食物アレルギー改善のために用いられる「経口減感作療法」とは?

食物アレルギー改善のために用いられる「経口減感作療法」とは?

食物アレルギーと診断されると、食物除去や定期的な検査などを行わなければならず、日々の食事にも注意が必要です。
一般的には、成長とともに抵抗力や免疫力などの耐性がついていくため、次第に食べられるようになることが多いと言われていますが、そのスピードに関しては個人差があります。

食物アレルギーに対応するための食事を続けると、料理のメニューに限りが出ることはもちろん、栄養バランスの偏りが心配されるなど、食事の作り手にも負担がかかるもの。
そこで今注目されているのが、食物アレルギーを改善するために有効とされている「経口減感作療法」です。
女性医局から働くママドクターへのニュースとして、経口減感作療法についてご紹介いたします。

経口減感作療法とは?

食物アレルギーを持つ子どもやその親にとって、日々の食事には工夫や苦労がつきものです。

とくに、食物アレルギーが改善しないまま小学校などに入学すると、給食が食べられなかったり、周りの友だちと食事メニューを変えなければならなかったりということが起こります。
そこで食物アレルギー改善を狙った治療法として今注目されているのが、「経口減感作療法」です。
これは、食物アレルギーの対象となる食品をあえて摂取し、耐性をつけるという治療法。

広く取り入れられているわけではありませんが、医師が中心となって研究的に行われています。

経口減感作療法の方法とは?

食物アレルギー改善のために有効だと言われている経口減感作療法とは、専門の医師の指導のもとで行う療法です。

これまでは、食物経口負荷試験を行った上で食物除去が継続と診断された場合、完全除去を行うと決められていましたが、近年では経口減感作療法を試すという動きが見られます。
とはいえ、経口減感作療法には相応のリスクも考えられるもの。

蕁麻疹や喘息などの一般的なアレルギー症状が出る可能性もあり、最悪の場合アナフィラキシーショックが起こることも予想されるため、専門の医師の指導が必要です。
さらに、経口減感作療法には時間をかけて徐々に食べさせていくものと、スピーディーに治療を進めていく急速法があります。
急速法は病院に入院をして行いますが、前者のほうは自宅でも行うことができます。

具体的な経口減感作療法の方法とは?

経口減感作療法は、指導をする医師や施設によっても多少の違いがありますが、一般的にはごく少量からアレルギー対象の食品を摂取していき、症状や体の状態を見ながら徐々に増やしていきます。
1日1回決まった量を毎日摂取し、通院をしながら徐々に摂取量を増やしていくためローリスクローリターンな方法であるとも言えるでしょう。

一方、急速法では入院をした上で、短時間に多くのアレルギー対象の食品を摂取していきます。
1日の中で数回に分けて摂取を続け、摂取量も多くなるためハイリスクですが、早ければ数日から数週間程度で、アレルギー対象の食品が食べられるようになる可能性があります。
もちろん効果には個人差があり、副作用としてアレルギー症状が見られることもあるため、必ず専門の医師のもとで十分に注意を払いながら行う必要があります。

具体的な経口減感作療法の方法とは?

家事をこなしながら医師として忙しく働くママドクターにとって、子どもが食物アレルギーを克服できると、食事作りなどの負担も大きく軽減されます。

研究的に進められている段階ですが、経口減感作療法は食物アレルギー改善に大きな希望を与えてくれる治療法と言えるでしょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

食物アレルギーの「除去食」は栄養不足の原因になる? 対策方法とは?

子どもが食物アレルギーであると診断されると、毎日の食事作りには注意が欠かせません。 アレルギーの対象となる食品を避けて朝・・・

記事全文

食物アレルギーの子どもを持つ母親が食事で気をつけていることは?

食物アレルギーの子どもを持つお母さんは、食事づくりに注意が必要になります。献立を考える際も、食物アレルギーの子どもも家族・・・

記事全文

代替食品は普及している? 学校・保育所の対応と主な代替食材

食物アレルギーの子どもに食事を作る際は、アレルギー対象の原料を確実に排除することが大切です。 たとえば、卵アレルギーを持・・・

記事全文

食物アレルギーの学校・保育所での誤食の実態は? 実態と基礎方針

子どもが食物アレルギーと診断された場合、食品の購入や食事を作る際には注意が欠かせません。子どもと一緒に食事をとる自宅では・・・

記事全文

フリーランスの女性医師は意外と多い? メリットとデメリットを比較

フリーランスの女医をテーマにしたドラマが一躍話題となりましたが、本当に存在するのかと疑問に思う方も多いでしょう。 実は、・・・

記事全文

食物アレルギー改善のために用いられる「経口減感作療法」とは?

食物アレルギーと診断されると、食物除去や定期的な検査などを行わなければならず、日々の食事にも注意が必要です。 一般的には・・・

記事全文

食物アレルギーの食事療法のポイントとは? 

食物アレルギーを持つ子ども本人はもちろんですが、その母親や父親、兄弟などもアレルギーに合わせた食事をとらなければならない・・・

記事全文

食物アレルギー診断後の母親の変化と世間に求めることとは

子どもが食物アレルギーと診断されると、毎日の食事作りや栄養管理に悩みますよね。アレルギーの症状が重い場合には、命に関わる・・・

記事全文

母親の食物アレルギーに関する知識と今後の不安について

子どもが成長するに伴い食べられる食材や料理が増えると、母親としては嬉しく感じますよね。しかし、子どもの食事内容が大人に近・・・

記事全文

子どもの食物アレルギーに対する夫婦間の理解度の違いとは?

食物アレルギーの子どもを持つ母親にとって、毎日の食事作りや食品購入の際の配慮は欠かせません。アレルギー対象の食材を避けて・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー