食物アレルギーの食事療法のポイントとは? 

食物アレルギーの食事療法のポイントとは? 

食物アレルギーを持つ子ども本人はもちろんですが、その母親や父親、兄弟などもアレルギーに合わせた食事をとらなければならないこともあります。
これは仕方のないことですが、アレルギーの原因となる食品を避けた食事ばかりを続けていると、栄養が偏ってしまったり同じようなメニューばかりを繰り返すことも……。
これでは食物アレルギーを持つ子ども本人ばかりか、家族たちも飽きを感じてしまいます。
そこで今注目されているのが、食物アレルギーの食事療法です。
女性医局では、働くママドクターに向けてニュースを発信しています。今回は、子どもの食物アレルギーにおける食事療法についてご紹介いたします。

食物アレルギーにおける食事療法とは?

食物アレルギーを持つ子どもの食事といえば、アレルゲンを除去したメニューを選ぶのが一般的です。しかし、食物アレルギーは成長とともに改善したり免疫力が強くなったりするもの。医師の診断を受けた上で食べてもよいとされた場合には、アレルギー原因の食品であっても症状が出ない程度の量であれば食べることができるとされています。
このように少しずつ食べられる食品を増やしていければ、栄養バランスが取りやすくなることはもちろん、食事作りの負担も徐々に減らすことができます。
食物アレルギーを持つ子ども本人にとっても、周りの人と同じものが食べられるという喜びにつながるため、毎日の食事が楽しくなるというメリットもあるのです。

加熱調理やアレルギー対応食品によって食事療法ができることも

食物アレルギーの食事療法はたくさんあります。まず1つは、加熱によって低アレルギー化をするというもの。例を挙げると卵などの場合、熱を加えて調理するとアレルギー症状が出にくくなることがあります。とくに卵はたくさんの料理で使用される食材です。加熱によって食べられるようになると挑戦できる料理の幅も広がるため、食事療法は有効だと言えるでしょう。
さらに、アレルギー対応食品を使って食生活を豊かにするというのも食事療法の1つです。
小麦を使った麺類や餃子の皮が食べられないという場合には、米粉や雑穀から作られた麺を使ったり、ライスペーパーを使ったりするという方法が当てはまります。
また、医師の診断によってOKが出た場合には、低アレルギー化の小麦粉を使って料理を作ってみるという方法もいいでしょう。

食事療法のためにも定期検査をしっかりと!

食物アレルギーにおける食事療法を行うためにも、病院での定期検査はしっかりと行っておきたいもの。専門の医師によって食物負荷試験を受けて症状がなしと診断された際には、食物除去の解除ができます。完全に解除ができない場合でも、食べられる範囲が得られる場合もあるため、食事療法を試すことも可能です。
定期検査の頻度は乳幼児が半年~1年に1回程度、6歳以上の場合には2~3年に1回程度が目安です。成人の場合には、必要に応じて受診してください。

食物アレルギーの食事療法のポイントとは? 

以前までは、アレルギー対象となる食品を完全に除去することはもちろん、アレルギーが疑わしいものまでも除去するのが当然でした。
しかし、現在では食事療法を行うことが主流になり、食物除去は最低限のもののみとされています。食事療法を取り入れて、日々の食事を楽しく充実したものにしていきましょう。

カテゴリー :

関連する記事

女性医師の求人/募集/転職/アルバイト情報関連サービスなら女性医局


女性医師に特化した医師の求人/募集/転職サポートサイトです。http://www.josei-ikyoku.jp/
女性が一生仕事を続けるために、結婚、出産・育児、介護などあらゆるシーンで強力な助っ人となり、ロングタームのキャリアを形成するお手伝いをします。 家庭と仕事との両立をはかりたい方など、女性医師個人のライフスタイルに合わせたキャリアプランをご提案いたします。


女性医師の医師アルバイト求人なら健診医局


女性医師に特化したスポットアルバイト求人を多数掲載しております。http://www.kenshin-ikyoku.jp/
健診医局では企業健診、学校健診、婦人科検診から外来業務など幅広く医師アルバイト求人を掲載しております。駅チカの好条件の案件も多数あり、 地域、午前/午後の半日業務、曜日での検索も可能です。女性医師の活躍する場所を多岐ニーズより提供しております。


アーカイブス

食物アレルギーの「除去食」は栄養不足の原因になる? 対策方法とは?

子どもが食物アレルギーであると診断されると、毎日の食事作りには注意が欠かせません。 アレルギーの対象となる食品を避けて朝・・・

記事全文

食物アレルギーの子どもを持つ母親が食事で気をつけていることは?

食物アレルギーの子どもを持つお母さんは、食事づくりに注意が必要になります。献立を考える際も、食物アレルギーの子どもも家族・・・

記事全文

代替食品は普及している? 学校・保育所の対応と主な代替食材

食物アレルギーの子どもに食事を作る際は、アレルギー対象の原料を確実に排除することが大切です。 たとえば、卵アレルギーを持・・・

記事全文

食物アレルギーの学校・保育所での誤食の実態は? 実態と基礎方針

子どもが食物アレルギーと診断された場合、食品の購入や食事を作る際には注意が欠かせません。子どもと一緒に食事をとる自宅では・・・

記事全文

フリーランスの女性医師は意外と多い? メリットとデメリットを比較

フリーランスの女医をテーマにしたドラマが一躍話題となりましたが、本当に存在するのかと疑問に思う方も多いでしょう。 実は、・・・

記事全文

食物アレルギー改善のために用いられる「経口減感作療法」とは?

食物アレルギーと診断されると、食物除去や定期的な検査などを行わなければならず、日々の食事にも注意が必要です。 一般的には・・・

記事全文

食物アレルギーの食事療法のポイントとは? 

食物アレルギーを持つ子ども本人はもちろんですが、その母親や父親、兄弟などもアレルギーに合わせた食事をとらなければならない・・・

記事全文

食物アレルギー診断後の母親の変化と世間に求めることとは

子どもが食物アレルギーと診断されると、毎日の食事作りや栄養管理に悩みますよね。アレルギーの症状が重い場合には、命に関わる・・・

記事全文

母親の食物アレルギーに関する知識と今後の不安について

子どもが成長するに伴い食べられる食材や料理が増えると、母親としては嬉しく感じますよね。しかし、子どもの食事内容が大人に近・・・

記事全文

子どもの食物アレルギーに対する夫婦間の理解度の違いとは?

食物アレルギーの子どもを持つ母親にとって、毎日の食事作りや食品購入の際の配慮は欠かせません。アレルギー対象の食材を避けて・・・

記事全文

ニュース一覧を見る
  • ニュースカテゴリー