ママドクターの味方! 医師の「育児短時間勤務制度」とは

ママドクターの味方! 医師の「育児短時間勤務制度」とは

現在、一般企業では育児・介護だけでなくさまざまな理由で時短勤務を希望する従業員に対し、勤務時間措置を取ることが義務付けられています。この制度は医師も利用できるので、「育児中でフルタイム勤務は難しいものの、仕事は続けたい!」という女性医師の強い味方になってくれます。
医師の育児短時間勤務制度がどんなものなのか、チェックしておきましょう。

育児短時間勤務制度とはどんな制度?

医師の育児短時間勤務制度とは、3歳未満の子どもを育てる正規職員の医師に勤務時間の短縮及び宿直、時間外勤務、待機勤務を免除するというもの。医師が育児のために、常勤の仕事を離れなくても良いように導入された制度です。

時短勤務が取得できる主な条件は以下の通りです。

「正規職員で所定の労働時間が6時間以下ではない」
「時短勤務制度を利用する期間に育児休業がない」
「1年以上雇用されている正規職員である」

育児短時間勤務制度が使える期間は子どもが1歳以上であること、利用期間は1か月以上1年以下となっていますが、必要に応じて延長を繰り返すことが可能です。また、育児中の時短勤務申請は正当な権利なので、雇用側は医師からの申請を断ることはできません。

ただし、短縮される時間や勤務日の設定などは、勤務先によって異なります。
育児短時間勤務制度を利用したい場合は、利用を考えている期間の1か月前までに育児短時間勤務承認請求書に必要書類を添付して勤務先に提出しますが、勤務先によって承認が必要になったり提出先が異なったりするので、就業規則を確認しておきましょう。

育児短時間勤務制度にはどんなメリットがある?

ママドクターの味方! 医師の「育児短時間勤務制度」とは

医師という職業柄、仕事から完全に離れてしまうと知識のアップデートや手技の勘が鈍るといったキャリアアップへの影響が懸念されますが、医師としてフルタイム勤務をこなしながら育児も行うのは肉体的にも精神的にも大きな負担となります。

時短勤務を利用すれば、仕事から完全に離れるわけではないので知識やスキルを維持しつつ、正規職員の身分も保障されるため将来への不安も抱えなくて済みます。また制度化されているので、時短勤務であることに後ろめたさを覚える必要もありません。

出産・育児というライフイベントでキャリアがストップしやすい女性医師にとって、時短勤務は自分のキャリアも維持できる上に、母親としての役割もきちんとこなすことができるというメリットがあります。
また病院にとっても優秀な人材を確保しておけるため、両者にメリットがある制度といえるでしょう。

育児短時間勤務制度にはこんな影響も

キャリアを途絶えさせることがなく、母親としての役割も果たせるようになる医師の育児短時間勤務制度ですが、一方で給与や社会保険料などに影響も出ます。
時給制など給与が労働時間に対する対価である場合は、時間を短縮したぶんだけ給与は減りますが、医師の雇用形態で多い年俸制の場合だと、成果次第では大きく影響しないこともあります。

収入が減少すれば支払う社会保険料も下がりますが、法に基づく時短勤務中は時短前と同額の社会保険料を払っていたとみなされます。ただし、勤務先独自の時短制度の場合は社会保険料が下がり、将来の年金支給額も減少します。

育児短時間勤務制度は勤務先によって内容が少しずつ異なりますが、フルタイム勤務は負担が大きいと考えている女性医師にとっては強い味方となってくれる制度です。
ママになっても正規職員として仕事を続けたい女性医師の場合は、ぜひ育児短時間勤務制度を活用しましょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

専門技術を有効活用しよう! 「透析」のアルバイト医師の仕事内容とは

現在、全国には透析が必要な患者が30万人以上おり、その総数は年々増加しています。 今後も人工透析の需要は増加すると考えら・・・

記事全文

女性医師が職場復帰する前にやっておきたいこと3つ

女性医師が産休・育休明けに職場復帰する際には、準備しておかなくてはならないことがいくつかあります。 子どもがいると、勤務・・・

記事全文

ニーズが高いって本当? 「小児科」が女性医師に向いている理由とは

医師として働くときには、専門とする診療科を選ぶ必要があります。女性医師は出産や子育てを経験することも多いため、ライフステ・・・

記事全文

女医は恋愛弱者って本当!? 女医が結婚するためにやるべきこと

2012年の総務省「就業構造基本調査」によると、女性医師の35.9%が未婚であることが明らかになりました。 女医が結婚し・・・

記事全文

周囲から人気を集める女医が実践している、白衣の下の服装のポイント

服装の違い1つで、周囲に与える印象も大きく変わります。仕事ができ周囲からも人気を集めている女医は、普段の服装にもきちんと・・・

記事全文

「新専門医制度」が働く女性医師にとって不利とされる理由や問題点

出産を経験し子育てと両立しながら働いているママドクターにとって、新専門医制度が大きな不利になることが指摘されていることを・・・

記事全文

女医でももちろんOK! 医師に不動産投資が向いているといわれる理由

資産運用や副業として不動産投資をしたいと考えている女医もいると思います。 不動産投資のメリットといえばやはり不労所得を得・・・

記事全文

女医がネット婚活をスムーズに行うためのコツ3つ

戦前は見合い結婚が7割を占めていましたが、1960年代後半に見合い結婚と恋愛結婚の割合が逆転し、現在は9割近くが恋愛結婚・・・

記事全文

多忙かつ高収入な女性医師が知っておきたい、パーキンソンの法則対策

「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか? パーキンソンの法則というのは「仕事のための時間や働いて得たお金を全て使ってし・・・

記事全文

年収2000万円の壁。女性医師が年収2000万円を実現させるための心得とは

医師の中でも高収入とされる基準は、年収2000万円以上と考えられます。 年収アップを目指す女性医師は、これまで積み上げた・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー