仕事で忙しい人ほど貯金がない!? 女性医師のための貯金のコツ

仕事で忙しい人ほど貯金がない!? 女性医師のための貯金のコツ

働く女性は、収入の大半を自己投資することができるため、経済的にもゆとりがある方も多いでしょう。一方で、「ある程度の収入があるにも関わらず、なぜか貯金できない」とお悩みの方も少なくありません。
毎日仕事でバタバタしていて、お金を使う暇もないのになぜお金が貯まらないのでしょうか。
今回は、働く女性の中から女性医師をピックアップして、貯金をするためにコツをご紹介していきます。

医師は他の職業に比べて出費が多い!?

高収入のイメージがある医師ですが、貯金がしにくい職業とも言われています。
では、どんなところに出費があるのかチェックしていきましょう。

・慶弔にかかる費用
たくさんの病院関係者とのつながりのある医師は、知り合いが増えます。
そのため、結婚式やお葬式に御呼ばれする機会が多く出費がかさんでしまいます。

・子どもの養育費
結婚している女性医師の場合、子どもに「医者になってもらいたい」「良い大学に進学して欲しい」と教育熱心な特徴が見られます。
塾や予備校、教材費など、子どもの養育費にどんどんとお金が費えてしまいます。

・医師としてのプライド
「女性医師と働いている=キャリアウーマン」というイメージが強いため、後輩や友だちと食事をした際に、ご馳走してしまったり支払いを多く負担してしまうことも。また、「周りの環境に合わせて自分の生活のレベルを上げなければ」と少し家賃の高い家に住んだり、良いものを食べたりと無理をしがちな面もあります。

貯金をするためには現状を把握!

貯金できない方の多くは、毎月何にどのくらいの出費があるのかを自分で把握できていないことがあります。まずは、1ヶ月分の出費を家計簿につけてみましょう。毎日何気なく買っている飲み物やお菓子など、数百円だからと気を抜きがちですが、塵も積もれば山となるという言葉の通り、出費がかさむ原因に。毎日使った金額を家計簿に書き込むことで、余分な出費が見えてきます。
また、コンビニやスーパーで購入した際にすぐにレシートを捨ててしまう方は要注意!
自分が「何をいくらで買ったのか」「どのくらいの出費をしたのか」をしっかり把握するためにも、レシートは必ず保管するクセをつけましょう。

貯金の仕方を見直す

仕事で忙しい人ほど貯金がない!? 女性医師のための貯金のコツ

普段の支出が見えてきたところで、今までの貯金の方法を見直してみましょう。
「何にどのくらい使うのか」をポイントにして、手取りの月収を「貯蓄」「自己投資」「生活費」に割り当てます。
どうしても、「貯蓄に手を出してしまうことがある」という方は、定期預金や新しい口座開設など銀行に頼ってみるのもアイディアのひとつです。
「同期の○○ちゃんが良いところに住んでいる」「ハイブランドのバッグを買った」など、周りの情報を耳にしがちですが、「自分は自分」と区別することが大切です。

支払い方法を見直す

基本的に「買い物は全てクレジットカードで済ませる」という方は要注意!
クレジットカードで支払いをしてしまうとお金を使った感覚が薄れてしまうので、請求金額がすごいことに……。
「今日はどのくらい使ったのか」「いつ引き落とされるのか」を、考えながら使いましょう。
また、クレジットカードを持っていると買うつもりのないものまで買ってしまう傾向にある方は、クレジットカードを持ち歩かず現金で支払うクセをつけましょう。
欲しいものがあっても、「持ち合わせがない」「クレジットカードがない」という状況になるので無駄な出費や物欲を抑えることができます。
もちろん、我慢しすぎるとストレスにつながる可能性があるので、「欲しいものを買う日」「おいしいものを食べる日」というように特別な日を設けるようにすると良いでしょう。

女性医師として、プライドを持って働くことはとても素敵なことですが、周りの環境に合わせて自分までレベルを上げる必要はありません。「自分は自分」と区別し、毎月の支出を把握し貯金を心掛けていきましょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

円満退職の前に! 医師の賢い退職交渉の方法

転職や家庭の事情など、医師が病院を退職する機会はありますが、一筋縄ではいかないことが多いもの。 一般的な会社では、約1か・・・

記事全文

新専門医制度が地域医療にダメージを与える!?

本年4月から新専門医制度がスタートします。これまで、専門医の認定は各学会が独自に行ってきました。 これからは、学会と日本・・・

記事全文

医師の転職にはどのくらいの期間が必要になる?

「現在勤めている病院の仕事内容や待遇では、スキルアップができないし満足いかない!」 「結婚や出産、子育てのことを考えると・・・

記事全文

医師の非常勤勤務で磨けるスキルとは? キャリアアップに活用しよう

常勤で働いている女医の悩みといえば、出産や育児のタイミングが掴みにくいということではないでしょうか。 残業や休日呼び出し・・・

記事全文

女医の恋愛力アップのカギは「甘え上手」にあり!

仕事柄、女医はどうしても精神的にたくましくなってしまいますが、恋愛において「経済的・精神的に自立している女性」というのは・・・

記事全文

患者から訴えられることも!? ドクターハラスメントを防ぐ対策

医師の言葉や態度が患者を傷つける“ドクターハラスメント”は、医師と患者の間で起こりやすいトラブルの一つです。中には訴訟に・・・

記事全文

ママドクターの味方! 医師の「育児短時間勤務制度」とは

現在、一般企業では育児・介護だけでなくさまざまな理由で時短勤務を希望する従業員に対し、勤務時間措置を取ることが義務付けら・・・

記事全文

公的病院とはどんな病院? 転職時に知っておきたい公的病院の特徴

病院には国や公的機関が運営する公立病院と、個人や法人が運営する民間病院の2種類があります。病院全体の7割は民間病院、3割・・・

記事全文

「転職するなら知っておきたい!」民間病院とはどんな病院?

病院は大きく分けて自治体や公的機関が運営する公的病院と、個人または法人が運営する民間病院の2種類に分けられます。同じ病院・・・

記事全文

女医限定の婚活もある!? 結婚へつなげる婚活成功術

女医は高嶺の花でステータスも高く、周囲から憧れられる存在です。しかし、医師になるまでに必要な時間が長く責任も重いため、真・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー