ママドクターの味方! 医師の「育児短時間勤務制度」とは

ママドクターの味方! 医師の「育児短時間勤務制度」とは

現在、一般企業では育児・介護だけでなくさまざまな理由で時短勤務を希望する従業員に対し、勤務時間措置を取ることが義務付けられています。この制度は医師も利用できるので、「育児中でフルタイム勤務は難しいものの、仕事は続けたい!」という女性医師の強い味方になってくれます。
医師の育児短時間勤務制度がどんなものなのか、チェックしておきましょう。

育児短時間勤務制度とはどんな制度?

医師の育児短時間勤務制度とは、3歳未満の子どもを育てる正規職員の医師に勤務時間の短縮及び宿直、時間外勤務、待機勤務を免除するというもの。医師が育児のために、常勤の仕事を離れなくても良いように導入された制度です。

時短勤務が取得できる主な条件は以下の通りです。

「正規職員で所定の労働時間が6時間以下ではない」
「時短勤務制度を利用する期間に育児休業がない」
「1年以上雇用されている正規職員である」

育児短時間勤務制度が使える期間は子どもが1歳以上であること、利用期間は1か月以上1年以下となっていますが、必要に応じて延長を繰り返すことが可能です。また、育児中の時短勤務申請は正当な権利なので、雇用側は医師からの申請を断ることはできません。

ただし、短縮される時間や勤務日の設定などは、勤務先によって異なります。
育児短時間勤務制度を利用したい場合は、利用を考えている期間の1か月前までに育児短時間勤務承認請求書に必要書類を添付して勤務先に提出しますが、勤務先によって承認が必要になったり提出先が異なったりするので、就業規則を確認しておきましょう。

育児短時間勤務制度にはどんなメリットがある?

ママドクターの味方! 医師の「育児短時間勤務制度」とは

医師という職業柄、仕事から完全に離れてしまうと知識のアップデートや手技の勘が鈍るといったキャリアアップへの影響が懸念されますが、医師としてフルタイム勤務をこなしながら育児も行うのは肉体的にも精神的にも大きな負担となります。

時短勤務を利用すれば、仕事から完全に離れるわけではないので知識やスキルを維持しつつ、正規職員の身分も保障されるため将来への不安も抱えなくて済みます。また制度化されているので、時短勤務であることに後ろめたさを覚える必要もありません。

出産・育児というライフイベントでキャリアがストップしやすい女性医師にとって、時短勤務は自分のキャリアも維持できる上に、母親としての役割もきちんとこなすことができるというメリットがあります。
また病院にとっても優秀な人材を確保しておけるため、両者にメリットがある制度といえるでしょう。

育児短時間勤務制度にはこんな影響も

キャリアを途絶えさせることがなく、母親としての役割も果たせるようになる医師の育児短時間勤務制度ですが、一方で給与や社会保険料などに影響も出ます。
時給制など給与が労働時間に対する対価である場合は、時間を短縮したぶんだけ給与は減りますが、医師の雇用形態で多い年俸制の場合だと、成果次第では大きく影響しないこともあります。

収入が減少すれば支払う社会保険料も下がりますが、法に基づく時短勤務中は時短前と同額の社会保険料を払っていたとみなされます。ただし、勤務先独自の時短制度の場合は社会保険料が下がり、将来の年金支給額も減少します。

育児短時間勤務制度は勤務先によって内容が少しずつ異なりますが、フルタイム勤務は負担が大きいと考えている女性医師にとっては強い味方となってくれる制度です。
ママになっても正規職員として仕事を続けたい女性医師の場合は、ぜひ育児短時間勤務制度を活用しましょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

女性医師が考えたいライフワークバランスの構築方法

女性医師は年々増加し活躍の場を広げていますが、多くの女性医師にとってライフワークバランスは常に悩みの種です。子育てや介護・・・

記事全文

女性医師が「産業医」に転職するメリットとは?

労働安全衛生法により、常時50名以上の労働者を使用する事業者には産業医の選任が、常時1000名の労働者もしくは500名以・・・

記事全文

需要が拡大中!? 産業医になるために必要な資格とは?

過労死や長時間労働などからくるメンタルヘルス不調の話題を耳にすることが多くなり、国を挙げての「働き方改革」が進められる中・・・

記事全文

結婚も夢じゃない? 女医と相性がいい男性の職業

一般女性の生涯独身率は約11%で、その中でも女医に限定すると、生涯独身率は約36%であるといわれています。 医師が非常に・・・

記事全文

円満退職の前に! 医師の賢い退職交渉の方法

転職や家庭の事情など、医師が病院を退職する機会はありますが、一筋縄ではいかないことが多いもの。 一般的な会社では、約1か・・・

記事全文

新専門医制度が地域医療にダメージを与える!?

本年4月から新専門医制度がスタートします。これまで、専門医の認定は各学会が独自に行ってきました。 これからは、学会と日本・・・

記事全文

医師の転職にはどのくらいの期間が必要になる?

「現在勤めている病院の仕事内容や待遇では、スキルアップができないし満足いかない!」 「結婚や出産、子育てのことを考えると・・・

記事全文

医師の非常勤勤務で磨けるスキルとは? キャリアアップに活用しよう

常勤で働いている女医の悩みといえば、出産や育児のタイミングが掴みにくいということではないでしょうか。 残業や休日呼び出し・・・

記事全文

女医の恋愛力アップのカギは「甘え上手」にあり!

仕事柄、女医はどうしても精神的にたくましくなってしまいますが、恋愛において「経済的・精神的に自立している女性」というのは・・・

記事全文

患者から訴えられることも!? ドクターハラスメントを防ぐ対策

医師の言葉や態度が患者を傷つける“ドクターハラスメント”は、医師と患者の間で起こりやすいトラブルの一つです。中には訴訟に・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー