進められる中・・・

記事全文

結婚も夢じゃない? 女医と相性がいい男性の職業

一般女性の生涯独身率は約11%で、その中でも女医に限定すると、生涯独身率は約36%であるといわれています。 医師が非常に・・・

記事全文

円満退職の前に! 医師の賢い退職交渉の方法

転職や家庭の事情など、医師が病院を退職する機会はありますが、一筋縄ではいかないことが多いもの。 一般的な会社では、約1か・・・

記事全文

新専門医制度が地域医療にダメージを与える!?

本年4月から新専門医制度がスタートします。これまで、専門医の認定は各学会が独自に行ってきました。 これからは、学会と日本・・・

記事全文

医師の転職にはどのくらいの期間が必要になる?

「現在勤めている病院の仕事内容や待遇では、スキルアップができないし満足いかない!」 「結婚や出産、子育てのことを考えると・・・

記事全文

医師の非常勤勤務で磨けるスキルとは? キャリアアップに活用しよう

常勤で働いている女医の悩みといえば、出産や育児のタイミングが掴みにくいということではないでしょうか。 残業や休日呼び出し・・・

記事全文

女医の恋愛力アップのカギは「甘え上手」にあり!

仕事柄、女医はどうしても精神的にたくましくなってしまいますが、恋愛において「経済的・精神的に自立している女性」というのは・・・

記事全文

患者から訴えられることも!? ドクターハラスメントを防ぐ対策

医師の言葉や態度が患者を傷つける“ドクターハラスメント”は、医師と患者の間で起こりやすいトラブルの一つです。中には訴訟に・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー